銀座のホステス直伝 既婚男性に愛される秘訣

ID-10037872

不倫男性に愛される為にはどのようにすればよいのでしょうか?銀座でホステスをやっている人に、既婚男性に愛される為のテクニックを教えて頂きました。

銀座のホステス直伝 既婚男性に愛される秘訣

既婚男性を思い通りに操縦するテク

不倫をしていると、離婚してくれないというように、自分の要求に対して、既婚者の男性が与えてくれない穴ばかりが目についてしまいます。

けれども銀座のホステスで一番人気の女の子は、既婚男性の愛したいように愛させています。これが、既婚男性を思い通りに操縦していくテクニックになります。

これは、どういうことか?というと、例えば既婚男性が時計をプレゼントしたとします。けれども、そのプレゼントをいらないからといって『こんなのいらない』と言ってしまえば女の子を喜ばせようとしていた男性はがっかりしてしまいます。

逆に『こんな高級な時計もらえない』というように謙遜をしてしまうと、これも既婚男性をがっかりさせてしまう事になります。既婚男性が何かをしてくれる時というのは、『女の子に何かをしてあげて、女の子を喜ぶ姿をみて自分の力を証明したい。』というのが既婚男性の欲求になります。まずは、既婚男性が何かをしてくれた時というのは、遠慮をするのではなく、突き放すのではなく大げさに喜ぶ。これを行う事で既婚男性は快感を覚えます。

 まずは、これを繰り返し、しばらくは既婚男性が愛したいように愛させてあげる。花束を送ったりなど、最初はあの手この手で既婚男性が一生懸命に女の子を喜ばせようとしますので、その時に大げさに喜ぶ、褒めるという事を行うと、この快楽が既婚男性にとって癖になってきます。

特に自宅で奥さんに褒められていないような男性ほど、褒める喜ぶという事に対して喜びます。

まずは、こうやって女の子を喜ばせる快感を学ばせます。その上で、今度はお願いではないお願いをしてみましょう。

『あの時計憧れなんだよね。いつかしてみたいと思って』というように『時計買って』とおねだりをするのではなく、あくまで自分の夢というような言い方をします。もしくは、何か困っていることを助けてもらうというのも、自分の思い通りに操縦する方法です。

○○という事に困っていて、ちょっと助けて欲しいという事をお願いしてみてください。それに対して何も動いてくれない時は、また既婚男性の愛したいように愛させて快楽を覚えるという期間が足りないという証拠。

しばらくはそっとしておいて、また既婚男性が自発的に何かをしてくれることを喜ぶという事を繰り返しましょう。

それは会いに来てくれるだけでもよいのです。会いに来てくれて、時間を作ってくれて嬉しいと喜べば、既婚男性は会う時間をつくると褒められるという事に喜びを感じます。そうすると、自発的に既婚者の男性が会いたいなと思う様になります。

既婚男性に愛される素直力

既婚男性は、素直な女の子を好む傾向にあります。自分の欲望に対して正直な女の子を魅力的でかわいいなと思うのが男の心理でもあります。

 その為、本当は○○だけれども△△という女の子というのは、愛されない傾向にあります。一番わかりやすいのは怒りです。「なんでLINEの返事も返さないのよ!」と連絡がつながった途端に怒ってしまう女性。

これは、既婚男性にとって、連絡をすると怒られるという恐怖心を与えてしまって連絡をしなくなってしまいます。

この場合、女性はなぜ怒っているのでしょう?怒りというのは本当の気持ちが別にあります。何か別の感情があるからこそ、怒りがわいてくるのです。

この場合の怒りの原因は実は、寂しさと不安になります。LINEの返事が来なくて寂しい、自分は愛されていないんじゃないか?と不安という状態が怒りとなって彼にぶつかってしまっています。

この状態の時に、既婚者の男性に愛される素直力とは、「連絡くれてうれしい!LINEの返事なかったから寂しかったよ。仕事忙しかった?」というように、返します。

これも、自分が返事が欲しいからとしつこく何度も連絡をすると、仕事が忙しい時に既婚男性はげんなりしてしまいます。あくまで既婚男性の都合の良い時に連絡がきますので、その時の対応として素直力を活用する。そうすると既婚男性も「連絡すると喜ばれるからもっと連絡しようかな」と思うようになるのです。

このように、自分のタイミングではなく既婚男性が愛したいタイミングで愛させていく、その中で既婚男性に喜ばせる快楽を植え付けていくという事が、思い通りに操縦をしていくテクニックになります。

これが既婚男性を思い通りに操縦していくテクニックになります。