【不倫】不倫相手が奥さんのもとに帰らなくなるSEX(セックス)テクニック

ID-10090792

奥さんから略奪を試みるためには、奥さんと同じように毎回同じパターンのセックスになってしまっては、数年でやはり同じように飽きられてしまう。とにかく飽きられるという事が不倫においては一番の危機になる。

だいたい、2年~3年ぐらいが不倫の場合は飽きられやすくなるタイミングとも言われているが、そんな中、不倫相手の彼がまったく奥さんのもとに帰らなくなってかれこれ15年なんていう女の人もいる。

 彼が奥さんのもとに帰らなくなった人が実践!興奮SEX(セックス)テク

15年も不倫で愛され続けている女性は、実年齢よりも20歳くらい若くみえるし、立っているだけでSEXYさや色気が漂っていて、女性は漂っていて、奥さんよりも生物として不倫相手の彼がオスとして好むであろうフェロモンの雰囲気を存分に出していた。そんな人が実際に努力している不倫セックステクは下記のとおり

AVビデオをみて男性が興奮する不倫セックスとは何かを知る

やはり、男性を興奮させるためにつくられたものというのは、男性が喜ぶような要素がたくさんつまっている。特に男性は、SEXにおいて視覚の要素が興奮する要素が大きいので、不倫相手へのSEX中の視覚的見せ方というのは、AVビデオはとても勉強になる。

AVビデオを、とにかくたくさんみて、男の人が喜ぶ不倫のSEX何か?ということをしっかり勉強をしていて、決して不倫相手の彼がやることをただ受け身になっているだけではないというところが大きな特徴だ。AVビデオを多数みていく中で、いろいろ実際に不倫相手の彼とセックスするときに、AVの要素を試してみて彼が喜ぶものは何か?彼が何を好きなのか?どこが弱いのか?というように彼カスタマイズを怠っていないというところが特徴。

つまり、AVビデオから男性が全体的に好きなものや男性が興奮する表情、角度や言葉や行動というものを分析して、それを試してみた結果、不倫相手の彼が実際に、どんなことに喜んだか?というところから不倫相手の彼が喜ぶセックスというのを独自につくっていって、不倫相手の彼が究極に興奮するセックスをすることで、他の女性では絶対にマネができないセックスの技を磨いていって、奥さんとも差別化し、ほかにいた愛人もはねのけていった。

特に、男性は視覚的な興奮が強い生き物でもあるので、AVビデオの表情や仕草というのは勉強になるという。

とはいえ、AVビデオの中には、女性である自分が嫌だと思うようなものもあり、そういうものはやらずに、自分自身も心から楽しめるものという事を意識しているという。やはりセックスを女性も心から楽しんで積極的にやるという事が、不倫では一番大事なポイントになるとのこと。

夫婦では、関係が多少冷めても、子供が二人の事をつなぐのと同じように、不倫の場合は、多少新鮮さがなくなったとしても、他の人には真似できないくらい不倫相手の彼をとろけさせるセックスをすることが彼との関係をきれなくするコツでもある。

このまま彼のことを好きでいていいの?

自分の運命の人が今好きな彼なのか それとも別の人と結ばれる運命なのか 知りたくないですか?

いま好きな人なのか?別の人なのかいつ出会うのか? 教えてもらえます

自分の人生を無駄にしたくない そんな人は是非試してみてください

不倫相手とのセックスで毎回反応やテクを変える

不倫相手の彼とのセックスにおいて、一番の敵は“飽き”。毎回同じ反応同じシチュエーションでのセックスを繰り返してしまっていると、だいたい2年で飽きてセックスレスになってしまう。そこで色んなシチュエーション等をおりまぜたり、時にはS、時にはMというように一人で何役もこなせるように毎回変えるということを大事にしていて、飽きさせないセックスというのを意識していた。

また一番駄目な不倫のSEXは、不倫相手彼のされるがままの受身の状態を何年も続けるという事で、これをやっていると、半年で飽きられやすくなるという。不倫相手の彼にとって7割はいつも通りの安定のセックスで2割はちょっと意外性があるようなドキっとさせるセックスを心がけている。

反応やテクだけでなく、不倫SEXをする場所も自分の家ばかりでなく、ホテルにしてみたりコスプレをしてみたり、ものすごく過激な下着をつけてみたり、エッセンス的におもちゃをつかってみたりなどなど不倫SEXならではの非日常感を演出して、不倫相手の彼を飽きさせないような工夫を常に考えていた。また奥さんにはできない愛人だからこそできる事についても考えていた。

家族になってしまった奥さんにはなかなか不倫相手の彼を興奮させることができないが、家族でない女性だからこそ不倫相手の彼を興奮させることができる。

例えば奥さんが過激な下着を着ていると、自分の母親が過激な下着を着ているのをみているような気分になるという男性に対して、愛人が過激な下着を着ているとそれだけで不倫相手の彼は興奮するという。このようにSEXYさというのは愛人にとって武器になるのだ。愛人たるもの、常に”女”でなくてはいけない。

これが妻よりも大変なところだ。妻は女でいなくても妻というポジションを確保できるが、愛人は”女”でい続けなくては、不倫相手の彼との関係が切れてしまう。そして”女”でい続けるには、常にどこか新鮮さを残していないと男の人にとって”女”であり続けることがむずかしくなる。

実際に、不倫相手の彼を奥さんの元に帰さなくするほどSEXテクニックを磨いた人は、コスプレ衣装などもたくさん持っていて、不倫相手の彼がドアを開けた瞬間に興奮させるような雰囲気作りに励んでいた。そうすると、不倫相手の彼も奥さんといるよりも愛人といた方が楽しいと思ってもらえる。

不倫相手を興奮させるBODY作り

女性は、生殖可能の時期に肌や髪がつやつやになり、ウェストも細くなる。つまり髪と肌に艶があり、ウエストをしぼっているとそれだけで男の人を興奮させる身体であることをアピールすることができる。そのためまずは、肌の艶や髪の艶を常に保って、ウエストをしぼっていることが、不倫相手の彼が彼女をみるだけで興奮して、SEXをしたいと思うようになるのだ。

特に洋服を着ている時は、ベルトやコルセットでウエストを細く見せていたが、実際に裸になったらがっかりというような状態にならないように普段からウエストは細くさせる努力をしておこう。

全体的にぽっちゃりだったとしても、ウエストだけ細くくびれていれば、男性はオスとして興奮するようにインプットされています。

また不倫SEXにおいて不倫相手の彼が自分の身体を触った時にモチっと吸い付くような触感の肌にするという事も子供の世話と家事でがさがさになっている妻に差をつけられるポイント。時間もお金も自分にたっぷりかけられるというところが妻と大きく差をつけられるのも愛人にとって有利

妻が着ていたら見たくもないようなSEXYな下着も愛人が着ていたら大興奮するという男性が多数存在している。

以上が不倫相手の彼を奥さんの元に帰らせなくした女性が行っていたSEXテクニック。セックスレスが原因で浮気をしだしたという男性もいるので、SEXテクニックを磨くと、奥さんよりも不倫男性が良いとおもっているポイントを磨くことにつながる