彼との関係は悪影響?セックスで見分ける方法

ID-10090729

不倫をしている人をはじめ、セフレの関係の様な気がしていたり自分が愛されていないのではないか?とかいつまでもこの関係を続けてよいのか?などと悩んでいる人は多い。そんな人たちが、今の関係を続けても大丈夫なのか?それとも別れるべきなのか?という事をセックスで見分ける事ができる。

彼との関係は悪影響?セックスで見分ける方法

彼とのセックスで本当にオーガズムを感じているか?

彼とのセックスでオーガズムを感じる事はできるでしょうか?実は、セックスで女性が本当にオーガズムを感じられるという時は、気持ちが安心している事が多いです。つまり、たとえ遊びの関係だったとしても、ちゃんとオーガズムを感じられる女性というのは、自分も楽しんで遊びのセックスをしているからこそ、遊びのセックスでもオーガズムを感じる事ができます。

本当に彼が自分の事が愛しているのか?イッたフリをしないと嫌われてしまうのではないか?などと、自分の事がちゃんと彼に受け入れられていないというように感じている人はなかなかセックスでオーガズムを感じる事ができません。

 セックスをすると、彼に必要とされることで、自分の心の穴も一瞬埋まるということに中毒性を感じてしまう人が多いのですが、根本的に自分は本気で愛されていないのではないか?と不安を抱えている人は、彼とのコミュニケーションだったり、関係に何か問題があるということなので、今のそのままの状態で関係を続けるべきではないでしょう。

 彼とコミュニケーションをとることで、安定した関係をとるようにするか?もしくは、彼が実はあなたの心の穴を広げやすくする存在で、本当は一緒にいない方が良いタイプだという可能性が大きいです。

彼とのセックス最中のあなたの態度

彼とセックスをしている時に、彼の目をみて彼の名前を呼ぶというような事はできるでしょうか?恥ずかしくて、彼の目をみたり彼の名前を呼ぶことができないという人は、何かしらの彼との関係に不安を抱えている証拠でもあります。

自分は愛されている、彼との関係が安心できるものだという思いがある人というのは、彼とのセックスの間もきちんと、彼の目をみて、彼の名前を呼ぶことができる。

自分が愛されているか?不安な人ほど受け身になりやすく、彼に指示されたとおりのセックスをしてしまう。自分から彼の目をみて、彼の名前を呼べるか?ということだけでも、自分がどの程度この関係に満足しているのか?という事を図るバロメーターにもなる。

セックスを楽しいと思えるか?

彼とのセックスが、彼に求められているか?という不安を確認する作業ではなく、セックスをしていて楽しいと思える相手との関係は良いものである事が多く、自分の心の穴を大きくするような相手とのセックスというのは、どこか物足りないけれどもその物足りなさを見て見ぬふりをしてしまってやり過ごしている人が多い。

自分が本当に愛されていないのではないか?とか、もっと彼に自分を愛してほしいという怒りを抱えてしまっている人ほど、彼とのセックスが楽しくない。

以上のように、セックスの中は、究極のコミュニケーションであるがゆえに、彼との関係が悪影響のものなのか?自分にとってプラスになるものなのか?という事を判断する材料が多い。