不倫が辛く感じてしまった時の解決法

1b9276f39e1aead3e09168dcad351879_s

不倫は、ただ楽しいばかりではない、時間がたち、彼の事を好きになればなるほどむしろ苦しみの方が多くなりがちな恋愛です。

 ライトな気持ちで不倫をエンジョイしている人も中にはいるでしょうが、

ライトな気持ちの不倫が終わったあとに残るのはきっと、虚しさだけではないでしょうか。

本気で愛した人が、たまたま既婚者だった場合、

人は理性で自分の気持ちを抑えようとします。

それが片思いだったなら、まだ気持ちを抑え込む事もできるでしょう。

けれど、相手も同じように、自分を求めていた時は、自分の気持ちを抑えられる人なんていません。

不倫をしている独身女性の多くは、孤独になりがちです。

もちろん、彼と一緒にいるときはこの上なく幸せ。

だけど、そんな時間はあっという間に過ぎていきます。

クリスマス、バレンタイン、彼の誕生日、あなたはひとりです。

その寂しさを、友だちに相談することも出来ません。

不倫をしている独身女性の多くが、様々な理由で自分を責めてしまいます。

社会的に許されないことをしてしまった。

相手の家庭を壊してしまった。

子どもさんから父親を奪っているのでは?

自分はなんて事をしてしまったんだろうと、自己嫌悪を繰り返し…

あなたはこれまで、人一倍真面目なタイプの女性ではありませんでしたか?

不倫は、真面目な人ほど真剣に恋をし、真面目だからこそ、自分を責めてしまうのです。

けれもど、人を好きになるのは素敵な事なのです。

不倫がつらくなってしまう理由の一つが、自分を責めてしまうことです。

自分を責めるのをやめれば、少し楽になることができます。

あその二人が出逢い、磁石が引き合うように吸い寄せられてしまった。

これは、本当に奇跡のようなことなのです。

 あなたは人を愛しただけなので、自分をそこまで責めることもないのです。

国が変わればごく当たり前の、ひとつの愛のカタチなのです。

この恋を続けるにしても、やめるにしても、

誰かを命懸けで愛した事実は永遠に消えません。

そして、あなたが今感じている痛みや苦しみは、あなたに人としての深みを与えてくれるものになるので、もう少し自分で自分を甘やかしてあげる事も大事なのではないでしょうか?