【不倫】奥さんよりも愛される会話テクニック

ID-10077421

不倫に関係の時に、奥さんよりも愛されるには、どのようにすればいいのか?初めの半年程度は当然不倫相手の彼も、新鮮さと刺激があるので、何もしなくても愛人である彼女に夢中になるだろう。

身体とSEXだけでも、充分に楽しいと感じられるのが最初の半年。その後は何をするべきか?というとやはり大事なポイントは会話になる。そこで奥さんよりも愛される為の会話テクニックについて。

奥さんよりも愛される会話テクニック

相手の会話の意図を読み取る

不倫をしている男性が不倫している理由のひとつに”自分に注目して欲しい”という願望がある。本人は無意識であることが多いが、この願望を満たす為に不倫をしているといっても過言ではない。

不倫をしている男性の奥さんの多くは、旦那の話を聞くことがあまりなく、会話がないもしくは、奥さんが自分の話したい話や子供の話をしている事が多く、結果的に不倫男性が家庭で思う存分話を聞いてもらえるという機会がなくなる。

そこで、銀座のホステスも使っている会話テクニックとしては、自分の話したい事を話すのではなく、相手の話したい事を話させるというテクニック。

自分が話したい事を沢山話せて、相手が興味をもって聞いてくれたり、笑ってくれたりという時に、男性はこの娘と気が合うなと感じる事が多いという。もちろんこの事実も男性は、自分で自分の事を気づいてはいない。

会話を分解する

次からが高度なテクニックとなるが、彼の会話の中でどのキーワードが一番多く出てきているのか?彼はいったい何を話したいのか?という事を彼の会話に出てくる中で一番多く出てくるキーワードから推測をしてみる。

例えば

「このワイン知ってる?実はこれは希少なワインで・・・」というように

彼が話出すと、”ワイン”というキーワードが2回出てくる。

彼は、自分がワインについて知識がある事をお披露目ししたいという事が分かります。この次に彼が何をしたいのか?という事を考える。

彼がしたいことは何か?

彼はワインについて知識があることをお披露目して、愛人である彼女に”すごい”と尊敬されて、自分はすごい人間なんだという事を感じたいという事がゴールとなる。

ここでもし、このワインについて、

「あっ知ってる元カレが教えてくれた」

という事が事実だったとしても、それを口に出してしまえば、その瞬間に彼は自分がすごいという事を感じられなくなってし他の男が教えたなんてことは決して楽しくない。結果愛人といても楽しくないとう事になってしまう。

一例だが、時間は瞬間と瞬間の積み重ねになるので、彼にどれだけ一緒にいて楽しいと思える瞬間を提供できる会話ができるようになるか?という事が、基本的に男の人に愛される会話術となる。

このように、彼が喜ぶ会話を主体にして、話ができるようになる為には、愛人は彼に寄りかからなくても自分で自分の感情をリセットできるようにならなくてはいけない。彼に自分の愚痴をいつも聞いているような関係では、奥さんと同じ状態になってしまうという事を意識して彼との時間を過ごすと、彼の態度が自然と変わってくるようになる。