妻が愛人に嫉妬する3つのポイント

ID-100299391

男性の不倫が発覚した時、今まで全く男性の不倫に対して、免疫がなかった妻というのは、ショックを受ける人が多い。そして、妻の多くは私はこんなに毎日頑張っているのに男性に裏切られたという気持ちになってしまう。けれども、妻が頑張っていたのは、家事や子育てであり、夫に浮気されないための態度に関して毎日頑張っている人はいないというのも現状だ。そしてそれが原因で旦那の不倫へと発展させている原因になる。

 そんな男性の不倫が発覚した時に、妻は愛人に対して嫉妬をする事が多い。怒りを感じているような気持になるのだが、本来怒りという感情は必ず他に何か別のものがあるので、本来の感情は嫉妬だったり、寂しいという気持ちだ。今回は妻が不倫が発覚した時に愛人に嫉妬をするポイントについてご紹介

妻が愛人に嫉妬するポイント

旦那の甘いメッセージ

多くの不倫の発覚の場合、携帯電話から不倫が発覚する事が多いが、不倫が発覚した時に妻が目にして驚くのが、自分には送ったことがないような甘いメッセージを愛人に送っているという事だ。不倫をしている男性というのは、愛人に対してはラブラブなLINEメッセージを送る傾向があり、妻には、ラブラブな甘いメッセージは送らない。妻に送るメッセージというのは、例えば書類を受け取っておいてとか、何時に帰るとか、業務連絡がほとんどになる。

その理由は、旦那にとって、妻が女としてみれなくなってしまう事が原因になる。男性の心理として、家庭という企業を一緒にやっているような錯覚をおこしやすく、妻を女性ではなく同士のような感じで見てしまっている場合がある。

 または、妻が家事に追われることで、妻が女ではなく母親のように感じてしまうという事が原因になる。

そうやって、既婚男性は、だんだんと恋人がほしいと感じるようになるので不倫をはじめる。その為、妻にはラブラブメッセージというのは送ることはないし、妻を恋人だと思っているという事はなく、自分は会社にいって仕事をするという役割を果たしているので、妻が家事をやることに対して当たり前だと思ってしまっているので感謝をする事もほとんどない。

 このようにまず、旦那の不倫が発覚した時に、一番妻が愛人に対して嫉妬をする事というのは、自分がこんなにも毎日家事と子育てを頑張っていても、ねぎらいの言葉すらないのに、愛人にはラブラブなメッセージを送っているという事だ。

お金についての嫉妬

よっぽど旦那がお金を稼いでいて、奥さんにも潤沢にお金を渡せているような場合は、このような嫉妬はほとんどないが、多くの場合は、妻は家庭で節約に節約を重ねて毎日家族の料理を作ったり、少しでも安いところで洗剤を買ったりという事をしている。その間に、旦那が愛人とは素敵なレストランにいったり、温泉旅行にいったり、誕生日にプレゼントをしてあげていたりというように、愛人に対して、お金をたくさん使っていて、しかも愛人は旦那にとってロマンティックな存在になるので、お金の使い方も当然ロマンティックなものに使っている。そうなると、私はこんなに家族の為にずっと、美容院も洋服も買わずに我慢をしているのにという怒りの気持ちになる。

怒りの感情というのは、基本的に別の感情が隠れているという事が多いのだが、実際は

妻は自分は、我慢ばかりでロマンティックな事をしてもらえず、女として見てもらえない寂しさと、女として愛してもらっている愛人に対して嫉妬になる。

 その結果自分が今まで我慢をしてきたものはいったいなんなんだろうとむなしく感じるようなことが多い

このように、お金の使い方をひとつとっても、妻という存在は、常に家庭という現実であり家のローンやゴミ捨てという日常であり、愛人というのは、そういうストレスから解放させてくれる非現実的な立ち位置というのが不倫男性の心理になる。

セックスについての嫉妬

甘いメッセージと同様に、愛人は女であり、恋人であるが妻は子供の母親だったり、自分の母親というような感覚に不倫男性はなってしまっている人が多い。

その為、愛人とはセックスをして妻とはセックスレスのケースも多くあり、実は、男性は外にセックスを求めればそれでよいという感じになるが、妻の方は夫とのセックスレスに傷ついているケースもある。自分が女として見られていないのではないか?というような寂しさと自分に価値がないという気持ちまで感じてしまっているような人もいる。

そんな状態で、他に恋人がいて、その人とは普通にセックスがあるとなると、妻は今まで無理やり自分を我慢させていた気持ちが爆発してしまう。

 自分は女として価値がなく、他の人には価値があるんだというような嫉妬になる。愛人の人もなにか怒っていたことがあったり、寂しかったりというようなことがあっても、セックスをしたらなんだか不倫男性の事を許せてしまったり、安心したというような経験はないだろうか?

このように、自ら旦那とセックスする事を断っているような妻でない限りは、セックスレスになっている事に自分の自信を失っている事が多い。

 以上が、不倫が妻に発覚した時に、妻が愛人に嫉妬するポイントになる。愛人の人のイメージだと、ラブラブで甘い生活のまま、不倫男性と一緒に暮らすことが結婚生活のイメージになっている人が多いが、実際は、結婚すると男性側の意識が変わってしまって、恋人の状態のままラブラブでいられなくなってしまうのが現実だ。