不倫男性が長い間一緒にいたいと思う女性について

ID-10090841

全ての不倫の形を経験したからこそ、不倫男性の気持ちも不倫で悩める独身女性の心理も分かるテレビ番組等でも独自の恋愛哲学が『頼れる姉御』と話題の内野彩華さんに、不倫男性が長い間一緒にいたいと思う女性についてお伺いをしてみました。

不倫男性が長い間一緒にいたいと思う女性について

  • 不倫男性が一緒にいたいと思うポイントについて教えてください

「たとえ離婚ができなくても、不倫相手の女性と長い時間一緒に過ごすというような人ってたくさんいると思うので、必ずしも離婚して、不倫相手の彼と結婚だけが最終ゴールではないと思います。

愛人との間に子供をつくって、元の家庭と不倫相手の女性との家庭を半分ずついったりきたりしている男性もいるので、今の時代はいろんな形があると思います。

ただ長い目でみて、不倫男性というのは一緒にいて居心地の良い方と長い時間を過ごしていくという傾向があります。

不倫相手の彼が居心地が良いと思える空間を作るためには、まずは経済的な自立が大事です。やはり経済的に自立をして自分のお金で稼いでないと、どうしても不倫相手の彼に依存しようとしてしまうので、不倫相手の彼にとって居心地が悪くなってしまいます。

特に、不倫をする男性というのは家庭で、仕事で上手くいかなかったり、悩んでいる時に奥さんや子供が家でニコニコしているのをみると、この人達を養わなくてはいけないのだというように、大きなプレッシャーを感じてしまうのです。

そんな時に、不倫をして、外にいる不倫相手の女性が癒しになるのですが、不倫相手の女性は自分の気持ちを、不倫相手の彼に押し付けるのではなく、相手の事を理解して癒しのポジションになるという事が不倫相手の彼が一緒にいたいと思うようになるポイントです。

そんな状態にもかかわらず、不倫相手の女性の方が『あんたいつ奥さんと別れるのよ』というようにギャーギャー騒ぐと、不倫相手の女性のところも居場所が悪くなってしまって男性はまだ別の癒しになる女性を探してさまようことになります。それも不幸ですよね。」

  • 不倫相手の男性との子供との接し方で注意する事はあるでしょうか?

「不倫相手の彼と子供を作った場合も、たとえばお母さんはお父さんに何かしらの不満やイライラがあって、子供にお父さんの悪口を言ってしまうというような事があると思うのですが、それは絶対にしてはいけません。

お父さんの事を悪くいうと、子供にはお父さんの血が半分はいっているわけですが、自己否定が子供に生まれてしまいます。

お父さんがいかに素晴らしい人なのか?という風にお父さんを常にほめていると、子供もお父さんに対して尊敬を抱くようになり、不倫相手の彼が一緒にいて居心地がよい空間が作れるようになります。」

というのは内野さんのお話しでした。戸籍にこだわりすぎなくても、彼と一緒にいる事で、結婚をしている奥さんよりも幸せだと感じる事もあるようです。


内野彩華

内野彩華

キャバクラオーナー・恋愛コラムニスト

新宿・歌舞伎町のキャバクラ「クラブアップス」「アップスター」「ヴィキニ」のオーナー社長。津田塾大学情報数理学科在学中から銀座のクラブで働き、人気・売上ともにナンバーワンに。新卒で日本オラクル㈱に入社し、営業を経験。1年半でトップセールスになる。25歳で会社を辞め、歌舞伎町でキャバクラを開業。高校時代から恋人を切らしたことがなく高校時代で経験人数500人。「単一恋愛」も、2人以上同時進行の「複数恋愛」も経験。男も女もハッピーになれる独自の恋愛哲学には定評があり、メディアでも「頼れるお姉さま」として活躍。一方、これまでに約3万人の起業家・会社役員と接した経験から、<必ず結果を出す男>に共通する習慣を熟知。起業セミナーや経営者の為の講演会などでも活躍。一児のママ。

ブログ http://ameblo.jp/ups0625/ あれこれ無料恋占い「恋愛の達人」 http://uranai.arekore.co/?page_id=1063/