妻帯者の人に恋をしたら気を付けるべき5つの事

9月中に略奪愛を叶えたい人注目!!記事を読む前にご確認ください

[9月30日(日)まで】

初めての方は無料で略奪愛鑑定をうけられます

  • 彼の今の本音は?
  • あの人の家庭事情はどうなっているの?
  • あの人の妻は何を考えている?
  • 何をすれば略奪することができるの?

これらの悩みを無料鑑定で解決します。

略奪愛成功率93%を誇る

特別な鑑定で、あなた専用の略奪プランで最短で略奪愛を叶える方法をお届けします。

この機会に是非ご活用ください

※今月既に56名が略奪愛成就しています

※20歳以上限定

ID-10085876

妻帯者の人というのは、やはり毎日妻と一緒にいて女性に対して警戒心がない分、女性が安心して近づける雰囲気を持っています。独身の男性というのは、縄張りのホルモンでもある、テストステロンというホルモンが強く出ているので、女性にとって近づきにくいなと思ってしまうのですが、妻帯者になると、このテストステロンが減る為女性が近づきやすくなります。

また、女性がどんなことを喜んでどんなことを独身の女性が近づきやすい雰囲気をもっていたり、女性が喜ぶことが分かるからこそ、独身の男性よりもロマンティックな言葉をくれたりして、独身男性よりも女性を、夢心地にする事ができるのもが妻帯者の特徴。

相手の人が、妻帯者だと知っていても、恋愛が始まる前の段階や、始まったばかりの時は、軽い気持ちで、食事にいったりそのうちキスをして身体の関係になったとしても、最初は、そんなに好きになるなんて思っていない人も多いと思います。その独身女性が隙をついている間に、どんどん妻帯者の男性は攻めてきますので、ロマンティックな事やものが好きな女の子というのはどうしても独身男性よりも妻帯者に恋をしやすくなってしまいます。

けれども妻帯者に恋をした時は気を付けなくてはいけない事があります。

そんな妻帯者に恋をした時に気を付けるべき5つの事

いつか終わらせなくてはと思わない

この恋はいつかは終わらせなくてはいけないと考えてしまうと、余計に妻帯者の彼に執着をしてしまって、終わらせることがつらくなってしまったり、終わらせられなくなってしまったり、妻帯者の彼にどんどんハマってしまいます。

無理やりにいつか終わらせなくてはいけないと考えるのではなく、未来に対して不安があったとしても、先の事は考えないようにして、今一緒にいる時間を全力で楽しむようにしようとか、先を考えない努力をした方がよい。

さらのは。いつか、終わらせなくてはいけないと思って付き合い続けてしまっていると、思いっきり今の恋愛を楽しめる事ができなくなってしまい、不完全燃焼の恋になってしまい、たとえ、妻帯者の彼との恋が終わった後もひきずりやすくなってしまいやすくなってしまう呪縛にとりつかれてしまう。

未来を考える時は、常に妻帯者の彼との恋愛の未来ではなく、自分の恋愛以外の理想や未来のやってみたいことを、いつも頭の中に描いて、その実現を一番優先的にするようにキラキラと輝いている人こそが妻帯者の彼により愛されやすくなる。彼とは関係ない自分の未来でやってみたいことや、考えるとワクワクするようなことを普段から考えるくせをつけるようにしよう

いつか終わらせなくてはいけないと思いながら付き合っていては、何しても楽しくなくて辛いだけになってしまって当然。これは注意するようにしよう。

自分の顔に常に気を付ける

妻帯者に恋をしてしまうと、不倫に悩みが深いほど顔がどよんと疲れてしまって不倫疲れ顔になってしまう人がいる。

不倫疲れを起こしていないか?目の下にクマができてしまっていないか?など定期的に友達などにチェックをしてもらってよい。

また、コメディーの映画をみるなど無理やりでも思いっきり笑える瞬間を意識的につくるようにして、雰囲気が暗くならないようにするという事を気を付けよう。

妻帯者の彼により愛される為には、常に笑顔でいる事が大事で、常に笑顔でなにをやってあげても妻帯者の彼に感謝をして、喜ぶ事。

妻帯者の男性は実は家庭で妻に文句ばかりを言われてしまっていることが多く、自分を誰かに認めてもらう事に飢えていることが多いのだ。

その為自分の事を責める人ではなくて、いつも笑顔で自分を感謝してほめたたえてくれる女性にすこぶる弱いのだ。

妻帯者の彼に恋をしたら、自分の顔が暗くなってしまって、一緒にいるだけで妻帯者の彼に罪悪感を抱かせるような存在になってしまっていないか?という事を気を付けるようにすることが大事。

