【不倫】lineテクを駆使して彼の心を虜にする方法

ID-100340955

不倫をしている女性にとっては夫婦で彼と一緒に毎日いられるというのは夢のようなだが、結婚というのは、実際はそこまでドラマティックなものでもなく、独身よりもずっと制限も多く、夫婦はお金を共有している分、夫婦間のlineメッセージなんて会社の業務報告のようなもの。

しかも奥さんからの用事といえば、『●●はどうすればいいの?』という家庭内の相談もしくは『●●買ってきて』などという生活の業務依頼と業務報告で終わってしまう。そこでlineメッセージというのは奥さんと差をつける大きなアイテムになる。

不倫相手の彼をキュンとさせるlineとは!?

その奥さんと差別化をつけなくてはいけないので、同じような業務連絡のみのlineでは彼を萎えさせるだけ。大事なのは、不倫相手の彼を”キュン”とどれだけさせられて、会社と家庭の役割から解放させて、別世界を作ってあげられるか?というところが略奪をしていくためのプロセスになる。

不倫男性がキュンとするline

例えば、NO1キャバ嬢の中には、”にゃ~”というような語尾を使って可愛さをアピールしている人もいる。確かに結婚して何年もたっている奥さんが毎回自分の旦那にかわいいlineなんて、ほとんどないという状態なので、キャバ嬢のがつかっているようなlineテクニックもたまにいれてみると、彼をドキッとさせられる。

そしてチュースタンプやラブラブメッセージなど、不倫男性が求めている忘れかけてた恋心を取り戻したいというのも愛人だからこそできるlineのテクニック。

また不倫男性はラブラブの可愛いlineスタンプを使いこなすのもお手の物。中学生か高校生男子のように、可愛くてなおかつ女の子がキュンとするようなlineスタンプを使いこなす。「Chu」とか「ハート」等も人気で、これは普段から不倫相手とやりとりをしている人も多い。

不倫男性がキュンとするlineスタンプ

さらに、スタンプとかも彼をキュンとさせるのはどんなものだろうか?会社の同僚や奥さんでは絶対に使わないようなラブラブのスタンプ。

たとえば、LINEスタンプでは、ペアスタンプというものがあるこれは、彼との会話で一つの絵を完成させるようなスタンプ。

https://store.line.me/stickershop/product/1052235/ja

不倫相手の彼と一緒に使いたいなとか、不倫相手の彼に送りたいからとおねだりをすれば、普段ちゃんと働いて稼いでお家にお金を入れているのにもかかわらず、文句ばっかり言う奥さんと比べて、100円のおねだり、しかも俺とおそろいで使いたいという事にキュンとする。

 彼とのやり取りの基本は、“大好き”“ちゅー”などというラブラブなlineを彼が仕事で忙しくないであろう時間を狙って送るという事がポイントになる。また、彼から連絡がきた時間というのは彼にとっても余裕がある証拠なので、彼からの連絡の返信こそ可愛く盛ったlineで返事を返して彼のテンションをあげていくようにしていこう。

 このようにLINEでもただの業務連絡だけでなく、彼が思わずみて”ニヤ”っとしてしまうようなメールを送るにはどちらかというと、無邪気な可愛い内容で、彼が何かしてくれたりしたときは、lineでも大げさな位に喜ぶということを忘れずに。

また奥さんがやらないテクニックとしては名前スタンプだ。名前スタンプというのは下記のように彼の名前が入ったスタンプを使って彼にメッセージを送るのだが、これが自分だけの為に買ってくれたスタンプとして感動させることができる。

https://store.line.me/stickershop/product/1239311/ja

https://store.line.me/stickershop/product/1239018/ja

不倫男性の名前でも使えそうなスタンプを買って不倫男性に送ってみると反応が違うはず。特におすすめなのは、不倫男性が落ち込んでいたり甘えたりしているような時にスタンプを使って返してあげる事。

  • 不倫男性がメッセージが欲しい時間

lineが既読にならなかったり、既読になっているのに連絡がないなどとなってしまうと、自分の精神安定上あまりよくない。一番愛されるlineを送る時間というのは、不倫相手の彼から連絡が来た時に、ラブラブな返事を即レスけれども、それ以外は不倫相手の彼には連絡しないというのが不倫男性にとってもっとも中毒性があって、愛人にはまりやすいlineテクニックになる。

基本的に不倫男性というのは寂しがりやだったり、実は自分に自信がない人が多いので、自分が寂しいと思った時にやさしくしてくれる女性に依存する傾向にあるからだ。

これも不倫相手の彼を自分の思い通りにしていく調教の一種になる