AB型の女性が不倫にはまった時の特徴

ID-100399066

血液型人間学を研究されている一般社団法人ヒューマンサイエンスABOセンターの市川千枝子さんにAB型の女性が不倫にはまった時の特徴についてお伺いをしてみました。

AB型の女性が不倫にはまった時の特徴

「AB型女性は、感情の泥沼に入るのを避けたがるので、不倫の関係が重苦しいムードになってくれば、自ら離れようとすることが多くなります。

ところが、お互いが丁度良い距離感を保ってつき合いが続いてしまうと、その状況を何となく維持してしまうということがあります。そもそもAB型女性はサバサバした付き合い方を好むので、”たまに来る恋人”を心地よく感じてしまったりもするのです。ただ、波乱がまったく起こらないというわけではありません。

AB型は普段はたいへん理性的で冷静なのですが、時折、情緒を取り乱すような不安定さも一面では持っているからです。特に、不倫にはまっている時などは、何かと悲劇的な気分に陥りやすいのが多くの女性側の気持ちですが、AB型女性においては、すっかりその気分に酔ってしまうことがあるのです。

そんな時は、相手も自分も混乱させ、収集がつかなくなることもあるかもしれません。

また、奥さんから奪ってまでという強い欲求はAB型自身には少ないのですが、相手に影響されたり引きずられたりして、結局ドロ沼劇を演じてしまうということは起こり得ます。」

AB型の不倫で悩む女性が成長するには

“不倫”という状況に置かれた以上、どの血液型の女性にも”ある覚悟”が必要だと思います。それは、相手から求める愛ではなく、ひたすら与え続ける愛に徹するということです。なぜかというと、”私はこんなに苦しいのに”と、フェアでない状況を考え始めると間違うからです。不倫はアンフェアな状態を承知でスタートしているのだということを忘れないで下さい。この先どのような展開になろうと相手や自分を決して責めることなく、そこから何を自分が得るのか、学ぶのか、この出逢いが人生にどんな意味をもたらすのかを理解する、ステップアップのチャンスだと受け取ることです」

AB型女性は、物事を理性的で公平に捉えることが得意なので、極端に偏った考えや方向に向かうことは少ないのです。ところがそのバランスの良さで、それなりに楽しく日々を通り過ごしてしまうので、気がついてみたら結婚もせずにこんな歳に?なんてことにもなります。

AB型女性にお勧めするのは、今一度、人生の全体計画を見直してみることです。

欲望に淡白なところがあるので、人生で絶対これが欲しいというのを見つけるのは難しいかもしれませんが、自分が何を与えることができるか?という問いには答えられるかもしれません。自分自身と改めて向き合うことで、より良い答えが見つかるのではないでしょうか。」

 というのが市川さんのお話でした。AB型の女性は、なんとなくその場その場で進んでしまう傾向に注意したほうがよさそうです


一般社団法人ヒューマンサイエンスABOセンター

ABOセンターは『血液型人間学』の提唱者能見正比古の研究を継承する研究センターです。血液型人間学のコミュニケーション術を活用するための活動を行っている。http://www.human-abo.org/