不倫で愛人が家庭に帰さなくした小技SEX

ID-10090848

不倫の関係で、最初は毎日家庭に帰っていた不倫相手の彼が気づいたら、愛人宅が基本的に住んでいる場所で、たまに自宅に帰るというような状態にまでなったという愛人が使っていた小技のSEXテクニックについて聞いてみた

愛人が家庭に帰さなくした小技SEX

基本的には男性の願望を叶えていくというところがポイント

 

男性の欲望!楽で気持ちいいを愛人が叶える

挿入のSEXをしていると男性は女性がイッてから自分がイクようにしないといけないとか、本当にイキそうになったら、外に出さなきゃなどと女よりも頭でいろいろと考えてしまう事が多い。

愛人で、実際に虜にしたSEXをしていた女性がやっていた事としては、たまには女性の身体には一切触ることなく、一方的にフェラだけで男性をイカせるという時を作っていたという。

男性にとって、何も考えずに射精ができて、仕事等で疲れているような状態でも身体を使わなくても良い状態というのは究極の快楽で、本当に気持ち良いと感じるようだ。

そして、男性が気を使って女性を触ろうとしても「今日は私はいいから」というように断って、徹底的に自分が奉仕をしていたそうだ。

 

不倫に効く秒殺!TENGAフェラ

男性が使うと1分以内でイってしまうという男性向けの一人HグッツのTENGAをご存じだろうか?このTENGAというのは、徹底的に男性の気持ちいいを研究されつくされている。

そこで、実際に不倫相手をメロメロにした愛人が行っていたことがこのTENGAの構造をなるべく研究して実際にマネたものだという。

 

さすがに、全く同じようにすることはできないのだが、TENGAを実際に買ってみて何本か指をいれてみて感触を確かめたり、さらには、HPなどで構造を研究してどのような口の動かし方をすれば、中の構造に近づけるか?という事を基本にして、実際に彼の反応をみながらフェラも徹底的に研究して、風俗嬢よりもフェラが上手だから風俗に行く必要がないと彼が思う事を目標にして、ひたすら研究をしていったという。

 

ただ早く手を動かすという事ではなく、吸い付くようなバキューム感を出してみたり、なるべく口と彼のモノが密着する部分を増やすように唇をすぼめて、さらに舌を動かすようにしてみたりと、とにかくフェラテクをTENGAの構造をみながら、どうすれば近づけるのか?男性のきもちいはなにか?という事を研究していったという。

 

不倫においては夫婦にとっての子供と同じくらいSEXが二人をつなぎとめるものになると言われているくらいにSEXが重要になるので、徹底的にテクを磨いていったそうだ。

愛人とSEXに関連する記事

【不倫】不倫相手が奥さんのもとに帰らなくなるSEXテクニック

【不倫】男性がこの行動をとったら離婚率が高い(前編)

不倫男性が不倫相手に会いたいと思えなくなってくる理由

【不倫】彼を奥さんから略奪するテク3-エッチ編-

【不倫】甘い言葉をささやいても家庭では良い父親!なのはこの男