【不倫】略奪するため、彼にみせてはいけない3つの姿

ID-10035191

略奪をするために、男の人に見せてはいけないものがある。これは、不倫からの略奪という大きなハードルを越えるための奥さんと差別化を付けるために重要なポイントになる。 

『結婚すれば、誰でも一緒』と不倫相手が思っているうちは、奥さんを捨ててこちらに走って来てはくれない。つまり略奪はできないのだ どれだけ、他の女とは違って彼女しかいないと思わせられるか?この恋愛は運命だと錯覚させられるのか?というのが略奪のツボになるのだ、下記の3つの姿を彼にはみせてはいけない。

①略奪をたくらんでいる計算高い姿

男の人は計算高い女が嫌いだし、それに騙された自分という構図も嫌う。とにかく略奪に関しては、気付いたら略奪しちゃっていましたというポジションを貫くのがポイント。何も考えないで、自分が思っているとおりにふるまっていたら、結果的になんか略奪になっちゃったんだよね。でも彼と一緒にいられて本当に幸せというくらいの無邪気さを忘れてはいけない。それを忘れた瞬間に略奪は夢となって消えてしまう

②彼に対して文句を言う、怒る等のヒステリックな姿

奥さんは、すっかり妻という立場に胡坐をかいて、”女”であることを忘れてしまっている。これが最大の愛人の武器ということを忘れてはいけない。奥さんと同じように彼に対して文句をいったり、ヒステリックに怒った瞬間に、彼は『女なんてどれも一緒』と思ってしまう。彼のことをいつも受け入れる聖母をこころがけるようにしよう。

③脱毛している姿など生活感を感じさせる姿

これも②と共通するが、”女”であるということを忘れている奥さんと同じことをすることは許されず、あくまで男の人の幻想を具現化させた聖母でなくては、略奪が難しいその為、脱毛をはじめとした顔のパックやそして眉毛の毛を抜くなど、”女”としてのお手入れをしている姿をみせない方が望ましい

以上が、本気で略奪を考えているのであれば彼にみせてはいけない3つの姿。どれだけ奥さんが忘れているものを与えて、彼の頭にある『誰と結婚しても一緒』ということを忘れさせて『この娘だけは違う』ということを刷り込んでいくのか?ということに注力する