不倫相手の彼に特別な女と思わせるテクニック

ID-100171587

不倫をしている場合、略奪したいと思ったら奥さんよりも愛人の方が“俺の事を分かっているな”と思わせる必要があります。

そうすることで、自分が、本当に一緒にいるべき女の人は妻よりも愛人なのではないか?と思うようになるからです。

不倫相手の彼に“俺の事を分かっているな”と思わせるテクニック

まず、美人の人というのは、どこいっても誰に会っても“美人”と褒められますよね。でも毎日誰かしらに“美人”と褒められていたら、会う人会う人みんなに同じ事を言われるようになるので、褒められているという感覚すらなくなってしまいます。

そんな中、“●●さんって美人なだけでなく努力家なんだね”と褒めるような人がいたらどうでしょう?いつも外見しかみてくれないと思っている人にとっては、『ちょっと他の人とはこの人は違うな!自分をみてくれているな』と感じるでしょう。

このように、彼の事をよくみてると、彼が周りからどのように思われているのか?そして彼はどこを見てほしいのか?という事が分かるようになります。

たとえば社内不倫で、いつも周りに調子のいいことをいって営業の成績を伸ばしているような口達者の彼の場合。当然周りからは、“あの人は調子がいいから”というような評価になるでしょう。

そんな中、『あなたは、いつも周りをきづかって明るくしつつも、人一倍努力しているよね』と言ってみる。

彼は、そんな風に他の人に言われることがないので、『こいつは他の人とは違うな』と思うようになります。

このように、不倫相手の彼が周りから思われているであろう評価にプラスして他の人がいわないであろう点を褒めると、不倫相手の彼はこいつだけは違うと思うようになります。