不倫男性が本当に愛人を愛している時の態度

ID-10099860

不倫男性が本当に愛人を愛している時というのは、愛人がもし「離婚をなんでしてくれないの?」といった時や、愛人がさみしいと言っている時などどのような態度をとるものなのでしょうか?

不倫男性が本当に愛人を愛している時の態度

愛人から責められた時の態度

本来、不倫関係において略奪をしたいと思ったら、不倫男性の事を「なんで離婚してくれないの?」と責めるという事はNGの行動に当たる。

けれどもすでに寂しさや不満などを愛人が不倫男性にぶちまけてしまったという人も多いので、今回は不倫男性が本当に愛人を愛している時というのは、愛人に責められたらどのような態度をとるのか?という事についてご紹介。

不倫男性が本当に愛人を愛している時というのは、愛人に「なんで離婚をしてくれないの」と愛人に責められたとき、本当につらそうにしていたり、申し訳なさそうな態度をとる。これは、不倫男性が抱えている罪悪感が原因。

罪悪感というのは、文字通り“申し訳ないことをしている”というような気持ちのあらわれになるのだが、どうでもいい人に対しては罪悪感というのは沸かない。例えば自分がもう捨てようかなと思っていたお皿を割ってしまってもなんとも思わないどころか?割れてラッキーくらいにしか思わないのではないだろうか?

でも自分が本当に、大事にしていて思い入れがあるような例えば母の形見というお皿だった場合というのは、“あぁなんてことをしてしまったのだろう”と罪悪感がわいてくる。

つまり、罪悪感がわくというのは、本当に愛しているからこそ沸く感情になるのだ。逆に不倫男性が愛人に対して遊びというようなときというのは、愛人に責められても申し訳なさそうな態度なんてとらずに、面倒くさいこの状況を早くおさめてSEXして帰りたいくらいにしか思わないので、比較的軽い態度になりやすい。

軽く甘い言葉を並べてなんとか愛人をなだめてそそくさとこの場を逃げたいというのが、不倫男性が本気で愛人を愛していないようなときの態度になる。

このまま彼のことを好きでいていいの?

自分の運命の人が今好きな彼なのか それとも別の人と結ばれる運命なのか 知りたくないですか?

いま好きな人なのか?別の人なのかいつ出会うのか? 教えてもらえます

自分の人生を無駄にしたくない そんな人は是非試してみてください

 家族VS愛人との時間の使い方

家族と愛人のどちらと多く時間をとっているか?というもの本気で愛しているか?という事を見分けるポイントにもなる

実際家族とはほとんど別居状態で一緒に暮らしているのは愛人という男性も多く存在している。それは子供が私立に通っていて片親になってしまうとまずいというような状態だったり、夫婦の間でどうしても離婚ができないような理由があり、けれども愛人を愛しているような状態になると、家族よりも愛人と過ごすようになってくる。

 どれだけの時間を家族と過ごしていて、どれだけの時間を愛人と過ごしているのか?その時間の使い方に不倫男性の本音表れる。

 以上が不倫男性が本当に愛人を愛している時の態度