既婚者の男性が愛人と別れたいと思う瞬間について

ID-10016706

復縁・不倫・片思いなど辛い恋の恋愛心理カウンセリングを得意としていて、多くの相談を受けている恋愛心理カウンセラーの木田真也さんに不倫をしている既婚者の男性が愛人と別れたいと思う瞬間について教えて頂きました。

既婚者の男性が愛人と別れたいと思う瞬間について

【木田さんのお話】

既婚者の男性が愛人と別れたいと思う理由

「既婚者の男性が愛人と別れたいと思う瞬間というのは、なんか面倒くさくなりそうだなとかごたごたに巻き込まれそうだから先手をうっておかなくてはと感じるような時になります。

既婚者の男性が、面倒くさいことになりそうだと思うような愛人の行動としては、『いつ離婚するの』と既婚者の男性に問い詰めるようなものをはじめとする、問い詰めや責めなどもありますが、奥さんの事や自分の家庭について細かく愛人が聞いてくると、自宅まで押しかけてくるのではないか?自宅に電話をかけてくるのではないか?などと恐怖に感じて別れた方がいいかなと既婚者の男性は思います」

不倫の嫉妬は別れたいと思わせる?

「既婚者の男性の中には、都合が良い解釈をする人もいて、既婚者と分かって付き合っているはずなのに、いまさら奥さんに対して嫉妬するなんて、なんか面倒くさいことになりそうだから、別れた方がよいのではないか?と考えるようになる事が多いです。一般的に不倫の場合は、独身者同士の恋愛と違って、嫉妬はあまり既婚者の男性に歓迎されない事が多い為嫉妬しない方がよいでしょう。」

既婚者の男性心理を利用する

「既婚者の男性は、家庭という空間と愛人という空間を全く別のモノとして分けているので、その愛人と一緒にいる空間を盛り上げる程度の嫉妬なら可愛いと思われます。例えば『えーなにそれちょっと妬いちゃうな(笑)』というような感じのものになります。嫉妬が笑いになるような感じでしたら問題ないのですが、なかなかそのような感じになる事はないですよね。」

既婚者の男性の一言を根にもつと嫌われる

「また、既婚者の男性が、悪気なくて言った一言をずっと根に持っているというのも面倒くさいなと思います。例えばなのですが、『なんで最近連絡くれないの』と愛人から言われた時に既婚者の男性が『最近奥さんの体調が悪くて家事を代わりにやっていた』と話したとします。

男性脳は、根拠を示されると納得する傾向が強いので、相手の愛人の女性にも連絡できなかった根拠をきちんと示さなくてはいけないと感じます。

その結果連絡できなかった理由を説明してしまいます。女性は『家事やらなくてはいけないのは分かるけれども、それを今言うの!?』とか『奥さんの事は大事にして、私の事はなんで大事にしてくれないの!』というような怒りがこみあげてきて、既婚者の男性に対して怒ってしまう。その事を愛人の方が根に持っていたりすると、男性の脳には理解ができない事なので、よくわからないし理解しようとするのも大変で、なんだか面倒くさいと感じてしまうものなんです。このような時にもう別れようかなと思うようになります。」

というのが、木田さんのお話でした。面倒くさいことになりそうとか家までおしかけてきたり家族に関係をばらすような事をするのではないか?というような恐怖感を既婚者の男性に与えてしまうと、恐怖感から離婚を進めるのではなく、愛人と別れようという方向に発想が向かうようです。

 o045803611287068248639

木田真也

復縁・不倫・片思いなど辛い恋を乗り越える事を得意とする恋愛心理カウンセラー。主に電話でのカウンセリングを行っている。木田さんがカウンセリングした結果、別れた直後はLINEの既読スルーの状態だった彼から復縁を申し込まれたというような声が多い。

アメブロ:http://profile.ameba.jp/shinya-kida/