【不倫】愛されない女が溜め込んでしまいやすいモノ

ID-100156149

不倫関係の状態で、自分が独身で相手が既婚者の場合、いつ彼から連絡が来てもいいように彼のことばかりを考えてスタンバっていて他の友達との約束もそぞろになってしまうというような女の子は愛される為に頑張っているのに、愛されないことが多い。

なぜなら、我慢すれば報われるという日本昔話のようなお母さんから言い聞かされた呪縛に取り付かれていて、自分が我慢をすれば彼に大事にしてもらえると思ったら大間違いで、恋愛の世界においては下記が一般的な傾向だ

一緒にいない時に我慢しない、彼に関わらずに自由にしている方が愛される

もちろん一緒にいる時にはちょっとイラっとしてもすぐに口に出さないで我慢した方がいい瞬間がたくさんあるし、一緒にいない時に不安だからといって彼に鬼電なんかをしてはいけない。一緒にいる時以外は彼のことを忘れて自由に過ごしている女の子の方が愛されるし、追いかけられる事が多いという意味になる

そして、この我慢が積み重なった結果、女の子というのは子供と自分の安全を確保する為に一度ネガティブで嫌な思いをすると、ネガティブな感情を忘れないように思い出すようにできている。

その為、彼と一緒にいない時にもいつも彼を優先するように我慢していたのにも、関わらず彼の態度が冷たい、自分が思い描いていたとおりに愛されないというネガティブな感情を溜め込んでしまうと、口に出さなくても一緒にいる彼にネガティブな雰囲気が伝わってしまいどんどん愛されない女になってしまう。

まずは、彼と一緒にいないときは彼のことを忘れて、自分の将来設計や自分の楽しいということを行い、自分で自分の心を幸せにして、不満に思ったりつらいと思うようなことを自分で消化できるようになるだけで、彼に愛されるようになる。