恋愛で大切なことはすべてガンダムから教わった

9月中に略奪愛を叶えたい人注目!!記事を読む前にご確認ください

[9月30日(日)まで】

初めての方は無料で略奪愛鑑定をうけられます

  • 彼の今の本音は?
  • あの人の家庭事情はどうなっているの?
  • あの人の妻は何を考えている?
  • 何をすれば略奪することができるの?

これらの悩みを無料鑑定で解決します。

略奪愛成功率93%を誇る

特別な鑑定で、あなた専用の略奪プランで最短で略奪愛を叶える方法をお届けします。

この機会に是非ご活用ください

※今月既に56名が略奪愛成就しています

※20歳以上限定

ID-10043270

昔、アニメ『機動戦士ガンダム』の最初のシリーズ、いわゆるファーストガンダムの人物分析をするという、恐れ多くも光栄なお仕事をしたことがあります。

そこでつくづく感心させられたのは、子供向けアニメのハズのこのお話の、圧倒的な男女関係における奥行きの深さです。

 

このお話、ちょっと思い出してみただけでも世の悩める女性たちのテンプレートがザクザク出てくる。

フツーの女の子であるがゆえに幼馴染のヒーローを射止められなかったフラウ・ボウ。

優秀すぎる兄(シャア)を持ったために縁遠くなってしまった美女セイラさん。

お嬢様育ちで不良に憧れ、いっときはそっちに行くんだけど、最終的には自分に一途でいいパパになりそうな男を選ぶミライさん。

子供心に愛人関係というもののゆらめきを初めて感じさせてくれたハモンさん。

ツンデレが災いし、最後には密かに想いを寄せていた年下の男(シャア)によって破滅させられるキャリアウーマンのキシリアさん、

……等々。

しかしなんといったって、子供心に「これぞ地上最強の女」と私に思わしめたのは、

「ララァ」

でした。

ガンダムをご存じない方々にざっくり説明いたしますと、ララァというのは物語後半に登場する孤児の少女。

時は未来、宇宙は地球連邦軍と独立国ジオン公国の戦争の真っ最中。そんな中で、戦争によって両親を失くしたララァは街中(おそらく売春宿)にいたのをジオン公国の指揮官・シャア・アズナブルに拾われ、ニュータイプ(一種の超能力者みたいなモノ)の能力を買われて戦士として教育されます。

ですが、戦場で主人公のアムロと出会い、互いに一目ぼれしてしまい、最後には愛するシャアをかばってアムロの攻撃を受け、宇宙の藻屑と消えていきます。

神秘的な容姿、長い黒髪、ヒラヒラした民族衣装、グリーンの瞳は妖しい輝きを放ち、口数はひどく少なく、たまに口をきくかと思えば出るのは謎めいた言葉ばかり。

「美しいものが嫌いな人がいて?」

「そういう言い方、嫌いです。大人っぽくて」

「あなたが来るのが遅すぎたのよ!」

そう、ララァという女はありていに言ってしまえば「不思議ちゃん」なのですが、絶妙なバランスの上に見事にファムファタールとして成り立ってます。

自分を拾ってくれたシャアに対しては絶対的な忠誠心を示し、そのくせ時にはサラリと可愛く憎まれ口を叩いてみたり、シャアを身も心も癒すというゆるやかな包容力も持っている。

そして後年、シャアをして「彼女こそ私の母になってくれたかも知れない女性だ」などというトホホな台詞を言わしめファンの我々を驚愕させたのですが、その一方で、敵であるアムロとの間にもちゃっかりランデブーを演じちゃったりするという、小悪魔というかファムファタールというか、そんな面もシッカリ見せます。

ずるすぎる、と思いながらもおぼこかった当時の私はこのララァというキャラに憧れ、どーやったらあの「ユラユラッ」とした雰囲気を身につけられるのか、繰り返しビデオを再生しながら研究した覚えがあります。(無理だったけどね!)

ガンダムにおける他の女性たちが、みなそれぞれどこか女としては弾けきれていないのに対し、このララァだけは「柔よく剛を制す」を全身で体現し、欲しいものをすべて手に入れている。いやあお見事、だってあのシャアが、ララァにだけで身もフタもなくゴロニャンしちゃうんだもん。

男に負けたくないがために気張っている女性を見るたびに、私はこのララァという女の戦いぶりを思い出す。

「男のディフェンス(防御)と女のディフェンスは違うのよ、もちろんオフェンス(攻撃)もね」

と言ったのは私の大好きな吉田秋生の漫画「吉祥天女」のヒロイン・叶小夜子なんだけど、女はいくら腕力を磨いたってしょせん男には敵わない。

だったら、男が到底かなわない部分、これを専一に磨いた方がいい。

男にはないやさしさや柔らかさ、なにかのクッションになれるような役割、そういったものを武器にしたほうが絶対に効率がいいに決まってる。

……ということを、当時17だった私はファーストガンダムから学ばせていただいたんですが、世の女性の皆さん、他にもそういう方、いらっしゃいます?