35歳以上のそこそこ美人が1年以内に結婚する婚活テクニック

ID-100134021

いつかは結婚をしたい、このままなんとなく生活をして、パワースポットや良縁神社にちゃんと通っていればきっと運命の出会いがやってきて結婚できるはず・・・。と思いながらも結婚できない35歳以上の美人が急増中です。

結婚できない35歳以上の美人の為の婚活テクニック

美人ほど、35歳以上まで結婚できないことが多い理由

20代は美人なので出会いも多いですし、何もしなくても男性から勝手に言い寄られますし、周りの友達もみんな結婚していないので自然と飲み会やナンパ待ちなど出会いのチャンスに誘ってもらえる回数も多いのです。

そして、男性からアプローチをされて、いいなと思った男性にだけ心を許すというスタンスで彼氏ができてきたのが20代の美人の過ごし方。

けれども、周りが結婚をしだしてしまうと、自分から探さなくても与えられていた出会いのチャンスが少なくなってきます。飲み会の数が週2回はあったものが、半年に1回というくらい恐ろしい勢いで減っていきます。

さらに、美人という武器も歳を重ねていくとだんだんと弱くなっていきます。今までは堂々としていられた飲み会も、周りが年下ばかりになってくるとその場にいることが居づらいと感じるようになって自信もなくなってきてしまいます。

そうなると、男性からも魅力的にみえなくなるので、ますます声がかかる回数が減ってきてしまうという結婚できないサイクルをくりかえしてしまうのです。

このように、美人ほど、自分で気に入った男性をみつけて、自分からアプローチをして男性と付き合うという練習を行っていなく、受け身ばかりの人生だったため相手から来る回数が少なくなると自然と彼氏ができなくなってしまうのです。

また、20代では色んな男性にアプローチをうけていると、男性を見る目が厳しくなってしまったり、アプローチがきても、過去にアプローチされた男性と比べるとどうしても、いろんな条件で見劣りをしてしまう男性が多いのです。

このような事が原因で美人ほど35歳を過ぎても独身の状態のままでいることが多くなります。

35歳以上美人が婚活成功させる4つのテクニック

  • 駄目な自分をさらけ出してみる

35歳以上の美人で独身でいる女性の多くは、”完璧でいよう”とする女性がとても多いことがあげられます。その為、男性の前でいるときも、完璧でいようとするあまり、印象に残りにくかったり、壁を感じて男性から距離を置かれてしまったりということがあります。

自分自身も、駄目な自分をみせてはいけないとおもってしまっているとガチガチで会話もはずまないという状態になります。

そんな時は、最初からちょっと駄目な自分の失敗エピソードなどを明るく話せるようになると、周りの男性からの親近感があがったり、男性が話しやすくなったりということがあります。

美人で色んな男性に口説かれてきた分、興味のない男性に口説かれるのが面倒とおもってついついガードが固くなってしまうことが多かったというのも、35歳以上美人のガードが固くなってしまう理由でもあるのですが、35歳を過ぎたときは、まず親しみやすい、男性が話しかけやすい柔らかい雰囲気を心がけるようにしましょう。

というのも、自分からがつがつ色んな女性を誘ったり口説いたりできる男性は、30歳までに結婚していることが多く、自分と同い年もしくは年上の独身の男性というのは、遊び人で結婚をしたくないというタイプの男性と自分から女性を誘ったりできないという奥手の男性の2極化してくる。奥手の男性タイプにでも拒否られない柔らかさが35歳以上女性の婚活を成功させる為には必須なのです。

  •  自分からアプローチをしてみる

これが35歳以上美人の婚活で最大の難関ではありますが、上手くいかなくて傷ついたりというのも最初のうちで、恋愛もスポーツも、数をこなすということで上達していくものなので上手くいかなくても最初は気にしないということが大事です。

練習だと思って、自分から男性に連絡先を聞いて、その後連絡をして自分から男性を誘ってご飯を食べに行くということをやってみましょう。

そして、自分がおもてなしをする精神というのも大事です。今まではいつも男性にちやほやしてもらったり、お店を選んでもらったりしていたと思うのですが、男性が「お店を選ぶ」と前に出てきた時は男性をたててあげますが、特に男性が希望がないようでしたら自分からお店を提案してあげるのも手です。

例えば、飲み会やパーティーなどで男性が「かきが好き」と言っていたとします。その場合は、『牡蠣が美味しい』と言われているお店で男性が出てきてきやすい場所のお店を選んであげて、”○○さん牡蠣お好きっておっしゃってましたよね?同僚がすごく美味しいと言っているお店が新宿にあるんですけど、よかったら一緒にいきませんか?”というようなメッセージを送ってみてください。

このように、今までは男性が勝手にやってくれていて、それを”あり・なし”で判断していたものを逆に自分が提供して、男性を喜ばせておもてなしをするということができる人はあっさり、婚活から卒業できます。

そして、会話も男性心理を理解して、男性が心地よいと思う会話を心がけるのです。ポイントは、自分が話すのではなく男性が話しやすい質問をしてあげるというところにあります。まずは、男性が話している時の身体の動きに合わせて自分の身体も動かすことを(うなずきのリズムなど)を行い、彼の話したいことが何か?ということをきちんと汲み取るようにするのです。例えは、単語の数などで彼が本当に話したいことがわかることがあります。

例)

「昨日釣りにいってさ。すごい寒かったんだよね。あまりの寒さにびっくりしたよ」

このように男性が行った場合は、釣りという単語よりも寒いという単語の方が多いので、何を釣ったか?ではなく、寒かった話をしたいことがわかります。

その為、「朝早いとまだ気温低いですよね。何時くらいにいかれたんですか?その時って気温何度くらいなんですかね?」というような話をすると男性が気持ちよく喋れることが多いのです。

「寒くて髪の毛が凍った」とか「新式の暖房衣服がよい」とか、その先に彼がもっと話したい自慢話が出てくることもあります。

このように、男性の話をよくきいて、男性が本当に話したいと思っていることは何か?ということを察知して、それが話しやすいように質問してあげるというのがテクニックのひとつになります。

  • 自己肯定感をあげる

35歳以上のそこそこの美人で結婚したいのに、できないといっている女性の80%以上の女性はそこそこの美人の人でも自己肯定感が低い人が多いというのが特徴です。

自己肯定感が低いので、自分のことを優しくしてくれるチャラ男を運命の人だと思って、勘違いして突っ走ってしまったり、変にプライドが高くなってとっつきにくかったりと、とにかく恋愛がうまくいかないのです。

1年以内に絶対結婚するとおもったら、おまじないのように1ヶ月自分が頑張ったことを毎日書いてみて下さい。「遅刻せずに会社にいった」「顔を洗った」そんなことでもいいんです

スマホの日記アプリでもよいので毎日とにかく続けることが大事になります。

  • とにかく笑顔をたやさない

婚活を頑張っているのにうまくいかない女性は男性と喋っている時についしかめっ面をしてしまったり、あまり楽しそうに見えないという欠点があります。婚活を上手くいかせる最終兵器はとにかく笑顔です。

常に笑顔で明るく楽しく男性と話すということを癖づけるようにしましょう。今までとはまるで違う婚活の結果になると思います。笑顔に対するおもてなしのひとつです。