独身女性の不倫の代償は存在するのか?

ID-100123588 

 不倫をしている人にとっては、将来どんな代償が発生するのか?不倫に悩んでいる独身女性にとって、不倫相手の彼と今後結ばれるのか?不倫相手の彼は本気なのか?と等も含めて将来に関しては不安に思っている人が多い。その中の一つは、やはり不倫の代償はどのようなものがあるのか?という事。

また不倫がばれた時には、どのような代償が発生するのか?という事に関しても不安に思っている人が多いので、今回は不倫が不倫相手の奥さんにバレた時やバレなかった場合に分けて、不倫を続けていて実際に起こった代償についてご紹介をします。

相手の奥さんにバレた場合の不倫の代償と奥さんにバレなかった場合の不倫の代償では内容が大きく違っていて、やはり相手の奥さんや会社など周りに不倫関係がバレた場合の代償の方が大きかったです。

不倫の代償の種類とケース

妻にバレた場合の不倫の代償

  • 慰謝料を支払った
  • 仕事をやめさせられた/支店や部署を変えさせられた
  • 彼と別れさせられた
  • 相手の奥さんから嫌がらせをされた

などがありました。慰謝料や仕事をやめさせられた事などは、容易に想像がつきます。相手の奥さんにされた嫌がらせというのが色んなものがあったので一部ご紹介

  • 数年後別の人と結婚する時にまで嫌がらせ

不倫が奥さんにバレた場合、先に不倫に誘ってきたのは旦那の方であり、旦那が浮気をするというのは、ほとんどの場合は奥さんに旦那が浮気をしてしまう原因がある事が多いのだが、その事はほとんど奥さんは認める事ができない。

自分は、こんなにも、家族の為に一生懸命に頑張ってきたのに、横から若い女の子がやってきて旦那事を誘惑したに違いないというような考え方をする人が多く、愛人である彼女がいなかったら自分の家庭は平穏だったのに、平穏だった家庭を壊されてしまった。あの女さえいなければこんなに悔しい思いをしなくて済んだのに!!というような感情になってしまう事が多い。

その結果、不倫相手の彼とは、奥さんにバレた時にきれいに別れたとしても、奥さんにとっては『私の家庭をめちゃくちゃにしたのに、自分だけ幸せになるのは許せない』という思いが強くなってしまって、将来何年か後に愛人の人が結婚が決まった時に婚約者や親に不倫をバラすというような行為にでてしまっていた奥さんがいた。

このようなタイプは、専業主婦が多く、家庭を自分のモノのように感じていて、家庭が自分の人生の全てというくらいの強い思いでいた人が多く、私のモノを壊したのに!夫を信用していた頃の幸せな気持ちに自分はもう戻れないのに、壊した人だけ幸せになるという事は許さないという怒りで満ちてしまう、これが、数年後にきちんと結婚が決まった時にまで幸せになろうとした時にまで響いた大きな不倫の代償になる。

このような事を回避するには、不倫がバレた時に自分も弁護士を雇ってその場できちんと清算をしておく、将来このような嫌がらせや追加の慰謝料をとろうとしたり、奥さん側からコンタクトをとろうとしないというような事を誓約書として残しておくと、このような数年後の不倫の代償を回避できる事もある。

不倫がバレた場合、奥さんから連絡が来る事も精神的ダメージにつながるので、すぐに代理人の弁護士をたてて、会社にばらすことによって社会的地位がおびやかされないように、慰謝料をなるべく減額してもらえるように、将来自分の身内や知人に嫌がらせや不倫の暴露などもしないという出来るだけ自分に有利になるように、対処をすると言う事が、不倫をしている独身女性が不倫の代償を最小限にする方法。

  • 奥さんのストーカー行為

不倫相手の奥さんがベランダの下でじっと雨の中こちらをみて立っていたとか、車で通勤中明らかに不倫相手の奥さんと思われる人がずっと車でついてきたというような奥さんのストーカー行為が不倫の代償としてありました。

このような場合は怖いですよね。すぐに不倫相手の彼に連絡をして対処をしてもらうという事が安心です。愛人に直接暴力をふるうというケースは少ないのですが、ドアをたたいたり、ガラスを割ったという人もいました。このように、明らかに器物破損になった場合は警察に連絡をしましょう。

