新婚で不倫をするのは男性が多い隠された理由とは

ID-100148327

不倫をはじめたのは90%の男性が、結婚して2年以内というデーターがあります。つまり、まだ一緒に暮らしだして、飽きてもいないであろう2年以内に男性は、一番不倫がはじまりやすいということになります。

家族となってしまった妻に“トキメキを感じなくなってしまった”という事が不倫をする理由でよくあげられますが、まだ新鮮でトキメキを感じるであろう新婚にも関わらず不倫をしてしまうのはなぜでしょうか?

今回、男女の心理に詳しい、心理カウンセラーの沼田みえ子さんにお話をお伺いしてみました。

新婚なのに男性が不倫をする心理

【沼田さんのお話】

新婚で不倫するのは男性が多い理由

「これは、結婚に対する女性と男性の感覚の違いという事が原因にあげられます。女性にとっての結婚のイメージというのは、ワクワクだったり幸せだったり喜びだと思うのですが、男性にとっての結婚というのは、責任というイメージで、女性のようにワクワクしたような感覚はなく、重いものになってしまいます。

その為、新婚が楽しいというのも、あくまで女性のイメージであって、男性からみると、『あぁ・・・頑張っていかなくてはいけないのだな。もう自由に転職もできない』と感じてしまう重いものだと想像してみてください。

男性の方が結婚に対してしばりが大きくて、妻や子供を路頭に迷わせてはいけないというように、責任が発生するものになります。その為男性にとっては結婚というものが、決意というイメージになります。

その為、重たい責任から少し逃れたいという思いが不倫に走る原因になります。男性にとって結婚というのは責任が伴う重い現実であり、不倫というのは、責任が伴わないので気軽なファンタジーの世界にあたります。

この結婚に対する感覚というのは、男性特有の心理になると思います。

男性にとって不倫というのは、はじめファンタジーの現実とは違う世界だと思って始めているので、最初から妻とは離婚して愛人と結婚しようと思っている男性はほとんどいないと思います。」

というのが、沼田さんのお話でした。楽しいはずの新婚生活になぜ不倫をするのか?と思う事がそもそも女性からの視線の疑問であり、男性の視線からみると、新婚が楽しいと思うどころか、重荷と自由がないという縛りに感じてしまい、そこからちょっと脱出したいというのが新婚なのに、不倫をする理由とのことでした。

女性が、毎日仕事三昧で疲れてふと旅行に行くとか、ディズニーランドにいって現実逃避してみたい!!というような感覚が、新婚で不倫のようです。

結婚前からの不倫も同じ理由

婚約をしだした入籍1年前くらいから不倫をする男性もいます。この場合も結婚という決意をすると、今までは仕事という責任や重圧から少し逃れるための場所だったものが、彼女になります。

その彼女が今度は婚約者となったとたんに、親のあいさつやら結婚式の打ち合わせやらどうやって暮らしていくのか?という事を考え出すと、途端に仕事からちょっと逃れるオアシスの場ではなくなってしまいます。

仕事で責任と重圧を感じ、今度は家庭を持つという重圧を感じだすと、男性は別のところに癒しを求めてしまいます。結婚前の婚約時の不倫を防止するためには、この男性の心理を理解した上で女性が男性に対応をしないと難しいのです。

新婚時の不倫を防ぐ方法とは

女性側も新しい生活やら決めなくてはいけない事をたくさん抱えています。その上で、一緒に生活するはずなのに、何も決めたりしない旦那に対して「なんで一緒に考えてはくれないの!」というように爆発をしてしまうという人の方が多いのが現実です。

毎日の家事や慣れない生活と、家事をやっても夫から『感謝』されることもなく、どんどんストレスと不満ばかりがたまっていきます。さらにはそれを乗り越えて、旦那の重圧の気持ちを察して、オアシスになるように労わってあげるという事をするという事が新婚時の不倫を防ぐ方法でもあります。


【沼田みえ子】

c3ed6f5e

1968年4月生まれ。
カウンセリングサービス所属カウン セラー。夫婦関係、恋愛問題が得意

現在はアメーバーブログの「恋愛テクニ ック」の金曜日「大人の恋愛術」を執筆 中。 皆さまのパートナーシップのノウハウ をブログで配信しております。 2016年5月現在、のべ2300人の方 のカウンセリングを行ない、夫婦関係 の修復の実績をあげている


新婚で不倫をされて乗り越えた例【編集部追記】

結婚が決まった時点から浮気がはじまり、新婚3ヶ月程度で夫の不倫が発覚したという女性もいます。そのような女性たちはもう離婚をしたいとか、旦那に対する信用がまるでなくなってしまったり、離婚を踏みとどまってもそこから不倫されたというショックを乗り越えるためには、かなりの時間を必要としています。

最終的に、夫の事を信じられるというところまでいかずに、子供が出来て子供に気持ちを集中させるというような事で乗り越えたと言う人もいます。

結婚を幸せの象徴だと思って、結婚をした女性にとっていきなり奈落の底におとされてしまうような衝撃を受けてしまうと思いますが、自分でプロポーズをしたくせに、男性にとって結婚が重いものであり逃げたくなってしまったという気持ちを理解するだけでも自分の気持ちが楽になるかもしれません。