職場不倫で使える愛されテクニック

ID-10046974

起きている時間のほとんどを、同じ空間で過ごす職場不倫だからこそ使える愛されるテクニックをご紹介。

職場不倫だからこそ使える愛されテク

職場不倫ならではの一言

職場不倫相手の彼の欲求を一言で満たす

職場不倫をしている男性の強い欲求“承認欲求”をたった一言で満たす事が可能です。同じ職場で仕事をしていると、それだけ彼の知識と共有ができるものが多い事がその理由です。

『これからはA社ではなくB社が業界を牽引していく』みたいな業界の話や仕事の話をした時が奥さんと差がつく一言が言えるチャンス。『A社が3年後も業界トップだと思っていたわ』というように、職場不倫相手の彼の先見の明を褒めるような一言をいえば職場不倫の彼は大満足になります。

この時に、いくらあなたがキャリアウーマンだからといって、『そんな事知ってるわよ』と強く彼に対してでてしまったり、『A社が3年後もトップよ。あなたの論点には穴がある』なんて戦ってはいけない。かといって『へぇ』の一言で終わらしてもいけない。

相手の話を理解しつつ、職場不倫相手の彼の事を褒めるというような技術が必要。このようなテクニックは銀座のママ達もよく使うテクニックで、銀座のママ達が、色んなニュースは新聞などで知識を増やしているのは、男性に知識をひけらかすためではなく、相手がすごいという事をきちんと認めて褒めていますよという事をアピールする事ができる。

例えば、この場合は、A社が現在業界のTOPである事をそもそも知らないとこのような彼が求める会話という事ができなくなってしまう。元は社内結婚だとしても、現在奥さんが業界から引退しているような場合は、最新の業界情報の会話ができなくなっている可能性があるので、このように仕事関係で彼が承認欲求を求めてきた時というのは、奥さんと差がつく愛され会話ができる瞬間になる。

愛されない女というのは、真っ向から戦ってしまうか、ただ後ろをついていくか?二択のみしか男の人に対するコミュニケーション技術を持っていない事が原因で、結果いつも愛されないので注意した方がよい。

職場不倫の彼のプレッシャーを理解する

帰宅恐怖症というのを知っているだろうか?これは、男性が家に帰りたくないと思う現象になる。男性が自宅に帰りたくないというのは、実は奥さんが恐妻家だったり、家でひたすら妻が話すので心が休まらないというのが原因の一つでもある。

ただ実は職場不倫をしている男性本人は気づいていない大きなポイントがあるのだ。実は、家庭に帰って妻や子供の顔をみるとこの人たちを養わなくてはいけないんだという責任がプレッシャーに感じて、自宅に帰るのがつらいという深層心理がある。

その他には、男性は内の世界と外の世界をきっぱりわけていて、外の仕事のストレスを抱えたまま内の世界に入ってはいけないと思ってしまうというような傾向がある。

その結果、自宅に帰るのではなく外でそのストレスを癒そうとする傾向があるのだが、そのポジションに張り込めるのが職場不倫の愛人になる。なぜなら職場という外の世界を共有している以上外の人になるので、ストレスを抱えた時に家庭ではみせられない外の世界のストレスを、解消してあげるというような事ができるからだ。

このように職場不倫という立場を利用していけば、職場不倫ならではの愛され方を作ることができる。