考え直した方がよい不倫の見分け方

ID-100116587 (1)

不倫相手の彼と付き合っていて、毎日つらいと思っているけれども、好きだから別れられないと思っている人。

実は、“好き”ではない場合があります。

下記に当てはまる人は、実は彼のことが好きなのではなく、ただの恋愛依存の可能性があるので、トレーニングをしてみてください。

今までとは、世界が変わりますよ

考え直した方がよい不倫の見分け方

  1. 不倫相手の彼のことがかわいそうだと思う

家庭で彼が居場所がないとか、奥さんの実家のそばでつらいとかなんだかんだと彼が同情をひくような事をいって女性をつなぎとめることがあります。

このように、不倫相手の彼が言っていた場合、あなたの心の中に『彼には私がいなくてはかわいそう』という思いはないでしょうか?

実際彼の不倫でつらい思いをしているのは、あなた自身なのにもかかわらずそれを飛び越えて彼がかわいそうだから私がそばにいないと・・・。と思ってしまうのは、恋愛依存症の傾向でもあります。

  1. 寂しいから別れられない

誰もいなくて一人で過ごすくらいだったら、女として枯れないようにそばにいてくれる方がいいと思ってしまう人。

このタイプの人も、一人の自分に価値を感じていられないので、そばにいて『愛してくれる』といってくれる男の人がいてはじめて、自分にそれだけの価値があると思って安心している傾向があります。

  1. 彼がいないときはとにかくつらい

「愛しているなら夜中でもとんできてほしい。私がつらいときはすぐにきてほしい」そのように感じてしまって、彼がそばにいないときはとにかくつらいというのは、恋愛依存症の典型でもあります。

以上の3つのタイプにはまっている人は、つらい思いまでして彼と付き合っているので彼がすきなのかと思いきや実はただの恋愛依存の可能性が高いです。

1ヶ月間、毎日スマホの日記帳に自分をほめることを5個書きつづけてみてください。それでも彼と一緒にいたいと思ったときは本当の恋愛ですが、ふと世界がかわって冷めたときは実はただの恋愛依存だった可能性が高いのです。

まずは自己肯定感を高めるトレーニングを徹底的にしてみて判断をしてください