不倫で愛される女の土日や休日の過ごし方

ID-10058177

不倫関係で普通の恋愛と一番違うと感じるのは土日や休日の過ごし方ではないでしょうか?不倫相手の彼には、家庭もあって子供もいるのに私には何もなくてひとりぼっち・・・とせっかくの休日を過ごしていては、不倫で愛される女から遠ざかってしまいます。

土日を彼と会えない事の不満で自分をいっぱいにしてしまって過ごしていると、彼に会った時にその我慢と不満がにじみ出てしまって一緒にいる彼の方が負担になってしまうという事がその理由です。不倫だからこそ、土日や休日を愛される為に使えるように活用しましょう

不倫で愛される女の土日や休日の過ごし方

  •  こんな症状は不倫の末期状態

不倫で悩んで心が重くなってしまっていると、自然と服装が毎回同じような服装になっていたり、ヘアメイクにも力がはいらなくなってしまったりというような状態に陥りやすくなってしまっていて結果的にイメージがちょっと古いと感じるような服装になってしまっている人が多いのが不倫にはまっている人の特徴です。

まずは、最新のファッション雑誌を買って、今までとは違うファッションなどにもチャレンジをして新しい自分をみつけるドキドキを体験する事を意識してみましょう。

不倫で悩んでいると、とにかく安いお洋服ばかりを着てしまったり、自分に似合わないお洋服を着てしまうという傾向が強くでます。これは不倫が我慢が多く、不倫相手の彼が思うように行動してくれない事で、自分を自分で価値の低く感じてしまう事が原因になります。

彼と会う、彼を略奪するという事以外すべてがどうでもよいと感じてしまうような状態になってしまっていないでしょうか?そこまできたら既に不倫末期症状です。

そんな末期状態を脱出するのに特におすすめなのは、自分に似合う色やスタイルを教えてくれる講座に行くことです。パーソナルカラーや骨格診断というようなものをうけると、自分はどのような色の洋服や髪の毛の色、メイクが自分をよりよく見せる事ができるのか?という事を知る事ができます。

 このように、土日を自分を大切にするという事や、まずは外見で、新しい自分を発見するという事に費やすようにしてみましょう。その事で、一見関係ないように感じますが、自然と不倫相手にも自分で自分を大切にしていることが伝わり、不倫相手ももっと彼女を大切にしなくてはいけないというように意識をして、不倫相手の彼との関係にも変化が生まれてきます。

  • つらい気持ちをリセットする

断食道場というのをご存じですか?週末の金曜日から2泊とまってその間はプチ断食をするというような道場です。実は断食というのは、身体だけでなく心もリセットする作用があります。もちろん断食道場の多くは自然に囲まれた中にあるので森林浴によるリセット効果というのもあるのですが、食べ物を体にいれないというのは、思考を一度リセットする作用もあります。

土日は不倫相手の彼の事ばかりを考えてしまうという人は、一人でも気軽に参加できて、体も心もリセットできる断食道場はおススメです。週明けはすっきりした、顔で不倫相手の彼に会うことができます。

そのほか、おすすめのリセット術はカウンセリングです。カウンセリングというと敷居が高いと思ってしまう人が多いのですが、占いと同じような気軽な気持ちで、電話でのカウンセリングもやってくれるので、自分がいまつらいと思っていることについてお話しをしてみてください。

カウンセリングのおススメ→(http://www.counselingservice.jp/)こちらの神戸カウンセリングサービスのカウンセラーは技術がみな高く、つらいという気持ちから解放させてくれる方法まできちんと導いてくれるので、ただ話を聞くだけのカウンセリングよりもおすすめです

無料でお気に入りの先生がみつかるまで電話相談できるので、つらい土日を過ごしている人は心の解放に是非つかってみてください。

  • 新しい友達をつくる

不倫をしている女性は、学生時代の友達はみな結婚してしまったり、独身の友達がいたとしても、彼氏と休日は過ごすというような人が多く結果的に孤独になりがちな傾向があります。

みんな家庭があっていいなと一人自宅でFACEBOOKを眺めるような休日を過ごしてはいけません。そんな時は思い切って新しい友達をつくるようにしましょう。

今までの友達が、休日に会えないのならば休日に遊べる友達探しをしてみましょう。そのためには、新しい行動をとることが大事です。

特に趣味でつながるお友達というのは、不倫のつらさをまぎらわせてくれますので、自分がやってみたいことややっていて楽しいと感じるような事をまずは書き出してその中で、ネットで検索をしてみると、教室があったり趣味でつながる集まりがあったりというように、いろんな出会いが転がっているものなのです。

土日はこもっているよりもなるべくわいわいとにぎやかに過ごすように心がけた方が、彼といる時にも楽しく過ごすことができるようになります。