不倫が一番つらいと愛人が感じる時期について

不倫の恋をしていると辛いですよね
そんな辛い気持ちを否定せずに
優しく受け止めてくれます。


こんなお悩みを持っている方はすぐにご相談ください

・自分がどうすればいいのか?よくわからない
・どうしても彼に離婚して欲しい
・とにかく今辛いのを何とかしてほしい
・彼から連絡がなくて不安
・彼がどう思っているのか?知りたい

無料相談する

ID-100363398

不倫が一番つらいと愛人が感じる時期が2年~3年だという。その理由は、恋愛という関係を続けていて次の新しい形について女性が考えたいと思う時期がちょうど2年を過ぎたあたりになる事が原因だ。

不倫が一番つらいと愛人が感じる時期について

2年を過ぎたあたりが愛人にとってこのまま一緒にいてもいいのか?別れた方がいいのか?という悩みを抱える時期になり、何年先でも不倫相手の彼と結婚できる可能性があるのならば、今のままでも良いと思えるのだが、不倫相手の彼から約束が欲しいと感じてしまうようになる。

妻とは離婚できないと宣言する男

その中でも、妻とは離婚できないと宣言する不倫男性というのは、『離婚できない』とはじめからはっきりといっているのだから、愛人は、離婚しない状態の俺を愛してくれていてそれでいいのだとうすうすは愛人の気持ちに気づきながらも気づかないフリをして、不倫をつづけているような状態だと思った方が良い。

けれども、愛人は妻とは離婚できないと言っている男の言葉をついつい都合のよいように解釈をしてしまい、「そうはいっていても、こんだけ私の事を好きといっているのだから、いつかは離婚をしてくれるのではないか?」と思ってしまいその思いが別れを決断させなくなってしまう。

『離婚はできないけれども、愛しているのは君だ』というように、離婚ができないという事を愛人にはっきりと宣言したうえで、甘い言葉をいってつなぎとめようとしてしまうのが不倫男性の特徴。

当然離婚の可能性も0ではないが、それは妻によるところが大きく、例えば妻が不倫に気づいて離婚という可能性もあるし、妻が家庭の事をきちんとしない事が理由で“妻”として機能していないから、不倫男性が離婚したいと思うようなケースが、「妻とは離婚できない」と宣言していても離婚するケースになり、妻が夫の不倫を許していたり、家庭の中で妻としてきちんと役割をはやしている場合というのは、離婚というのは、なかなか難しいのが現実だ

不倫がつらいと感じて一番別れが多くなる時期

もちろん独身同士の恋愛でも、付き合って2年~3年という時期は別れが多くなる時期でもあるのだが、不倫でもタイミングでの別れというのは増える。愛人の方が「離婚の話はどうなってるの?」としつこくせまった結果、不倫男性側が“面倒”とか“癒されない”と感じて別れに発展するという事もあるし、愛人が、このままの関係を続けていてもしょうがないと感じて思い切って別れを宣言するというのもこの時期。

ただ、愛人から別れを切り出した場合というのは、思い切って分かれても別れた途端に誰もいないという寂しさが襲ってきてまた戻ってしまうという事も多い。

不倫がつらいから愛人が幸せになる為に

このような場合、本当に愛人の人が幸せになる為にはどうすればいいのか?不倫をしている女性というのはずっと自分の気持ちを我慢してきてしまっていてどうしたいのか?という事も分かんなくなってしまっている。

まずは、自分の事を一番に大事にして、自分がどうしたいのか?という事を考える時間を設けてみる事が大事。その為には自分が毎日頑張っている事を自分で認めてあげて毎日5個自分の事を褒めるという事を繰り返してみる。

そうやってまずは自己肯定感を高めた時に本当の自分の気持ちに気づけるようになるのだ。

不倫がなぜつらいのか?自分にとって不倫のどういうところがつらいのか?という事を客観的にみてみるということも効果がある。