社内不倫での陰口をたたかれた時の対処法

9月中に略奪愛を叶えたい人注目!!記事を読む前にご確認ください

[9月30日(日)まで】

初めての方は無料で略奪愛鑑定をうけられます

  • 彼の今の本音は?
  • あの人の家庭事情はどうなっているの?
  • あの人の妻は何を考えている?
  • 何をすれば略奪することができるの?

これらの悩みを無料鑑定で解決します。

略奪愛成功率93%を誇る

特別な鑑定で、あなた専用の略奪プランで最短で略奪愛を叶える方法をお届けします。

この機会に是非ご活用ください

※今月既に56名が略奪愛成就しています

※20歳以上限定

ID-10087204

社内不倫を長く続けていると、不倫もある意味無言の公認のような状態になり、多くの社内の人が不倫を知っているという状態になる事が多くあると思います。

その結果、昇進をするたびに『上司の愛人だから』などと陰口をたたかれて自分の実力がなかなか認めてもらえないなどの辛い思いをしているキャリアウーマンの方へ社内不倫の時に嫉妬で陰口をたたかれた時の対処法についてご紹介します。

社内不倫での陰口をたたかれた時の対処法

陰口をたたく人の心理

影口や悪口をいう人はなぜ悪口をいってしまうのでしょうか?実は悪口を言ってしまう人というのは、本当の心の奥底としては、“辛いから助けて欲しい”と思っていることが多いのです。

それが人の悪口になって出てくるなんて不思議ですよね。けれども悪口を言っている本人も“助けて欲しい”なんて自分が思っているという事は気づかなくて、“ムカつく”“ウザい”などというネガティブな感情が、たくさんその人の心の中に渦巻いてしまっています。

ただ、本当は助けて欲しいという気持ちが強く、もっというと“私だって頑張っているのに同じように評価されていない”というような嫉妬心がある事が多いです。

単純に、自分が評価されていないのではなく、あの人は“愛人だから”というような仕事以外の理由で昇進しているというように、自分が昇進できない事に対して言い訳がしたいともいえます。

気にする心理

このように、社内不倫をしていて昇進したり、社内の人に陰口をたたかれることを気にしてしまう人というのは、心のどこかに“自分は昇進する価値がない”と思っているところがあるので、余計に悪口が気になってしまったり、悪口を言わせてしまっている現象を起こしてしまいます。

自分で、私は頑張ったのだから社内不倫は関係なく評価されるべき人間だと心の底から思っていると、自然と悪口を言われることが少なくなります。また悪口を言われたとしても気にならなくなります。

まずは、社内不倫が原因で昇進したと言われても、気にならない自分を作ると、もっといろんな良い事をひきよせられるようになったり、不倫相手の彼とうまくいくようになったりしてきます。

特に、社内不倫をしている人というのは、心の奥底では自分に自信がないという傾向がでているので、不倫相手の男性に自分の優れているところを教えてもらっってみてください。

例えば「頑張り屋のところ」と不倫相手の彼に言われた時に、とっさに「そんなことない」と言ってしまう人は、既に自分に自信がない証拠になります。

彼がいってくれたことを、自分で自分に受け入れてあげて、私は○○が上手な人なんだと毎日自分でも鏡に向かって笑顔でいえるようになると、自分に自信をつけることができるようになってきて、人からの悪口もだんだん気にならなくなります。