こんな不倫男性と付き合っていると将来後悔する可能性大!?

 ID-10084127

 不倫をしている多くの女性は、自分の将来に不安を抱えてしまっているのではないでしょうか?色んな不倫をしている男性とお話しする機会があるのですが、中でもずるくて自己中心的な思考の不倫男性のタイプ男性がいます。

さらにそんな相手と不倫している女性というのは、何年も不倫関係のまま時が流れて、40歳を過ぎた時に後悔するという事も多いようです。不倫をしていたことを将来的に後悔するのか?しないのか?というのは実際に不倫をしていた人の気持ちしだいではありますが、それでも将来的に後悔しやすい男性というのは存在しているのです。

今の不倫が将来後悔する事になるのか?不安に感じる人は不倫男性のタイプをチェックしてみてください。

付き合うと後悔しやすい不倫の相手のタイプについて

将来の後悔しないように心の準備が必要な不倫男性

「離婚はしないから」「子供は作れないよ」と事前に不倫男性の方からはっきりと愛人に対して言っているパターン。不倫男性ははこの台詞を言ったうえで、猛烈に不倫相手の女の子が自分から離れていかないように、甘い言葉をいったり優しくして彼女が離れられないようにしていきます。

そして彼らは、「自分はちゃんと彼女に離婚しない事も伝えていて、そのうえで一緒にいるのは彼女の選択だ」と大義名分な言い訳を自分自身にして、罪悪感を減らしています。

でも、彼女が自分から離れていかなくなるように、彼女が自分に依存をするように完全に仕向けているのです。依存の種類も、女性に「この人は私がいなくてはダメなんだ」と思わせるような依存のさせ方をします。自分が必要とされている満足感を愛人に与える事で不倫男性がいないと駄目なんだと思わせています。「家庭で居場所がない」「本当に安らぐのはお前のそばだけ」というような事を言う事が多いのが特徴です。

そして極め付けの台詞が「君の人生なんだから好きにしていいんだよ」と、依存させて離れられないようにしたうえで、口だけはこんなことをいいます。

 そうする事で、自分は結婚できない事も伝えて、好きにしていいとも伝えて、それでも一緒にいるのは彼女の意志だというのです。実際は心理的に離れなくさせているような状態です。

このタイプの不倫男性と付き合って将来後悔しない為には?

愛人である方が、本当に、彼と一緒にいられるなら、彼には家庭がちゃんとあって、自分は子供をうむことも、結婚もあきらめて孤独死すると腹をくくったうえで、彼といる事が幸せなら将来的に後悔することはありません。自分がそれで幸せなんだと心の底から思っている人は不倫を続けていても後悔する事はないでしょう。

けれども、今は離婚できないと言っていても、付き合っているうちに不倫相手の彼が本気になって、将来彼が離婚して自分と一緒になってくれるのではないか?という期待をして一緒にいるのだったら、上記の台詞がでてきている場合は、覚悟がないと不倫を続ける事で後悔してしまう可能性が高くなってしまいます。

不倫相手の彼は、愛人である彼女を離れられなくするように心理依存テクニックを上手く使っているので、そんなことを言われていも嫌いになれないし離れられないと思う女性は多いでしょう。

けれどもこの場合は不倫男性の事をとても好きなのだと錯覚をしてしまっていますが、実際は自分が必要とされていたり、愛されていたり甘えられる場所がある事に対する快楽である事も多いのが事実です。

まずは、自分で自分を褒める習慣をつけてみてください。毎日5個今日自分が頑張った事について褒めるという事を携帯のアプリの日記帳にささっとお風呂に入っている間に書き込むという程度でもOKです。

ちゃんと遅刻せずに会社にいけたとか、お風呂にちゃんと入れたとか

3ヶ月それを続けてみて、それでも変わらず彼の事が好きという時が本当の恋愛になります。不倫相手の彼が本当に好きなのか?執着なのか?もうわからない!と悩んでいる人は実際にためしてみてください

不倫が奥さんにバレた途端に音信不通男に後悔

不倫で付き合っている時は、「いつか離婚するから」「君といると本当に幸せ」などと、愛人の女の子が喜ぶような事をずっと言い続けていたのにも関わらず奥さんにバレたら、愛人の方から誘ったからとか、自分は悪くないなど、ころっと態度を変えてしまうという人がいます。挙句の果てに奥さんが愛人に慰謝料請求をしようが知らんぷり。

挙句の果てに愛人が連絡をしても、不倫男性は一切連絡をたってしまって音信普通になってしまうなんてこともあります。

こんな風になってしまったら、困ってしまいますよね。どういうタイプの人がこのように奥さんにバレた時に愛人のせいにしてしまうのか?というと、お金や時間にルーズで自分に甘いタイプです。

借金があるような人と付き合っている場合は、最終的に奥さんにバレた時に全部自分のせいにされて慰謝料を請求されることを最初から覚悟して付き合うことで、いざそうなった時の後悔が少なくなりますが、そんなことなかなかできないですよね。

借金があったり、自分に甘いなと感じる不倫男性と付き合う時は、もしかしたら最悪奥さんにバレた時は、音信不通になる事もあるんだなという事を頭の片隅にいれておくだけでもいざという時の後悔が少なくなります。

何も考えずに、ただ彼の言葉だけを信じていざ奥さんにバレて音信不通になった時の後悔はとてつもなく大きいものです。

社内不倫で仕事に影響してしまい後悔

社内不倫に対して厳しい罰則を与える会社があります。そのような会社にいた場合は不倫が周りにバレた途端に、周りに態度も冷たくなって会社に居づらくなってしまったり体よく左遷や退社をさせようとしてきます。

好きな会社を不倫が原因でやめなくてはいけなくなって後悔をしてしまうという事があります。厳しい会社に勤めている場合の社内不倫は仕事に関するリスクがあるので注意をしましょう。

以上のタイプが、不倫で女性が最終的に後悔しやすい男性のタイプですが、そのようになるという事を覚悟して付き合うという意気込みが、最終的に未来の自分の後悔を減らします。