頑張っている彼氏のできない80%の女の子がついついやってしまう3つのこと

ID-100113357

頑張って飲み会や合コンなどにも参加しているにもかかわらず彼氏ができない女の子がついついやってしまう80%のことがある。

  • 彼氏ができた後の生活がイメージできていない

これがものすごく多い。最低でも自分は彼氏ができてどういう生活がしたいのか?という具体的な彼氏をつくってどういう生活をしたいのか?というイメージができていない。夜遅くまで思いっきり仕事をして、夜の12時以降に彼氏と会いたいという女の子もいるだろう。そうなると、外資系の海外とのやりとりが発生しているような部署の人だったり、マスコミの人だったりとそれだけで職業も自分の理想像がはっきりとみえてくるし、そういう人と出会うためにはどこにいけばいいのか?誰に紹介を頼めばいいのか?ということまではっきり見えてくる

 そういう具体案がふわっとしているような状態で、何人と出会ってもお金と時間の無駄。相手の年収など、友達に“すごいと言われたい彼氏”ばかりにこだわるのではなく、本当に自分が彼氏と一緒にやりたい生活にこそ本当に自分の幸せがあるので、そのイメージをしてみよう

  • 男の人に自分を楽しませてもらう事ばかりを考えている

男の人を自分が幸せにしようという考えはなく、常に男の人に自分が幸せにしてもらうことばかりを考えている人は、結果的に上手くいかないことが多い。また自分からは何もしないで、どれだけ男の人が自分のことを楽しませてくれるか?というような視点に気づかずになってしまっている人が多い。

まずは、自分が相手を楽しませてあげるという風に考え方を変えて初デートをしてみると、男の人の態度も変わってくる

飲み会でも、男の人に楽しませてもらう事ばかり期待して、上から目線の態度で臨むのではなく、自分が男の人を楽しませるために会話をふり笑顔で接することを心がけるだけでも、今までよりも男の人に誘われる回数も増える

  • 1次会で帰ってしまう

 本気で彼氏を作りたいと思ったら、2次会は必須。1次会で帰ってしまう時点で興味ないのかな?と相手に思わせてしまったり、1次会でいいかなと思った人がいても、2次会で別の女の子と盛り上がってしまいそちらにとられてしまうこともおおい

このように、彼氏が欲しいと頑張っているのに、彼氏ができない女の子は自分がどんな人が合うのか?わかっていなく、また自分が男の人に気に入られる努力をしていない人も多いのでまずはそこを変えるだけでも、すぐに彼氏はできるようになる