妻帯者との家族にバレないようにする

 いくら、妻帯者の奥さんの事が邪魔だと思ったり、早く離婚をしてほしいと思ったとしても、家族にバレてしまうと妻帯者の彼が自由にデートをすることができなくなってしまったり、強制的に別れさせられてしまったり、慰謝料を請求されてしまったりと妻帯者と恋愛するうえでは不都合なことが多い。

妻帯者の彼が離婚をするにも、不倫関係にあったことはバレない方が二人にとって得になるので、できるだけ家族にバレないように気を付ける。というのは鉄則。不倫がバレないまま離婚できるのであればそれが一番良い。

また、不倫が分かった時に、妻帯者の奥さんが直接的に愛人に嫌がらせをしなくても、不倫をしている妻帯者の男性と子供だけの時間を、奥さんが強制的に意図的に増やしていくという事で、愛人から男性を引き離そうとする策略タイプの妻もいる。

それも、妻帯者の彼が離婚する確率というのは、実は子供との接触時間に大きく影響していて、子供と全く遊びに行かないような人で接触時間が少ない人ほど離婚をする可能性が高く、子供のためにご飯をつくってあげていたり、子供と妻帯者の彼だけで、動物園や水族館にいっているような場合というのは、なかなか離婚がしにくくなるのだ。このように家族に不倫がバレるという事は、妻帯者と恋愛をする上でデメリットが大きい。

楽しいことだけ思いっきり楽しむ

妻帯者の人と付き合っていると、旅行に行くのも奥さんといくのかな?とか私だって奥さんみたく彼のご飯を作ってあげたいなど、自分が妻ではないから出来ない事ばかりに目が向いてしまいやすくなって、不倫ならではの楽しみ方というのが存在しているのにも関わらず楽しい事に目が向かなくなってしまう。結果自分が手に入らないような事をみつけては、離婚をしてくれない彼に対して、私は愛されていないから、離婚をしてもらえないんだと思ってしまう思考癖がついてしまう。

そうはいっても、実際誰かの妻になって、毎日必ず早く帰って家族のご飯を作ったり、洗濯をしたりという生活は、なんとなく憧れたとしても実際はそんなに楽しくはない。

お金も限られた中で、栄養バランスを考えて毎日ひたすら決まった時間に料理を朝と夜作るというのはとても大変なこと。

そして何よりも時間に自由がなくて、朝、昼、晩と3回ちゃんと自宅でご飯を作ろうと思ったらほとんど自由に外出することだって許されない。

そのような生活をしていると彼の事がどうしても恋人の時のように好きではなくなってしまうし、話の内容も家のローンに子供の教育に、親の介護などロマンティックとはかけ離れたような現実的な話ばかりで、やはり恋人というような関係ではなく、家族という関係になってしまうのはしょうがない事だ。

そういった制約もなく単純に、恋人としてロマンティックなデートができる関係は、実はすごく楽しくて魅力的なものだ。

けれども、結婚をしたことがない独身女性はどうしても、結婚がものすごく楽しくて幸せなものだと思ってしまいがちで、結婚さえすれば今の自分の全ての苦しみから解放されるような錯覚に陥りやすくなってしまい、奥さんに嫉妬をしやすくなってしまう。自分の方が自由に彼と美味しいとこどりができる関係だという事を、楽しんだ方が良い。

洗濯や食事の世話を365日することもなく、妻帯者の彼とロマンティックなデートをして、甘い言葉をささやいてもらえる生活なんてとっても楽しい。

その妻帯者と付き合うからこそ楽しい部分を見失って辛いところばかりを気にするようになってしまうやすくなるので気を付ける。

不倫は悪い事ではない事を知る

私は不倫なんてして悪い事をしていると自分を責めてしまいやすくなるのが妻帯者と恋愛をした時の特徴。けれども、元々妻帯者の家庭に問題があったからこそ妻帯者の彼は独身の女性に対してアプローチをしているのであって、独身側の女性が悪い事なんてほとんどない。

芸能界など、不倫に対するバッシングが激しいので、自分がまるで罪人のように思ってしまっている人もいるが、自分が悪い事をしていると思えば思うほど、不倫が魅力的に思えてしまうという人間の習性もあるので、罪悪感を抱かないようにした方がよい。

またこの罪悪感というのが、厄介で不倫なんかしている自分は不幸な事が起こるべきなんだという思い込みから不運や不幸な事を引き起こしやすくなるという面を持っている。不倫は罪ではなく、実際逮捕されるようなものでもないという事実を正しく認識するという事が大事

妻帯者に恋した時のまとめ

妻帯者に恋をしてしまったときは、気持ちがとても不安定になりやすくなります。とにかく自分を責めずに未来を悲観せずに今楽しい事を思いっきり楽しむ様にすることが大事です。

妻帯者に恋した人の為の関連記事