不倫相手の彼をドキっとさせるキスの仕方

ID-100233009

不倫相手の彼をもっと興奮させて自分の事を好きにさせたいと思うのであれば、キスは効果的な方法になります。男性をドキっとさせるには、アイメイクよりもリップメイクと言われるくらいキスを連想させる唇って実は大事なんです。

唇って実は性器と連動していて、興奮すると唇がぷっくりと膨らむようになっています。その為男性は女性の唇がぷっくりしていると発情していると感じて男性も興奮するようになっています

ついつい、リップクリームを塗ってなんとなく終わりという方も多いと思いますが、その先の柔らかいキスした時に気持ちの良い唇作りというのも意識すると、雰囲気をより色っぽくすることができます。

思わぬ場所での突然のキスを使って不倫相手の彼をドキッとさせれば、脳が突然キスされたり興奮するキスをすることで起こったドキドキを錯覚して、不倫相手の彼に愛人の事がすごく好きだからドキドキするんだ思わせる事ができます。

不倫相手の彼をドキっとさせるキスの仕方

不倫相手の彼をドキっとさせるキスの仕方についてご紹介します

不倫相手とセックスしない時こそキスを重視してみる

不倫関係の場合、セックスをしないデートの時に、どれだけ会話で不倫相手の彼を楽しませられるか?という事が不倫相手の彼を本気にするうえでも大きく関わってきます。

セックスだけして、とりあえず精子を出すだけの女では、本当につまらない女になってしまいますので、常に不倫相手の彼が喜ぶ会話をふって、なるべく不倫相手の彼に話をさせてそれを不倫相手の彼がもっと話したくなるように、彼が話すときの頭の揺れに合わせてあいづちをうちながらにこやかに聞いて、たまに話を先にすすませるようなあいずちをうつだけで、不倫相手の彼が嫌がる事をしていなければ、セックスをしなくても一緒にいて楽しいと思ってもらえます。

 また、そのようにセックスをしないデートの時は、会話で楽しいと思わせておきながらも、思いっきりエロいキスをすることで、次のセックスへの期待度を不倫相手の男性に抱かせて、不倫相手の男性に早く会いたいなと思わせる焦らしのきっかけにもなります。

愛人というのは、どれだけ女でいられつつも、居心地の良さを提供できるのか?というところが、不倫相手の彼を本気にさせるテクニックでもあるので、女っぽさをキスやキスしたい唇で演出して、会話で居心地の良さを演出していくことが大事です。

逆に既婚者の彼に『なんで○○してくれないのよ』と不倫相手の事をせめてしまうと、不倫相手の彼は居心地が悪いと感じてしまいます。「じゃ別れる?」という台詞が不倫相手の男性から出てきている時は、面倒くさいと思い出している証拠でもあるので、彼を責めるのではなく自分の感情はまず自分で処理できるように別の場所で解消をできるように、感情を吐き出せる場所を作っておくと彼にぶつけずにすむようになります。

一番簡単にだれでもできるのは、ノートを用意して彼にぶつけたい言葉をひたすら書きなぐって、それをびりびりにやぶて捨てるというテクニック。彼に対してムカつかなくなるまで、これをやり続けるという事が彼に感情をぶつけずに済む方法でもあります。

あなたの好きな人は運命の人?

お付き合いをしている人も
そうでない人も
自分の運命の人がどんな人か気になりませんか?

今付き合っている人が運命の人なのか?
出会っていない場合はいつ出会うのか?
運命の人について細かく教えてくれます

自分の運命の人を知りたい人はやってみてください

不倫相手を興奮させるキスのテクニック

不倫相手の彼の受け身になっているだけではなく、たまにはキスで自分から責めてみましょう。不倫相手の反応をみながら試行錯誤する事がおすすめですが、一般的にキスで気持ち良いと感じる場所というのは下記の通りになります。

  • 歯茎の裏

不倫相手の彼の歯の裏側に舌をいれてそぉっとなでるように触ってみてください。

  • 上あご

舌で不倫相手の彼の上のあごを舌でそおっとなでてみてください。ここも感じる人が多いです。

  • 舌を吸う

不倫相手の彼が舌を入れてきた時に、ちょっと不倫相手の彼の舌をバキュームのように吸うと新しい刺激を与えることができます。

彼とキスをする時に舌と舌を絡ませてまわします。キスをする時は目をつぶっているのですが、ふと唇が離れた瞬間には上目遣いで彼をみつまえたり、キスをしている間に彼の腕を可愛くギュッと掴むでみたり、時には大胆に彼のモノを触ってみるというように可愛さやエロさを刺激してみてください。

キスできない場所でキスをしたいと思わせる

社内不倫の場合など、他の人がいるようなキスができないような場所で、不倫相手の彼にキスをしたいと思わせるところから、不倫相手の彼を興奮させることができます。

もちろん社内なので誰にも見つからないという事が一番大事なのですが、みつかってはいけないという刺激のドキドキが、このこの娘のことがとっても好きなんだと脳に司令をだしてしまいます。

