不倫男性の心をつかむ嘘の上手な取り扱い方

不倫の恋をしていると辛いですよね
そんな辛い気持ちを否定せずに
優しく受け止めてくれます。


こんなお悩みを持っている方はすぐにご相談ください

・自分がどうすればいいのか?よくわからない
・どうしても彼に離婚して欲しい
・とにかく今辛いのを何とかしてほしい
・彼から連絡がなくて不安
・彼がどう思っているのか?知りたい

無料相談する

ID-100365312 

 不倫をしている男性というのは、女性が思っている以上に精神年齢が幼く、自己中心的な考え方をする人が多く、思ったより頼りにならない事が多いという事をどこかで腹をくくっておくことが、残念ながら上手く彼とやっていけるコツの一つでもある。

そんな彼のとの不倫関係において、よく起こる事が彼が嘘をついているという事に気づいてしまった時にどのように対処をするべきなのか?ここでは、不倫男性が精神年齢が幼く、自己中心的な考え方をする事が多いという事を念頭において、彼と関係を上手く続けていく為の彼の嘘の上手な取り扱い方について

不倫男性の心をつかむ嘘の上手な取り扱い方

こんな仕草は嘘をついている時に出やすい

普段あまりしゃべらないような彼が急に饒舌になったり、愛人である彼女の質問や問いかけに対して、急に身体を反らして手を後ろで組むなどは、嘘をついている時に出やすい行動。

特に、人間は感情を手によって表すことが多いため、自分があまり感情を悟られたくないようなときというのは、手を後ろに隠したり、ポケットにいれたりというような行動をとる傾向がある。

その他にも、気まずいと思ったときに、男性で多い行動はのどをさわるというような行動。このような行動は一般的に『なだめ行動』と呼ばれていて、嘘をついていて不安な自分を落ち着かせようとしている時に出やすい行動になる。

このような行動がでてきたり話していてもなんかつじつまが合わないなとか、彼の様子がおかしいななど明らかに嘘をついているという事がわかった時にどう対応するのがいいのか?

彼との関係を考える

まずは、自分が彼との関係をどうしたいのか?という事をきちんと考えた方がよい。例えば、彼の自己中心的な考え方や、嘘にはっと我に返って別れようと決意したという人がいる。このように思った人は、不倫をきっぱりやめてさっさと別の人との結婚の道を選ぶケースも多い。

またどうしても彼がよいと思い彼との関係を良好に続けたいと考える人は、決して彼の嘘を追及してはいけない。嘘をついているという事を彼に認めてほしくて、彼にもっと誠実な態度を求めたいという気持ちはとっても分かるが、追及したところで彼との関係は悪くなるだけで、よくはならない。

あくまで、自分ではなく彼が居心地が良いと感じるという事に注力しないと、関係は続かないので、その時はそっと別の会話をしたり、彼が話していて楽しいと感じるような会話に切り替える。

このように、不倫男性は頼りになるような事をいうようで、実際は自己中心的な行動をとったり、妻バレしたときに動揺して全く役に立たない何てこともよくあるので、その点は覚悟して付き合った方が何か起こった時に自分の後悔が少ない。

ポイントは彼に依存するのではなく、常に自分がどうしたいのか?という事を基準として行動をとる事。