不倫男性が妻よりも一緒にいたい愛人とは!?

ID-10099859

不倫男性が妻よりも愛人と一緒にいたいと思うようになるためにはどのようなことをすればよいのでしょうか?実際に妻のいる家庭にはほとんど戻らずに、1週間のうち6日以上を愛人と過ごしているという不倫男性の愛人が実際やったことを例にご紹介

不倫男性の妻よりも一緒にいたい愛人になる方法

妻よりも一緒にいたい女性とは

妻よりも一緒にいたい女性とはどのような女性でしょうか?それは妻よりも自分の事を理解してくれて、自分の夢ややりたいことをサポートしてくれる女性になります。このことに関しては、彼女にまかせておけばきちんと手続きをやってくれるとか、この話に関しては彼女と話すことが一番面白いなど、一部の分野でも妻よりも彼女と話したいと思うような分野を持っていることは大変強いです。

実際にまったく妻のもとに帰らなくなった不倫男性の愛人に共通しているところというのは、ありのままの不倫男性を徹底的に受け入れて否定をせずに、全力でサポートしているというところがあります。

もちろん、無理して彼の考えている世界に入れないのであれば、自分のできることでサポートをすればよいのです。

実際にやっていた例としては、不倫相手の彼が新しく開業するという時にその愛人は彼の事業についての知識は全く持っていませんでした。その代り忙しい彼に代わって彼の開業の夢を手伝うために、事務手続きなど自分ができることはすべて引き受けて不倫男性のサポートをしていました。

このように、不倫男性の目線にたって何を自分は彼に提供することができるのか?不倫男性がどんなことをありがたいと思うのか?ということを的確に考えて不倫男性のすべてを受け入れてサポートをする愛人というのは、妻よりも不倫男性が会いたいと思い出してだんだん妻のもとに帰らなくなったケースが多いです。

自分だけのオンリーワン

料理など、不倫男性の好みに合わせたもので、このことだけは他の人にはできなくて彼女にしかできないというものがあると不倫男性が愛人のもとに通うようになります。

ある人は、妻よりも不倫男性の好みのカレーライスを作ることが上手でした。その為不倫男性は愛人が作ったカレーライスが食べたくて、愛人のもとに通うというようなことをしていました。

また愛人も、そのことを理解していて、不倫男性がいつ来てもいいように常にレンジで温めるだけのご飯と自分が作った不倫男性のお気に入りのカレーをきらさないように作って冷凍庫に冷凍をして、不倫男性が食べたいといったらいつでもこたえられるようにしていました。

このように男性脳というのは習慣に弱いところがあります。行動が習慣化してしまうとなかなか抜け出すことができずに、同じ行動を繰り返すところがあるので、不倫男性の習慣の中に入ってしまうと自然と不倫男性は、愛人のもとにかえるようになってきます。

以上が不倫男性が妻よりも一緒にいたいと思う愛人の特徴です