不倫を上手に続けるテクニック

ID-10070147

数々の不倫調査を行い調査結果だけでなく心理学を駆使して、依頼人の望む結末まで導くイケメン探偵として数々のメディアに話題の今野裕幸さんに、不倫を上手に続けるためのテクニックについて教えていただきました。

不倫を上手に続けるテクニック

奥さんに不倫を気づかせない配慮がポイント

 奥さんが旦那さんが同居している間に不倫をしているという証拠を持っていた場合は旦那さんの方から離婚を言いだせない。

奥さんが,不倫を疑うような時は、急に●●をしだした時で、急にお風呂にスマホを持ち出すようになった時、スマホの充電をする時に,急に裏返しにするようになった時などです。

 不倫を長く続かせたいと思ったら、愛人の方も不倫相手の男性にそういう事をさせない配慮が必要です。

なぜ男性がスマホを充電する時に裏返しにするようにするのか?急いでトイレにスマホを持って駆け込むのか?というと、愛人から連絡が来るか分からないと思ったり、愛人から連絡がきてすぐに返事を出してあげたいと思うから、このような行動をとります。

 逆に、愛人の女性の方から配慮をして、家に帰った時は絶対に連絡しないから、家に帰る時間を連絡してねと一言事前に言っておいて、彼から何時に帰るとか、これから家に帰るよというような連絡が来るようにしておいたら、彼は家庭でスマホをもってお風呂に入ったり、連絡きてあわててスマホを持ってトイレに駆け込むというようなことをしなくて済む。

結果怪しいと感じる行動も減ります。このように愛人の方も、不倫相手の家庭の中の事も気をつかってあげる事が、上手く不倫続かせられます。

彼の子供への愛情に嫉妬しない

彼の子供への愛情に嫉妬するよりも、彼との子供とは、たとえ略奪した後で、も仲良くできますよというスタンスをとっている人の方が、略奪をしている。

彼の子供への愛情に嫉妬して、「子供と遊んでないで私をかまって」というような事を言っていると不倫相手の彼は“この子は子供が嫌いなのかな?この愛人との将来はないな”と考えるような事が多いです。

愛人として、不倫をうまくいかせるためには色んな場面でゆとりが必要なようです


今野裕幸

素材4

“関係修復請負人” 総合探偵社スプラッシュ 代表 ・SPLASH 探偵学校 校長探偵の調査だけでなく、その調査結果をもって心理学を駆使して、クライアントの望む形にまで関係修復なども行う。テレビやラジオなどにも出演している。総合探偵社スプラッシュhttp://www.c-splash.com/TEL:0120-62-6463 ブログhttp://profile.ameba.jp/uwaki-splash/