不倫で彼が奥さんより一緒にいたいと思う愛人はどんな人

ID-100364680

不倫をしている男性に取材を行い、奥さんよりも不倫相手と一緒にいたいと思うのはどんな時なのか?話をきいてみました。

不倫男性が奥さんより愛人と一緒にいたいと思う瞬間

・奥さんよりも一緒にいて居心地が良い

ダントツで一番多かったのは、家に帰ったときに、奥さんというのは自分の話したい愚痴ばかりや話を聞いていてもつまらないような話ばかりをしているが、愛人はにこにこしながら自分の話をきいてくれる時に一番一緒にいたいと思うという。

ただ、そうやってにこにこしながら自分の話をきいてくれていた愛人が『いつになったら離婚の話をしてくれるのよ』と奥さんと同じように、不倫をしている男性を責めだしたら、一緒にいても楽しいと思えないので別れようかなと思うという。

このように、愛人は不倫をしている男性にとって、仕事や家庭など日常からちょっと逃げ出して羽を休める場所である事が男性にとって一緒にいたいと思うポイント。

・SEXYな下着や服装をきている瞬間

不倫をしている男性にとって、不倫相手と奥さんと決定的に違うポイントというのは、愛人は“女”であって、妻は家族であるという点。

その為、奥さんがSEXYな下着をつけているとみたくない、気持ち悪いという気持ちになるという男性が多いが、愛人がSEXYな恰好や下着をきていると、めちゃくちゃテンションがあがるという。

特に、愛人に関しては非日常感を感じられるくらい過激なものをむしろつけてみてもらいたいというのが不倫相手の本音。

クリスマスなどのイベントごとには思いっきり恋人同士の演出をして楽しんでみて。