不倫を成就させた人が実際にやった事

ID-100232637

不倫という関係は、付き合っていて恋人同士だったとしても、独身同士の恋愛よりも時間が、自由にならなかったり、会いたい時に会えなかったりという事や自分の彼氏が、奥さんと一緒に暮らしているのを我慢しなくてはならないなど、普通の恋愛よりも甘くて楽しいという部分もありながら、実際は辛い事も多いのが不倫の恋になります。そんな不倫の恋を成就させて略奪愛をした人々も実際は数多くいます。

そんな実際に不倫を成就させた人がやった事の中で多かったものをご紹介させていただきます。

不倫を成就させた人が実際にやった事

彼に対して離婚を急かさない人が離婚を成就する

不倫相手の彼がいつまでたっても離婚の話を妻に伝えずに、離婚に対して進まずにイライラしてしまう人も多いと思いますが、まずは自分に置き換えて考えてみてください。自分が、やらなきゃと思いながらもできていない事を、会うたびに責めるような人に会いたいと思えるでしょうか?また人によっては、何か理由があって離婚に向けた話し合いができないような状態なのかもしれません。本当の事というのは、その夫婦にしかわからない事が多いのです。

そんな状態の彼に対して『いつ離婚するの?なんで離婚してくれないの?』というように、既婚の彼のことを責めてしまうと、彼にとっては自分を信頼してもらえていないと考えてしまうのと、会うたびに自分が駄目な人間なんだという事を見せつけられているような気持になるので、不倫を成就させる事から遠ざかってしまうどころか、不倫男性は、面倒だなと感じてだんだん愛人にも会わなくなってしまうようになるのです。

自分のことを毎回、駄目だしする人と会うことは苦痛と感じませんんか?たとえ最初は、どんなに好きと思っていてもやはりその気持ちが会うたびに駄目だしをされることによって、どんどんと弱っていってしまいます。

不倫をする男性の深層心理として、ほとんどの人は承認欲求を抱えていてそれが結果的に不倫をするきっかけになっています。

つまり誰かに自分を認めてもらいたかったり、自分をすごいと感じたいという気持ちが不倫をする理由になっています。

そんな状態で、離婚をせかしてしまうと『駄目な自分』を不倫相手の彼女に見せつけられる状態になってしまうので、求めていた承認欲求が満たされずに愛人から遠ざかってしまいます。不倫成就の為には、彼の本質と深層心理を理解して行動する事と自分の感情で行動をしないという事が略奪のキーポイントになります。

また、不倫を成就したい相手の既婚者が居心地がよいと感じるような女になることができれば、疲れたときにも自然に会いたいと思うようになります。イメージとしては、男性が疲れたらあそこに行きたいと思うような居心地の良い高級ホテルのような空間にいるような気持ちになれるような女性になれると、勝手に疲れると自然とエネルギーをチャージスルためにやってくるようになる。

一緒にいない時にあまり連絡をしない事が成就につながる

これは、不倫に限らず男の人に好かれるテクニックでもあります。一緒にいる時は甘い時間を過ごして、一緒にいない時は用がなければ基本的にこちらからは連絡をしないという形が一番恋愛が続きやすく、相手の男性にいつまでも愛されるようになります。

女性は、いつも連絡をとっていて気持ちがつながっていることが愛情の量と感じる人が多いので、ちょっとでも連絡がこないと不安になってしまいますし、連絡がないと愛されていないような感じになる人が多いので連絡を取りたがります。

けれども、男の人の脳みそは、女の子の脳みそほど器用にできていないので、仕事をしている時は仕事の事しか考えられないし、友達と一緒にいる時は友達の事しか考えられないと思った方が良いのです。

その為一緒にいない時も、彼女の事をかんがえているわけではないし、他の事をしている時にしつこく彼女から連絡が来ると、面倒だなと感じる事が多い。

一緒にいる時には思いっきり甘えて、一緒にいない時は放っておくくらいの距離感を保っていると、彼女といる楽しさだけが不倫相手の彼の頭の中に残り、面倒だなというマイナスな感情が少なくなる。特に不倫の場合は、既婚者の彼は、仕事、家庭、自分の事、不倫と普通の人よりも考えなくてはいけない事がたくさんあって、その中のオアシスのような存在が愛人になるのだ。

