ベッキー不倫騒動からみる彼が本気になった理由

 ID-10049603

 ベッキーの不倫騒動が世間を賑わしていて、既に二人は別れたとも言われています。けれども不倫をしていて、奥さんにも、「大切な人ができた」と離婚をもちかえけさらには、不倫相手の彼が実家に愛人を連れていくというのは、男性にとっては間違いなくその瞬間は本気の恋だった可能性が高いでしょう。

今回の、報道されている事例をみながら、不倫相手の彼が本気になる理由などについて、検証をしてみます。

ベッキー不倫騒動からみる彼が本気になった理由

  1. 同じものを良いと思う

ゲスの極み乙女は作詞作曲をほぼ今回の騒動の中心である川谷絵音さんが担当しており、その音楽をベッキーが好きだったという事が、二人の距離が近づくきっかけだったといわれている。

当然、川谷さんも自分が良いと思うものをつくって、世に発表しているという事は、二人の感性は似ているという事になる。

このように、同じものを良いとおもうというのは、不倫相手の彼にとってこの人と一緒にいると居心地がよいとか、運命なのではないか?と思うようになるポイントのひとつになる。

  1. ブランド力

男性にとって一緒にいる女の子が“若い”とか“綺麗”とか、“有名人”となると、それだけで、周りの人間に“この男性は、こんな美人を連れているなんて、すごい力をもっているに違いない”と周りに思わせる事ができるので、今回奥さんは一般人となり愛人は、人気のタレントとなると人気のタレントを手に入れたいと思うのは仕方ない事。

特に、首都圏の出身よりも地方の出身のほうがブランド力や外見の力に弱い傾向があり、女性の職業や外見にこだわる傾向が強い。

  1. 期間

今回、報道では10月下旬に出会ってそこから一気に親密になったと報道されているが、その通りだとしたら、半年未満の最も略奪がしやすい期間に一気に勝負をかけた形になる。半年以内というのは、どの男性でも本気にあるスイッチをもっているので、略奪を真剣にかんがえるのであれば、この期間にどれだけ彼が行動するのか?という事は略奪のポイントとなることが多い。

  1. 不足原理の法則

長い間付き合っている奥さんとの間には、“キュン”とするようなlineのやりとりなんてなかなかされることがない。

それに対して、週刊誌で好評された二人のやりとりのlineは、何度も女の子のほうが“一緒に入れるだけで幸せ”を連呼する事で、男の人に“彼女を幸せにしている”という満足感や恋人同士の新鮮さを彼に与えている

このように、今回の騒動の中には、不倫で彼が本気になりやすい4つのポイントが表れていて、彼が本気なったのも当然のこと。本当に別れてしまっているのなら、彼も大きなショックを受けていることだと思う。