【不倫】男性の●●を上手く扱う女性は男性が会いたくなる

ID-10035354

女性が思っているよりも、実は男性の方が社会で常にどっちが上なのか?下なのか?というような上下関係に敏感で、戦いながら毎日を過ごしている。

その結果●●をうまく扱ってくれる女性に男性は弱い。それは


不倫で男性が会いたくなるのは弱味を受け入れてくれる女性

これは実際の弱点というよりも、男の人が自覚して気にしているポイントをうまく扱ってくれるような女性に安心して男性は心を開くことができ、結果的にその人のもとに、帰りたいと思ってしまうようになる。

これはもちろん独身同志でも使えるテクニックになるが、実は不倫の場合奥さんは、特にこの男性の弱味を攻撃しているケースが多いので不倫の方が、奥さんと差をつけるためにも使えるテクニックになる。

多いものだと、学歴コンプレックスがある

女性よりも、男性の方が学歴コンプレックス者が多く、話をしていても「東大にいくやつはバカ」などと強い口調でけなすか、「自分は無名大学だから・・・」と大学や高校の話になった時に途端に口を開かなくなるなど、比較的顕著に分かりやすい例になる。

こんな時、奥さんはそのことを自然と理解していて、旦那さんが自分の思い通りにならないと、旦那さんの弱味を攻撃する方向に出ることがおおい。

たとえば「あんたなんて安月給で三流大学出身のくせに」というような言い方だ。奥さんも本当は自分の事を分かってほしいだけなのに、わかってくれない彼に対して怒りを感じてしまい、結果的に攻撃という形になってしまうのだ。

結果旦那さんは奥さんがいる自宅に帰るのが苦痛になってくる

あえて彼がコンプレックスに感じていることを指摘せずに、何かの会話のついでで「中卒でも成功者いっぱいいるわよね」というような話をhしてあげると、彼は安心して愛人の方によってくる

このように、男性のプライドというのは、女性の想像を絶する高さなので、弱味を指摘せずに包める包容力がある女に男は寄っていく習性がある。


【不倫で男性が会いたくなる女性の関連記事】

【不倫】彼の方から会いたくなる女になる会話力

追いかけなくても彼が自然と会いたくなる充電器型レディーになる方法【前編】

【不倫】彼が会いたい女になる為に捨てるべきモノ

【不倫】彼が家庭に帰らなくなったSEXテクニック