愛人と一緒にいると唯一癒されるなという愛人=楽しいという感覚を不倫相手の彼にうけつけることがポイント。けれども、連絡をしたら重い女と思われるのではないか?と思ってわざと連絡をしないでいるというような状態になってしまうと、自然とその気持ちが不倫相手の彼に伝わってしまって、不倫相手の彼に重い女だと思われてしまう。

不倫相手の彼と一緒にいない時はとにかくつらいという人は、不倫相手の彼に依存をしてしまって、不倫相手の彼に認められなければ自分の価値を感じる事ができないので執着してしまったり、また不倫相手の彼から連絡が来ないと自分が必要のない人間と思われているような気がして不安になってしまってしつこく連絡をしてしまう。

そして、彼から連絡が来ない事しか考えられなくなってしまう。そのようにしてしまっている人は、普段から自分で自分の事を責めてしまう癖があるので、なるべく自分で自分の事を褒める癖をつけた方がよい。

そういう風に毎日の習慣を変えるだけで、彼の連絡がそこまで気にならなくなる。そんな風になると、彼も居心地が良いと感じるようになるし、愛人に対しても魅力的に見えるようになる。

どれだけ彼に一緒にいて居心地が良い女と感じさせることができるのか?というところが略奪ポイントだ。

不倫相手の彼を調教する事が成就につながる

不倫で一番難しいのは、不倫相手の彼を調教する心の余裕がなくなってしまって、自分の気持ちや不安をいつも不倫相手の彼にぶつけてしまうということになります。

既婚者の彼が会えない時間に、無理やり今すぐ来てくれないなら、もう会わないというような、無理難題で無理やり彼を動かそうとしてしまうのは、不倫相手の彼を調教できていないことになります。

何も言わなくても相手が勝手にやってくれるようにするということが不倫相手の彼を調教するという事になります。自分のやってほしいことや思い通りの事を自分からわざわざ言わなくても勝手にやってくれるという事が大事なんです。

彼が会えない時間に限らず、彼がどうしても無理な事を”やってくれないのは愛が足りない”とイライラしたり、不安にならないように自分で自分を調節できるようになった方が不倫相手の彼を調教する余裕ができるので、結果的に不倫成就に近づけます。

ではどのように不倫相手の彼を調教していくのかというと、男の人は彼女の望みを叶えてあげて彼女が笑顔になって喜んでいる姿に自尊心を満たして幸せを感じてもっと彼女と一緒にいたいと思えるようになる習性をもっています。ここを利用するようにします。特に不倫をしている男性の妻というのは普段から不倫相手の男性の事を責めているような口調の人が多いので、褒めたり喜ぶということは、不倫相手の彼を調教することにつながります。

不倫成就のためには彼がやれない事を責めるのではなく、彼がやってくれたことを喜ぶという習慣をつける。

嫌な言い方だが、的を得ているのが犬のしつけに似ているという事を理解した方が良い。彼を自分の思い通りに動かすためには犬のしつけ同様に、嬉しいという事をしたら思いっきり喜んで見せる事で、不倫相手の彼に『何をしたら喜ぶのか?』という事を理解させるようにするのだ。女性が喜ぶことができない男性というのは、女性が何が嬉しいのか?本当にわからないのだ。

  • 奥さんよりも一緒にいたいと思わせる

ここが一番難しいところだがこの世の中で彼の一番の理解者になると、不倫成就に近づける。

奥さんよりも彼が一緒にいて楽しかったり、癒されたりというように奥さんよりも彼女と一緒に生きていった方が幸せになれると感じさせるために何をすればよいのか?

彼のいいなりになりすぎてしまえば、彼は飽きてしまうというところまで理解をしなくてはいけない。

また彼の人生の為になるからと言って駄目出しをするのも論外お母さんになってしまっては、セックスレスの原因にもなってしまうし、基本的に奥さんが、ダメ出しをする生き物なので自分は奥さんと違う事をするというのが、不倫成就の基本。ダメ出しは男の人が一番嫌うことなので、不倫や普通の恋愛でも失恋の原因になる

以上が不倫を成就させた人が実際にやったこと。特に自分の不安な気持ちを彼にぶつけるというよりも、彼の事を信じて彼に接すると言う事が不倫成就には一番大事なポイント

 不倫成就の関連記事