【不倫】失恋したときの立ち直り方

ID-100138639

不倫で失恋してしまった時、今まで優しかった彼が突然いなくなってしまい大変つらい思いをすることが多い。

特に不倫の場合相手の既婚男性が独身男性よりも優しい人が多く、彼以上の人はいないと思ってしまったり、奥さんにバレてお互い好きなのに別れることになってしまったケースもあり、独身同志の失恋よりも辛くなってしまう事が多い

不倫失恋から立ち直る方法

①落ち込むことを自分で許す

人間というのは、禁止されればされるほど欲しくなってしまう傾向にある。その為自分で落ち込むことを禁止してしまうと、もっと彼の事が欲しくなってしまうので、まずは落ち込んだり彼の事を思い出すことを自分に許して、思いっきり自分の感情をそとに出すようにしていく

②自分を決してせめてはいけない

自分がもっとこうすれば、彼は去っていかなかったかもしれないというように自分を決して責めないようにしよう。

自分で自分を責めてしまうと無価値観が増幅してしまい、よけいに失った恋への執着が起こりやすくなってしまう。むしろ自分はこの恋に対して頑張ったと自分で自分をほめてあげた方が、つらい気持ちから脱出できる

③彼と付き合ってて嫌だったことを書き出す

彼をうしなったとたん彼と付き合っていてよかったことばかりを考えてしまうが、実際は付き合っていて嫌だったことも多かったはず。

その付き合っている時に感じた嫌なことを思い出して、彼と別れてよかったとおもえるようにする。

④次に付き合うとしたらどんな人がよいか?書き出す

彼の嫌だったところもカバーできて、彼の良かったところももっているような理想の彼の条件を箇条書きにして、書き出してみよう

このように一気に元気なろうとせずに階段をのぼるように、失恋から時間をかけてじぶんを癒してあげることで、辛い時間から脱出できる


【不倫失恋の関連記事】

不倫で失恋してしまった時に復縁する方法