不倫相手の彼がもっと会いたくなる愛人とは?

ID-100107971

不倫相手の彼というのは、家庭では奥さんにあれこれ言われて、会社では上司からも部下からも文句や愚痴などをいわれて、窮屈に感じながら生きています。その結果、愛人には癒しを求めて不倫をしている人が多いのですが、愛人には、会社と家庭という二つの現実からちょっと自分を別の世界に置いたような居心地が良い空間を求めていて、それを上手く与えることができれば、自分から『会いたい』といわなくても、不倫相手の男性から勝手にあいにきてくれます。

逆に、なんだかんだ理由をつけて、不倫相手の男性が会いに来てくれない、時間を作ってくれないというのは、自分は頑張っているつもりでも相手が求めているものとズレている可能性があるので、それを少しずつ直すことでもっと彼は会いに来てくれるようになります。

もっと会いたくなる愛人の特徴

話を聞いてくれると会いたくなる

キャバクラやクラブなんかは、男性は高いお金払ってもわざわざ行きますよね?そこには男性が求めているものがあって、そこにお金を払う価値があるからです。

そして、キャバクラやクラブの女性が一番提供しているのは、非日常感と話を聞いてあげるという事です。先にもいったとおり、不倫男性は家庭では奥さんに愚痴られていたり、会社では上司も部下も自分の話したいことばかりを話していてその結果、自分の話を聞いてくれる場所がなく、それを愛人に求めるという人は多いです。 

家庭では、妻に愚痴を言うという事がなかなかできません。その理由は、妻に甘えるという事がだんだん一緒にいると恥ずかしいと感じてしまったり、妻はあぁした方が良いなどアドバイスをすることがおおく話しても無駄だなと思ってしまったり、逆に不倫男性が話したいと思えなくなっていることが多いです。

そういう時に、自分の話をじっくりきいてくれる女性というのは不倫男性にとって居心地がよい場所になります。

まずは、不倫男性の話したい話を聞いてあげるという事を習慣にしてみましょう。自分が面白い話をしようとするよりも、相手の話を聞いてあげて、相手の感情に共感をしてあげるという事が、一番居心地がよい女性になれます。

体感で会いたい女になる

不倫男性の中には、マッサージ屋さんに定期的に行くという人もいるのではないでしょうか?マッサージやSEXなど快楽はストレスを解消させることができます。マッサージを覚えて不倫男性にやってあげることで奥さんから略奪したという人や、彼の好みのセックスをして、奥さんから略奪したなど、不倫相手の彼に対して、ほかの女性が絶対にできないような、快楽のサービスを与え続ける事で、不倫男性が定期的に会いたい女になり、そこから自然と略奪をしたという人がいます。

不倫関係の場合は、特にセックスは絶対必須になるので、不倫相手の彼が今まで感じたことないくらいの気持ち良いセックスで骨抜きにさせるにはどうすればいいのか?ということを自分で考えて積極的にセックスにも取り組んでみた方が良い。

不倫をしている女の子は、どうしても受け身になりやすいので、自分でもっと彼を気持ちよくさせる為にはどうすればいいのか?という事を考えて行動するという事が大事

雰囲気がゆったりしていて穏やか

妻というのは、洗濯して、ご飯つくって、洗い物して、掃除してというように常にばたばたと忙しく家事をしなくてはいけない。家事をこなすことに必死になりすぎて、身なりをかまったりゆっくりとした時間をなかなか過ごすことができない。

そこで、不倫男性というのは、のんびりゆったりとした雰囲気で過ごしている愛人を大事にする傾向がある。いつもにこにこしていて、綺麗にしていて、怒ったり泣いたりせずしゃべり方もゆっくりとしているような女性は愛人として寵愛をうけやすく、また不倫男性も一緒にいるだけで癒されるので、もっと会いたいと思うようになる。

けれども、不倫男性があいにきてれくないとか、そういう不満を隠してゆったりと過ごすためには、不倫相手の彼と一緒にいないときに、自分の時間を思いっきり楽しんでいないとなかなか難しい。

不倫相手の彼からの連絡をひたすら待っているような状態では、やはり会えた時に不倫相手の男性たいして文句を言ってしまうからだ。自分の時間を思いっきり楽しむためにも自分が、普段からどんなことをしていると楽しいと思えるのか?という事を自分できちんと理解をしている事が大事。