実は違法行為に当たる妻の不倫に対する制裁

不倫をしていた愛人の人は、自分が悪い事をしてしまったという罪悪感が強いので、妻の嫌がらせに対しても泣き寝入りしてしまう人が多いのだが、実際は妻の仕返しの行動のうち、下記の様な行動は違法行為として、逆に訴える事ができる判例も存在している。

基本的には、不倫というのは、民事の契約違反には当たり、妻に対して慰謝料を払い弁償をするという事を求められているが、あくまで当事者間で完結させるべきものという考え方が基本的な裁判所の考え方になる。

その為下記の様な行為を名誉棄損などの違法という判決を下した例があることも踏まえ、不倫をした愛人側の人も弁護士を雇って表に立ってもらった方が良い事が多い。

  • 愛人の両親に不倫の事実をバラす
  • 愛人の会社や不倫男性の会社に不倫の事実をバラす
  • 将来的に婚約者に不倫の事実をバラす

妻にバレない場合の不倫の代償

妻にバレない場合の不倫の代償では、どのようなものがあるのでしょうか?今回、調査した結果であがってきた不倫の代償で独身女性が被った妻にバレない場合の不倫の代償は下記のとおり

  • 不倫男性より良いと思える人がいない
  • 不倫男性に会うのがつらくて会社を辞めた
  • 不倫男性をひきずって他の人と恋ができない

このように、妻にバレた場合の不倫の代償は、金銭や仕事や将来の結婚など物理的な代償が多いのですが、奥さんに不倫がバレていない場合というのは、どちらかというと心理的ダメージのモノが多い事が特徴です。

不倫男性より良いと思える人がいないという不倫の代償

不倫をしていた時の男性よりもいい人がいないと感じてしまう心理的な代償について、不倫男性というのは、既婚であるというデメリットを自分で分かっている為、既婚というデメリットを、持っていても、付き合ってくれる愛人に対して、不倫相手が文句をいっても言い返すことができないという心理があります。

つまり、不倫相手の彼は愛人に対して基本的に罪悪感があるので、特別に優しく甘く愛人の女性が喜ぶような事を演出するのです。けれども、独身男性というのは、当然既婚男性のように罪悪感がないので、その分既婚者と同じように過度に甘い言葉をいったり、優しくしたりという事をしませんので、物足りなく感じます。

また不倫の場合は、とびっきり甘い言葉を言われてロマンティックな気分になってみたり、せっかくの長期休みなのに不倫相手の彼が家族旅行にでかけたりというような、感情のアップダウンが激しく、ジェットコースターのようなスピード感のある恋愛になります。

その分刺激が強いので、脳がそれだけ不倫相手の彼の事が好きなんだと錯覚をしてしまって、その後独身男性と付き合っても物足りないと感じてしまう事が多くあります。

幸せというものは、ジェットコースターのようにアップダウンするものではないという事を認識していれば、このような不倫の代償を支払うという事はありません。

また、不倫相手のわがままに対しても聞いてあげる事で恋愛感覚を楽しんでいるという面があったり、奥さんに毎日文句ばかり言われているので、女のヒステリックにも動じないなどの余裕も見られることが多く、そういった不倫男性に慣れてしまうと。独身の女性の中には、その後独身男性と出会っても物足りないと感じる人が多いようです。

不倫男性を引きずってしまう不倫の代償

不倫男性の事を引きずってしまうという不倫の代償についてですが、実はこれは不倫というのが特別な恋愛形態になり、それだけ特別な恋だと錯覚しやすいという事が原因としてあげられます。

さらに、不倫中に我慢をしすぎてしまって、自分がその恋に対して100%燃焼しきれないので、結果的に不完全燃焼となってしまい不倫の恋をひきずりやすくなってしまいます。

不倫の恋を引きずっている時は、全ては脳の錯覚であるという事をしると気持ちがらくになり、不倫男性をひきずる不倫の代償を支払わなくてよくなります。

以上が不倫をしていた独身女性がはらった不倫の代償の多いものになります。