不倫中に妻が妊娠していた時の略奪の可能性は?

10 (1)

不倫中に妻が妊娠していた時は、不倫関係に注意

不倫男性の中には、独身女性に嘘をついて、奥さんが、妊娠中で出産の為に里帰りしているのをいいことに、奥さんとは別居中だとか、不仲なんだという嘘をついて不倫をしようとする男までいる。

彼の家にいってみて、奥さんがいなかったとしても実は、妊娠里帰り中なんてことがあるのだ。 そして奥さんが妊娠中の時にはじまった不倫は、本当に旦那さんがただの性欲の処理の為に、浮気相手を探していたなんてことも多く、妊娠中は、不倫相手に本気になったなんていうケースもあるが、子供が生まれたあとにやはり子供がかわいくて離婚をとどまったと答える男性も多い。

夫が妻の妊娠中に不倫をする理由

妻からすると、自分が彼に変わって一生懸命にお腹の中で子供を育てている間に不倫なんて!とむかつくところだが、妻が妊娠中というのは、不倫に発展しやすい。その理由は2つある

  • セックスができない

子供の安全を考えたり、お腹ばかりに集中してしまったりするため、妊娠中にセックスを嫌がる妻は多い。男性というのは、セックスができないと、自分で出すか?妻以外の人とセックスもしくは風俗のようなところで出すか?という選択が迫られる。どちらにしても男性は、身体の構造上、たまった精子を出さなくてはいけないので、結果的に妊娠中は不倫がはじまりやすい

  • 妻がいない

里帰り出産で、妻がいないというような場合に、自由に羽を伸ばしてしまって、自宅に他の女の子を連れ込んで不倫をしてしまうような人がいる。いつも一緒に暮らしている妻がいないとなると、寂しいという気持ちもあるが、自由に羽を伸ばせるという解放感から不倫に走るひとがいる。

  • 自分への関心が薄れた

妻のお腹に子供がいないときというのは、100%妻の気持ちが自分に向いていたのにもかかわらず、妻のお腹に子供ができると、妻の関心が子供の事にだんだん集中してくる。

そうなると、寂しいと感じて、自分の事だけを見てくれる人を不倫でつくろうとする男性がいる。

このような事が理由で、妻の妊娠中に不倫をする男性は多いのだが、実際に子供が生まれて、自分の目や感触で子供の存在を確かめられるようになると、やっと子供を可愛いと感じて責任感もでてくるようになることが多く、妻の妊娠中に始まった不倫は、子供が生まれて心変わりをする旦那が多くあまり長く続かないことも多いのだが、夫がもともと愛情にうえているようなタイプだと、下記のような状態に発展する。

妊娠中の不倫でもこんな場合は略奪になる

逆に、旦那さんがとても寂しがり屋のかまってほしいタイプだった場合は、子供が生まれて奥さんがかまってくれなかったり、奥さんの態度が出産と同時にかわってしまって寂しいと感じてしまって余計に不倫にのめりこんだりなんてこともある。

そんな男と不倫を続けて、その先に略奪があったとしても、そんなおこちゃま旦那をひきうけるとあとあと、自分が悲惨な思いをするだけなので、どちらにしても奥さんが妊娠中に始まった不倫には ろくなことがない。 気づいたら自分の心の傷が深くならないうちにフェードアウトをしてしまうというのも一つの手。自分自身が本当に全く結婚に興味がなく、仕事の合間に適度に会える不倫がちょうどいいわと思っているような気軽なタイプだったらOK。

ただ、気軽に本人が付き合っている場合でもバレたら奥さんには慰謝料を請求されてしまうので、万が一バレる事もあるという慎重さと慰謝料請求が来た場合は、不倫男性側が払うという約束をしっかり取り付けておいた方が安心。

また不倫をしている男性が、奥さんとSEXをする理由で多くあげていたのが

子供を作るため

という事をいっていた。

このことからも分かるように、不倫中に妻が妊娠していたということは、離婚する気がなく不倫=恋のときめきを楽しむためのもの家庭は別と考えている不倫男性に多く見られる傾向なので、自分の人生のためにも彼との関係を考えてみるのがおススメ。

ただ、必ずしも離婚して彼と結婚するということだけがゴールというわけではなく、離婚はしていなくても不倫男性とずっと一緒に過ごすという

彼がほとんど自分と一緒にいるというのも略奪のひとつなので、自分は愛人という立場で人生を楽しむと覚悟を決めるという方法もあるので、彼と一緒にいるのが幸せなのか?結婚が幸せなのか?自分の本当の望みについて考えてみよう。

妊娠中の不倫に関連する記事