不倫で既婚男性と略奪婚ができた女性の特徴

ID-100113426

復縁・不倫・片思いなど辛い恋の恋愛心理カウンセリングを得意としていて、多くの相談を受けている恋愛心理カウンセラーの木田真也さんに実際に不倫で略奪婚ができた女性がやっていた事についてお伺いをしました。不倫から略奪婚をしたいと願っている人は参考にしてみてください。

不倫で略奪婚ができた女性の特徴

【木田真也さんのお話】

人生のターニングポイントで不倫から略奪婚へ

「既婚者の彼の人生のターニングポイントの時に、妻よりも既婚者の彼が望む行動をとった愛人の方が略奪をしたという事がありました。この人生のターニングポイントというのは、転職とか病気をしたとか彼にとって辛いような事があった時に、妻は既婚者の彼の事をほったらかしに冷たくして、その時に愛人が親身になったというケースです。

このような状態の結果、既婚者の彼が、離婚をして愛人の方と結婚しました。当然その瞬間だけ優しくしたから略奪ができるというものではなく、略奪をしようと思ったら積み重ねが大事です。普段から癒しを提供し続けるという事が略奪につながります。そしてさらに、人生のターニングポイントの時に妻と愛人の差がはっきりしたというような状態が略奪婚につながります。」

既婚者の彼が本当は奥さんと上手くいっている?

「既婚者の彼の嘘を見抜こうと思ったら男性は女性よりも単純なのですぐに嘘を見抜けてしまいます。例えば、『本当は奥さんと上手くいっているんじゃないの?』と独身女性が既婚者の彼にちょっと突っ込んだとします。その時に、『上手くなんていってねぇよ!なんでわかんねぇのか』というようにキレる男性は、実際は比較的に奥さんと上手くいっている事が多いです。その他『えっなんでそう思うの?』というような質問に対して質問で返してしまう既婚者の彼も、実際は奥さんとうまくいっていて、愛人に対して嘘をついている時の定番の行動になります。

既婚者の彼は嘘をついている時に、とっさに出てしまう行動を抑える事ができないので、話すときの目線や、手の仕草をよく見ていれば、すぐに嘘だとわかります。独身女性の方は自分の直感を信じていいと思います。中には、既婚者の彼の背中が奥さんと本当は上手くいっていると語っていたなんていっていた独身女性もいました。」

略奪婚をする人は既婚者の彼を疑わない

「既婚者の彼の嘘を見抜くというのは簡単だと思います。けれども嘘を見抜こうとしているというモノの見方がもう既に略奪婚から遠ざかっています。

既婚者の彼の事を疑っている状態というのは不安になってしまいますよね。不安になってしまうと、小さな事でも『私の事好きじゃないんでしょ』というように疑って責めてしまいやすくなります。本当は既婚者の彼が何も考えずに言った一言なども強烈に悪い方向にとらえてしまうというのが既婚者の彼の事を疑ってしまいます。

奥さんと上手くいっているとか、上手くいっていない状態だったとしても、独身女性がやる戦略というのは変わらないんです。その為実際に略奪婚までいったという独身女性は既婚者の彼の事を疑っていません。」

というのが木田さんのお話でした。

既婚者の彼の事を疑いの目でみていると、ちょっとした事でイライラしてしまったり悲しくなってしまったりしやすくなってしまうので、あまり気にせずに本気でない状態ならばこれから既婚者の彼を本気にすればいいだけというように気楽に考えた方が上手くいく確率があがりそうです。

o045803611287068248639

木田真也

復縁・不倫・片思いなど辛い恋を乗り越える事を得意とする恋愛心理カウンセラー。主に電話でのカウンセリングを行っている。木田さんがカウンセリングした結果、別れた直後はLINEの既読スルーの状態だった彼から復縁を申し込まれたというような声が多い。

アメブロ:http://profile.ameba.jp/shinya-kida/