不倫発覚後、相手の奥さんがとる行動の3パターン

9月中に略奪愛を叶えたい人注目!!記事を読む前にご確認ください

[9月30日(日)まで】

初めての方は無料で略奪愛鑑定をうけられます

  • 彼の今の本音は?
  • あの人の家庭事情はどうなっているの?
  • あの人の妻は何を考えている?
  • 何をすれば略奪することができるの?

これらの悩みを無料鑑定で解決します。

略奪愛成功率93%を誇る

特別な鑑定で、あなた専用の略奪プランで最短で略奪愛を叶える方法をお届けします。

この機会に是非ご活用ください

※今月既に56名が略奪愛成就しています

※20歳以上限定

ID-100116731

夫の浮気が発覚した時に妻がとる行動バターンにはどのようなものがあるのでしょうか?今回、夫の浮気が発覚した時にとる妻の行動パターンで多いものについてご紹介します。

不倫発覚後妻がとる3つの行動パターン

浮気発覚後突然夫に執着する

夫の浮気が発覚するまでは、夫の事をないがしろにして、いつ離婚してもいいとか家にいなくてもよいなんていっていた妻もいざ夫が浮気をして他の人に気持ちがあると分かると突然執着をしだすという事があります。

人というのは、何かを得るよりも現状のものを失うという時に、その失うものに対して執着をするという人が多い。

たとえば「夜中の3時に隣の県までいったら500万円もらえるかもしれませんよ」というのと、「夜中の3時に隣の県にいかないとあなたの貯金全額なくなりますよ」と言われるのでは、実際に行動するのは後者の方が圧倒的に多いというデーターがでている。

『失ってはじめてありがたさが分かる』という状態になるのか?離婚してもいいかもとすら思っていたような奥さんですら、旦那の不倫が発覚し、自分のモノだとおもっていた旦那がとられそうだとなると、途端異常に執着をしてしまい、旦那に対してわめいたり、愛人に会いに行ってわめいたりというようなことをする人もいる。

多くのこのタイプの場合は、冷静さをなくして、感情的になってしまうことが多いので不倫相手の彼が疲弊することがある。愛人である自分も一緒になって、ウツ状態になると当然彼との関係も上手くいかなくなる。

奥さんにわめかれたときなどは、早めに代理の弁護士をたてて窓口を代わりにやってもらう事で、自分の精神を安定させるなど対策を用意しておくと奥さんにのまれなくてすむ。

また専業主婦だったり、夫が他の女性のところに気持ちがいって離婚となってしまうと、自分は生活ができないような人も夫の浮気発覚後夫に執着するケースがあるので、事前に相手の妻が専業主婦なのか?働いているのか?という事はチェックしておくとよいでしょう。

浮気発覚後離婚を決意する

 これはプライドが高く、美人だったり、育ちが比較的お嬢さまだったりというような場合で、自分も仕事をもっていて生きていける人でかつ子供がいない場合の奥さんによく見られる傾向で、スマホをみてしまったなど、旦那の浮気発覚次第さっと自分から離婚と言い出すパターン。

働いているキャリアウーマンタイプが離婚を決意した場合は、行動もスピーディーだが、がっつりと慰謝料をとられるような事が起こる可能性も大きい。最大限まで慰謝料を双方からとる。

奥さんが何かしらの形で、不倫に気づいて奥さんが“離婚”と言いだした場合は、棚からぼた持ちのようにすっと略奪となりやすいが、旦那さんが“離婚”って言い出したのを、奥さんがすっと受け入れて身をひいた場合が、実は略奪結婚ができたとしても、旦那さんが、あとあと元奥さんの事をひきずる可能性が大きくなってしまうのだ。

不倫の女の子が新鮮にみえて結婚してみたが、その女の子もまた“奥さん”になった時に気づいたら前の奥さんの方がよかったななんて思いだしたり、また新しい女の子に手を出してみたりする事が原因。

浮気発覚しても静観する

これが一番離婚しずらい。なぜなら奥さんはある意味腹をくくっていて、不倫している旦那をどんな形であれ、受け入れているのでなかなか印鑑をおさない。

男の人の方から、しつこく“離婚”って言わない限りは“離婚”できなかったり、“離婚”と旦那がいったところで、妻の方が上手な事が多く、上手く時間をひきのばされ、旦那の不倫に対する熱をさましてうまく自分のところに戻ってくるように上手くやるのはこのタイプ。

つまり、静観しているようで実は自分のところに戻ってくるようにうまくやっているのだ。

以上が不倫が発覚した時に奥さんが主にとる3パターンになります。

その他夫の浮気発覚でよくある出来事

妻が不倫すべてに対して憎悪を抱く

自分が傷つけられたのは、自分の夫なのですが不倫によって傷つけられたというように不倫をしている愛人すべてに対して憎悪を抱いて中には不倫している人を必要以上にたたいてしまうような人がいます。

いくらネット上とはいえ、個人を特定して必要に悪口や脅迫などをすれば名誉毀損で犯罪行為になることもあるので、サレ妻に異常な攻撃を受けた時というのは警察に相談するという方法もあります。

夫が妻に責められて逆ギレする

夫は自分でも悪いことをしたと思っているので、これ以上攻撃しないでほしいと思っている時に逆ギレをおこしてこれ以上攻撃されないようにすることがあります。

けれども、夫の不倫が発覚した妻は自分がどれだけ傷ついたか分かってほしいという気持ちがすさまじい状態なのに、夫が逆ギレして夫が理解をしていないと感じるので、他の人にまで自分が正しくて夫が悪いということを賛同を求めようとしてしまいます。

またモラハラも自分が悪いと分かっているけれども、自分が悪いとみとめられないので、妻が悪いと攻撃するためによく起こる現象になります。

【不倫発覚に関連する記事】