不倫相手の彼に愛される女性の脳構造について

ID-100202008

不倫相手の彼に愛されるためには、責めたり、問い詰めたりしてはいけないというのはよく言われることだが、実は愛されない女の子がどんなに頑張っても愛されないのにはそのほかにも大きな原因があった。

今回は不倫相手の彼に愛される女性が注意している事について

不倫相手の彼に愛される女性の脳構造について

不倫相手の彼の態度は自分の鏡

不倫相手の彼の態度は、なんだか自分は本当に愛されているような気がしない。本当は身体だけが目当てなんじゃないか?と思ってしまっている人。実は不倫相手の彼というのは、自分の態度の鏡になるんです。

不倫相手の彼の事が好きで、純粋に不倫相手の彼の事を喜ばせたいと思って行動をしている人というのは、自然と不倫相手の彼からも同じように、“好き”という純粋な気持ちから行動をしてもらえます。

けれども、こうやってすれば不倫相手の彼に愛されるのではないか?こうやれば、自分が結婚してもらえるのではないか?などと、自分のメリットの為に行動をしてしまう人が実は多く、そういう人ほど、相手の男性が本気じゃないのではないだろうか?というように不安な毎日を送ってしまっています。

けれども、その不安は当たっていることが多く、不倫相手の彼もこうやってLINEメッセージを送っておけば、本当は離婚して彼女と結婚するつもりはないけれども、彼女の気持ちがおさまるだろうなどというように、打算的な行動をとってしまうということがあります。

つまり、お互いが自分の利益だけを考えて相手の気持ちよりも自分の思い通りになるようにとコントロールをしようとして、行動を取り合っているような状態になってしまいます。この状態ではお互いが愛されるという事はなくなってしまいます。

自分がやってほしいことをやってみる

自分が愛されたいからとか、自分が略奪結婚がしたいからというした心があるような状態ではなく、純粋に彼の事を愛して彼が幸せになるという事を自分が愛されるか?どうか?という事を気にせずに行動をしてみてください。

その時に、大事なのは彼がどう感じるのか?という事です。女性は子供を育てる性質上どうしても、男の人を管理したいと思うようになります。つまり、こうやった方が将来的にいいからと不倫相手の彼の癖を直そうとしたりというような管理をしだしてしまうような行動になります。

そのような行動は、いくら将来は彼の為になるといっても不倫相手の彼にとって居心地の良い行動とはなりません。常に不倫相手の彼が居心地が良いと感じるような行動というのを意識してみましょう。