あなたが2番目の女になってしまう4つの理由

ID-10092473

ブスじゃないどころか比較的美人と言われる方だったり、こうやれば男性にモテると言われる仕草はちゃんとやっていて、洋服だって男ウケするものを選んでいるし、自分が興味のない男の人には、言い寄られることだってある。

でも自分がいいなと思うような人は、身体だけの関係で終わってしまう事が多かったり、不倫などの2番目の女で終わることが多く、モテる割には、恋愛ではあまりいい思いをしたことがないというような人は、実は2番目の女になりやすい理由がある。それは一体なぜだろうか?

あなたが2番目の女になってしまう理由

だからあなたはいつまでも2番目の女

頑張ってモテ仕草をしている

飲み会にいったら、モテる為に料理も一生懸命にとりわけたり、家庭的なところをアピールする為に、料理の話をして、洋服は男ウケをするワンピースを着てというように、男の人にモテる為に頑張って何かをしている人というのは、実は、私は頑張らないと男の人にモテない本気で愛されないと心の奥底では思ってしまう。

特に、自分が好きになった人ほど、余計に頑張ってしまってありのままの自分では愛されるはずがないと思っていることが、実は相手に言葉に出さなくても伝わってしまう。

つまり、ありのままの自分なんてこんな素敵な人に愛されるはずがないと思ってしまっている気持ちが相手に伝わっているので、相手の男性に見下されやすくなって、相手からとってみるとこの程度の人を本気で愛する必要はないなと思われてしまう。

逆に、自分が好きでない男性に対しては、相手に対してこんな私なんてと思っていないどころか相手の事を見下してしまっている傾向があるので、逆に相手から好かれることが多い。まずは、無理してモテよう好かれようと頑張りすぎないでありのままの自分でも充分に私は、この人に愛されるに値する人間だわと自分で思えるようになると、自然と相手から見下されなくなるので、2番目の女から脱出できるようになる。

無意識2番目を希望している

自分が意識をしてやっているワケではないので、なかなか自分で気づくことはできないのだが、実は私なんて2番目位がちょうどよいと思ってしまっている人がいる。このタイプの人は、完璧に何かをできない自分を責めてしまいやすい人に多いのだが、「私みたいな駄目な人間」と無意識に思っているので、私みたいな駄目な人間は2番目位がちょうどよいのだと無意識に暗示してしまっている。

特徴としては、

  • 自分が嬉しい事よりも親が喜ぶ事を優先してしまう
  • 私は駄目だと気づくと自分を責めている
  • 自分で自分を褒める事がない
  • 失敗を思い出しては消えたくなる
  • 常に理想を追いかけている
  • 過食や拒食など接触障害を持っている

自分みたいなダメな人間は2番目くらいがちょうどよいと思ってしまっているので、うまくいかないことが多い

お父さんが大好きすぎる

お父さんの事が本気で大好きすぎるという人は、心の真ん中にいつもお父さんが一番にいます。そうなると、自分は一番にだれか男の人を好きになれることができないので、不倫や彼女がいる人など、相手も2番目にしてくれるような人の方が自分にとって都合が良くなる。

お父さんの事が心の真ん中にあってお父さんが一番好きなのにもかかわらず、お父さんは恋人にはなれないので、とはいえ、お父さんが一番好きで自分は一番にほかの男性を思うようなことはできないので、相手の人も2番目じゃないと、相手の人に申し訳ないと思ってしまって、逆に2番目でいることが本当は居心地がよい。

刺激中毒

不倫や2番目というのは、せつなくて悲しかったり不安で、ものすごく脳にアップダウンの刺激が与えられる。そうなると、安定したやさしくてロマンティックな言葉などは言わないけれども誠実な彼との安定した恋愛なんてとても耐えられなくて、詰まんないと感じてしまう。

自分が好きな人だとダメで追いかけるのが好きというのも、このタイプになるのですが、自分が穏やかに愛される恋愛に対しては物足りないと思ってしまうという傾向がある。

以上4つが2番目の女になってしまう理由だが、2番目女ばかりやってしまう人は、無意識的に2番目であることを望んでいたり、このくらいでちょうどよいと思ってしまっているのだ。これが全くの無意識で本人は気づかないで苦しんでしまっていることが多い。

自分が望んでいるんだなという事実に気づくだけでも楽になれる