何年も不倫関係の結果略奪した人が実践した3つのこと

ID-10090740

不倫関係がはじまって半年以内は比較的略奪がしやすいと言われているが、中には10年、20年不倫を続けてその結果略奪をしたという人もいる。そんな、

長い期間も不倫関係の結果、略奪結婚した愛人がやったこと

長い不倫の結果略奪をするなら忘れてはいけないもの

正妻は、“妻”という法的に、守られた立場があるので、女を捨てようが、セックスレスであろうが“妻”で居続ける事が可能。それに反して不倫関係は不安定で不倫関係を続ける為には、彼に愛され続けて自分も彼を愛し続けるというように、感情でつながる以外なにもないのだ。

不倫関係から略奪を本気で考えている人は、まず“外見”で手を抜く事は許されない。

どれだけ歳をとろうが、常に服装や外見などを彼の好みに合わせて、不倫関係の彼にとって一緒にいて癒される女であり続ける努力をしている人が、結果的に略奪ができている。やはり女でいるという事が最大の武器になるのだ。

どんなに仲が良かったとしても、一緒に生活をしていてやらなくてはいけない事がたくさんあるような環境だと、慣れてきてしまって女としてみれなくなってしまったり、また男性特有の自分のテリトリー内に入りすぎると、セックス対象外になる気持ちがある。

セックスというのは、ある程度距離感がある女性に対して男性は欲求を抱く傾向が強い。

長い期間、不倫関係でいるからこそ、長い期間彼の好みの女でいられ続けると言う事を証明する事で奥さんとは違うということをアピールしている

これを何年も続けられるところが、不倫関係の彼に「他の女とは違ってこの娘が特別」と思わせる事ができるポイントでもある。

20年不倫関係を続けていても、変わらず彼にとって好みの女である事を意識している人の不倫関係の彼が、とうとう家庭にほとんど帰らなくなったという例もあるが、20年不倫関係を続けて50歳にもかかわらずその人は、30歳前後にしかみえないような外見を努力して保っている。

このまま彼のことを好きでいていいの?

自分の運命の人が今好きな彼なのか それとも別の人と結ばれる運命なのか 知りたくないですか?

いま好きな人なのか?別の人なのかいつ出会うのか? 教えてもらえます

自分の人生を無駄にしたくない そんな人は是非試してみてください

長い不倫を続けるのも略奪するのも絶対彼の傍にいるという覚悟

実際に不倫関係から略奪を行った女の人は、とにかく覚悟がすごい。

たとえ,愛人という立場だろうが、絶対に彼を支えて、彼のそばにいるという決死の覚悟を持っていた人がほとんどだった。さらに、愛人だからつらいなどと言うような、ネガティブに暗く考えることなく、あくまで自分は自分の生きる道を見つけていて、明るく華があり、彼に合わせ過ぎない。

外見は、不倫関係の彼の好みにしているのだが、彼以外の部分でも自立している部分を自分できちんと確保して、勉強をしたり資格をとったりと、自分の人生の可能性と収入アップを自分の力で伸ばしている。

自分の譲れないところは、きちんと相手に話をしているけれども、愛人という立場で、彼を幸せにすると言う覚悟を持っていて、自分で自分の仕事でも成功をする為に仕事熱心な人が不倫関係をつづけていられる。

つまり、不倫関係の彼がどんなにお金持ちだろうとも、彼に養ってもらいたいとか彼に守ってもらいたいなんていう願望はなく、常に自分の足で歩いているのが不倫関係から略奪婚までたどりついた人の特徴だ。

重要視すべきは不倫関係の相手の気持ち

  不倫関係に走る男性の奥さんというのは、やはり安心感からか、感謝よりも文句ばかりいったり、旦那が仕事で大変な時も要求や文句が多くなって彼を追い詰めてしまう。

家庭に帰らなくなる旦那のほとんどの奥さんは、『なんで○○しないのよ!』とか『稼ぎが少ない』など文句をつい言ってしまうような傾向にあるのだ。

そんな時に、彼の一番の理解者になって支えてあげた人が不倫関係を続けた結果、略奪をしている事が多い。

その為にも、自分が『もっと会いたい』とか、不倫関係の彼が叶えてあげられないような自分の感情を押し付けるような事はしないが、我慢だけをしていると、彼は彼女はそれで満足なんだと思ってしまうので、きちんと、自分はこう思っているという自分の気持ちも伝えて、その上で彼を支えているという事を、不倫関係の彼に分からせる能力が高い人が多い。

このように、長年の不倫関係から略奪をしてしまう人というのは、たくましく華やかな人が多い。特に不倫に悩んでしまっている人は華がなくなってしまい、略奪が困難になってしまうので、自分が常に楽しいということを意識することが大事。

このように、不倫関係というのは独身同士よりもつらいことも多いが、そこまつらい思いをしてまでも好きでいられる人に出会えたことを楽しむというくらいの気持ちでいられる人が不倫関係から略奪をすることができている。

不倫関係の関連記事