愛人とも奥さんともセックスをする不倫男性心理

ID-100115475

愛人とも奥さんとも両方とセックスができる不倫男性の心理とは、どのような状態なのでしょうか?男女の心理に詳しい心理カウンセラーの沼田みえ子さんに、不倫男性の心理についてお伺いをしてみました。

愛人とも奥さんともセックスをする不倫男性心理

「まず、女性と男性では恋愛に関する脳の構造が違うので、自分のとらえ方と男性は違うという事を知るという事が、不倫男性の心理を理解するはじめの1歩になります。

女性は、恋愛に関して上書き保存、男性はフォルダーごとにカテゴリー保存と言われることに象徴されます。

このような性質がある為、男性は前の彼女の思い出の品や写真を捨てないでとっておくというという事がありますが、女性は今好きな人に上書き保存されているので、思い出の品をとっておくというような事はしません。

これと同様に愛人の事は愛人として、愛人フォルダーに入っていて、妻は妻として別のフォルダーにはいっているという状態が男性の恋愛構造になります。

上書き保存型の女性には、この男性の別フォルダーの心理というのが、なかなか理解がしにくく、奥さんともセックスをしているとなると信じられないというように、自分が大切にされていないような気持になるのですが、そういうワケではないのです。

愛人は愛人フォルダーの中で大切にしているというのが男性の恋愛のとらえ方になります。

この男性のそのカテゴリーごとの保存というものがあるからこそ、昔から大奥のような一夫多妻制の一人の男性に対して、多くの女性がいるような事が成立します。そのことからも、男性はカテゴリー保存ができるという事が分かると思います。

世界的にも、一夫多妻制があるということにも関係すると思います。逆の場合は誰の子供なのか?という事がわからなくなってしまうという事も関係はしていると思います。」

というのが沼田さんのお話しでした。不倫男性が奥さんともセックスをしているという事は、愛人の方にとってはつらい事ではあるのですが、男性と女性は考え方が違うということが二人の人と同じ期間にセックスができるという事の理由になっているようでした。女性にはなかなか理解しにくく受け入れにくい事実ですね。

解説者:沼田みえ子