彼と別れずに不倫疲れがなくなる方法

ID-100149511

不倫の関係を続けていると、不倫疲れと呼ばれるように、心がどんよりと重くつらいと感じてしまうようになる人がいる。

本来恋愛は、自分が好きだなと思うような人と一緒に時間を過ごせて幸せなはずなのに、不倫となると、独身同士の恋愛よりも制限が多かったり、他人に喜ばれにくい恋愛だったりと、感情のアップダウンが通常の恋愛よりも激しくて疲れやすい。

さらには、辛いので別れなきゃと考え出す頭と、好きだから別れられないと思う心と、一人の自分の中で二人の相反する考えと感情が生まれてしまうことも、不倫疲れが起こる原因になる。

こんな困った不倫疲れをすぐに不倫相手の彼と別れずに治すにはどのようにすればいいのだろうか?今回は不倫相手の彼と別れることなく、不倫疲れを直す方法についてご紹介をします。

不倫疲れを直す方法

まずは、別れなきゃと思う事をやめる事が大事。先ほどいったとおり、好きなのに不倫だからと言って無理やり不倫相手の彼と別れなくてはと思う必要はない。不倫相手の彼と別れなくてはと思う事が、不倫疲れを強くしてしまう。好きな間は別れなくてよいというルールをまずは自分に作ってみよう

不倫疲れを直すには不倫が必要な自分を受け入れる

不倫とよばれるような恋愛形態だったとしても、いまのあなたにとってその恋愛が必要なものなんだということをまずは受け入れてあげる事が少し楽になる一歩。好きなのにダメと自分で自分を否定する事が不倫疲れを起こしてしまうからだ。

不倫が必要な理由というのは、人それぞれなので、例えば仕事しかなくて寂しかったから癒してほしいとか、他に誰もいなかったからとか、前からあこがれていたからなど今のあなたにとって不倫が必要だから不倫をしているという事に気づいてあげよう。

そして、仕事が忙しくて寂しかったから不倫する自分というのは、甘えではない。不倫疲れを起こしてしまうしっかりものの人ほど、自分に厳しく自分を受け入れる事ができずに、そんな甘えは許さないと自分で自分を律してしまう傾向がある。甘えではなくて、たまたま必要だから起こっているという事実をしっかりと受け入れてあげよう。

今の私には必要だから別れなくていいんだとまずは受け入れてあげることで、ひとつ別れなきゃと思っている自分と、別れられないと思う反対の感情の中で疲れるという状態から解放されてあげよう。

不倫相手の彼に感謝をすると疲れない

不倫疲れを起こしてしまう人は、「なんでもっと連絡くれないの?」「私の事を愛していないんでしょ」「なんで離婚してくれないの」などというように、不倫相手の彼に自分の事を愛していると思えるような行動をとってもえらなくてイライラしてしまう事が不倫疲れの原因にもなる。自分が愛されていないんじゃないか?という不安と、不倫相手の彼が甘い言葉をささやいてくれたり、優しくしてくれることの高揚感があり、このアップダウンの激しさが不倫疲れを起こす原因。

これを直すためには、不倫相手の彼の自分が愛されているような気がしないようなところばかりに焦点を合わせるのではなくて、やってくれている自分が愛されていると思えるところを毎日探してみよう。

LINEでメッセージをくれたとか、わざわざ時間を作って会いに来てくれたとか彼が自分に対してやってくれること、自分を幸せにしれくれることに対してまずは感謝をする思考の癖をつけてみよう。

あれもしてくれないこれもしてくれないではなく、あれもしてくれたこれもしてくれたというような感謝の気持ちで心をいっぱいにすると疲れなくなる。けれども、彼がやってくれたことに焦点を合わせるようにすると自然と心が満たされて辛いと思う感情がなくなってくる。不倫疲れが起こってしまう理由の中には、彼がやってくれない事ばかりに注目をしてしまって、自分が愛されていないんじゃないか?自分の事をもっと大切にしてほしいという不満こそが不倫疲れの根本でもある。それをなくしてしまえば不倫疲れはなくなります

相手に求めない事で不倫疲れをなくす

不倫疲れを起こしてしまう人というのは、いつも相手に自分を幸せにしてもらう事ばかりを考えてしまって、自分で自分を幸せにすることができない。また普段から自分の感性ではなく、自分を抑えているので、自分の感情に素直に生きるという事も上手ではない。

さらには、相手から求められて初めて自分の価値を感じられるので、相手が自分を求めてくれない時の虚しさや寂しささらにはそれに気づかずに怒りとなってでてきてしまうので不倫疲れを起こしてしまう。相手に求めないで自分で自分を幸せにするというのはとても困難なことではあるが、まずは自分が彼以外で何をしている時に幸せだと感じる事ができるのか?自分がちょっとでも心がわくわくする瞬間は一体何か?というものを感じるようにしよう。

最低10個は自分の心が時めくものが思い浮かぶようにすると、少しずつ不倫疲れを改善されるようになる。

【不倫疲れ関連記事】