もっと彼との中が深まるテクニックにでもあります。

例えば会議中に、不倫相手の彼の事をみつめながら、そっと唇をそっとなめるなど、禁止された中で、他の人に気付かないように誘惑することで、不倫相手の彼の興奮度を高める事ができます。また社内不倫の場合は、不倫相手の彼がキスしたいなと思うような唇でキスできないような環境を作って焦らすということも大事です。

男性がキスした時に興奮する唇で、大事なポイントは柔らかさになります。唇を尖らせすぎないで柔らかいと感じさせるテクニックや、普段から唇のパックでキスしたい唇にしておくという事が大事です。

なぜか気になるキスしたい女とは

最初はそんな気がなかったのに二人でご飯食べていると、いつのまにか彼女の唇しかみえなくなる。そんな風に言われている女優さんがいます。洋服だって露出が激しいというわけではないのですが、なぜかSEXYなんです。

このようになぜか気になるSEXYな女に男性はとても弱いのです。あからさまに露出が激しい女にひっかかるのは男のプライドが許さないようです。

そんななぜか気になるSEXY女子の共通点は下記のようなポイントです

  • 肌がとにかく綺麗
  • アイメイクよりもリップメイク
  • リップも濃すぎずけれどもパンプアップされている
  • どことなく影がありミステリアス(ギャハギャハ笑う感じではない)
  • アンニュイな感じでも疲れた感じはしていなく内側から生命力があふれている
  • 仕草がぶりっこではなくゆったりとしている
  • キャピキャピとした”かわいい”を売りにしていない

ちょっと抽象的にですが、女の子が思うかわいいと男性がエロいと思うイメージは離れている事が多いのです。またぶりっ子やかわいいというテクニックは簡単ではあるのですが、だんだんキスをしたいとかエロいという印象からは離れていってしまいます。

キスしたい女になるには、かわいいという仕草ではなく女らしいという仕草のほうがキスしたい女でいられます。

 

思わぬ場所でキスをしてドキドキさせる

社内不倫の時は、会社の会議室や非常階段など絶対に誰もみられないところでさっとキスをすると、ドキドキした分だけ、愛人の事が好きなんだと彼が錯覚をします。これもふいにキスされてびっくりしたドキドキなのですが、脳はなんでもドキドキしたら目の前の人の事がそれだけ好きなんだと錯覚するように便利にできているんです。

ただし、その分リスクも大きくなるので、絶対に誰にも見られない場所で、という事が条件です。会社によっては減給対象やクビになってしまうこともあるので、本当に注意が必要です。けれどもこのようなスリリングな経験と非日常感が社内不倫カップルにはとても人気です。

また社内不倫カップルでなくても、不倫相手の彼が10分だけでも話したいからと、仕事が終わるのを待ってくれていた時などは、さっとキスをすると不倫相手の男性をドキドキさせることができます。

不倫をしている女性は、自分からなにかすることを恐れて、いつも不倫男性がなにか行動を起こすことを受け身で待ってしまっている人が多いので、その分不倫男性からも飽きられやすくなります。

たまには、不倫男性にとって予想外の行動を起こすことで、不倫男性に飽きられる事を防止させることにもなりますし、不倫男性に早くセックスしたいなと思わせる事もできます。

また、夫婦となって子供もいるような状態だと、なかなか外でキスをすることなんてありません。それをする事によって不倫相手の男性に、青春や胸キュンを思い出させる事ができます。

このように、思いがけない場所で、自分からキスをしてみるというのは、不倫男性にもっと愛されるために効果的になります。

 

不倫相手の彼がキスをしたくなる簡単ケア

会社にいるときは、こっそりホットコーヒーやホットティーなどを飲む時に、その蒸気で唇をちょっと温めてみてください。朝カサカサでどうしようとおもっていた唇がふっくらうるおてきます。その後リップクリームでケアをすると会社にいながらも唇のかさかさを和らげることができます。

自宅でできる簡単リップケアとして有名なのは、オリーブオイルを温めて唇に塗ったうえにさらにはちみつをぬりサランラップで5分程度パックをするというもの。

肌が最もコラーゲンを生成するのは、38度の少しだけ肌より温かい温度というわれています。正確にはかってやっていると続かなくなってしまうので、テレビを見ている間など、ダラダラとしている間に手軽にできるように、肌よりちょっと温かい程度という感覚で良いと思います。

レンジで温めると、熱すぎるのでお湯をはったなかにスプーンの中にオリーブオイルをいれて、湯せんで温めるような形がやりやすいです。

実は、唇は角質層が発達をしていないので、水分をキープする事が他の皮膚の部分に比べて大変少ないのです。その為、ケアを肌よりもマメにしないとしぼんだ唇になってしまいます。また、唇って皮脂腺がないので、水分を蒸発しやすくカサカサしやすいのです。

お金を稼いでいて、そんな手間かかることやりたくないという人は、唇用のエステもあるので、そういうところでお手入れをしてしまうというのも一つの手だと思います。

唇に負担にならないようなピーリングで古い角質をとり、くすみもとって、コラーゲンを刺激するペプチドを唇に塗るというスタイルがリップエステが現在は多いです。

 

このように、キスも不倫男性の受け身になるだけではなく、自分から色々と考えて積極的に攻めてみると、不倫相手との関係にまた変化を起こす事ができる。