不倫男性を疲れさせる愛人の一言

ID-100107463

不倫男性にとって、愛人といる瞬間というのは家庭や会社といった責任から逃れられる癒しのオアシスであることを求めている。

けれども、愛人にとっては不倫男性は自分の人生であり未来だと思っている人が多く、この考え方の違いからすれ違いが起こり不倫男性を疲れさせる一言を言ってしまって、結果的に不倫の終わりにつながっていく。

はじめは、不倫男性は愛人に対して、責任がないから居心地が良い空間になっているという事実を受け入れたうえで、そこからどういう態度をとっていくと、不倫男性は本気になってくれるのか?というように、冷静に事実を受け入れて、妻が与えられていないものを不倫男性に与え続けていくと、不倫男性もだんだんと本気になって、略奪結婚に近づいていくが、不倫男性が疲れる一言を言い続けていると、だんだん不倫男性の足は愛人から遠のいてしまって、結果的に別れにつながってしまう。

不倫男性が疲れる一言

こんな言葉は不倫男性にウケない

男性脳の基本構造を知ろう

男性脳と女性脳というのは、そもそも仕組みが違って得意な分野も違うにも拘らず自分と同じ同性に話すような感覚で話をすると、自分が求めている対応はかえって来ない。

例えば、女性で多い男を疲れさせる言葉の例

例)来る時はもっと早く連絡がほしい

「会えるだったらもっと早く連絡頂戴って言ったじゃない。この前だって友達と約束していたのにあなたが急に来るっていうから、予定をキャンセルしたのよ。

ちゃんともっと早く会えるって連絡くれたら、私だって色々準備できるのに」

このような一言というのは、男性をどっと疲れさせます。

やっと会いに来たのに、会ってそうそう文句言われるという点でも疲れるのですが、この場合は話し方が疲れさせます。

けれども、愛人の方は会いたいのに会えないという事をずっと我慢をしているから一気にしゃべってしまうところがあります。言えるときに言いたいことを全部言わなきゃという思いがあります。

男性脳はそもそも長い文脈の会話というのはそもそも女性よりも苦手なのです。その為男性同士の会話を聞いていると、一言一言が女性同士の会話より短い会話で成り立っているという事に気付けると思います。

もっと早く連絡がほしいと思ったら、

「会える時はもっと早く連絡くれたら嬉しいな」

このように短い言葉にしないと、男性脳には伝わりません。

また、愛人の方は、子供が産める年齢だったり、不倫相手と万が一別れた後に新しい人がみつからないかもしれないなどと考えると、未来の事がなるべく早く決まっていたら安心という気持ちが基本的あります。またその基本的な考え方から、未来の事をなるべく早く決めてもらえたらそれは、愛人が本気に思われていて、大切にされていると感じる事ができるのです。

その為、なるべく早く、先の事を決めておいてもらって安心がしたいし、自分が本気で愛されているという証拠がほしいのです。

けれども男性脳は違います。

プライベートでできるだけ約束をしたくないと思うのが男性の脳です。なぜなら約束というものは絶対に守らなきゃいけないというプレッシャーが不倫男性にはあります。

その為、約束が前もってあると気が重くなってしまいます。単純にそれは、愛人の事を愛していないというわけでもなく、会社という約束を果たさなくてはいけないと思っているようなところに加えてさらに大きな約束というものはしたくないのと、そういうプレッシャーから逃れたくて愛人という場所を作っているので、愛人との間になるべく未来の約束を作りたくないという深層心理がある。

このようなすれ違いが、愛人を不安にさせたり、我慢に我慢を重ねた結果、感情の爆発につながってしまいます。

けれども、元々男性脳がそういうものであって、未来の約束をしてくれないから本気で愛していないというわけではないという事と単純に男性脳と女性脳の違いだと思えば、少し爆発からも解放されるのではないでしょうか?

大事なのは二人の関係をよくする事

愛人の人がやってしまいがちな不倫男性をどっと疲れさせてしまう一言というのは、自分の気持ちをぶちまけるという事です。

単純に、不倫男性に自分が我慢をしている事を分かってほしいとか、もっと自分を見てほしいとか、そういう気持ちがあるのですが、その奥にあるのは寂しさと自分は愛されていないんじゃないか?という不安になります。

もっというと、自分は愛される価値がないと思っているので、自分が愛されていないと思うようなところにばかり目について、毎回不安で不倫相手の男性に確認をする意味で爆発をしてしまいます。

逆に言えば、自分は愛される価値がある人間なんだと思えるようになると、不倫男性の行動をネガティブにとらえなくても済むようになります。

また、二人の関係をよりよくするためには、自分の感情をぶちまけるよりも、不倫男性がやってくれていることに感謝をするようにすると、もっと仲良くなることができます。