不倫がばれたときに慰謝料請求するのはどんな奥さん?対処法は?

ID-100224060

不倫が妻にばれた場合に慰謝料を請求する妻はどのような人なのか?実際に、不倫案件を数多くこなし、不倫の慰謝料請求を行ってきた、みずほ中央法律事務所の三平先生にお伺いをしてみました。

不倫がばれた時に慰謝料を請求する妻

【三平先生のお話し】

「一概に、こういうタイプが一番多いというのは難しいですが、ジェラシーが強い人はやはり攻撃的になりますよね。ひどい場合だと、自分も浮気していたとしても、相手の浮気は許せないというタイプの方もいらっしゃいます。

自分の不倫はバレていないのでいいとおしゃる方も普通にいらっしゃいますから、モテる方が攻撃しやすいとか、モテない方が攻撃しやすいというのは言い難いですね。

また相手の女性が、『自分より若くてきれいで自分が到底叶わないから攻撃する』というタイプもいらっしゃれば、逆に『もっと可愛い人と浮気するなら自分の価値もあがったのに、なんでこんな不細工な女の子と浮気して』と怒るような奥さんもいらっしゃいます。」

不倫がばれた時に怖い妻の職業

「なんとなくでは、専業主婦の方は時間があるので、旦那さんの不倫に意識が集中してしまって、追跡とか相手の事を追い詰めたりとか、自分で後をつけるという方が多いですね。執着心に関しては、比較的専業主婦の方の方が強いかな?と感じました。

社長夫人のようなタイプで中には、お金のけじめだけはきっちりつければ女がいるのは良いという方や、本来自分の家計に入るべきお金が、他の女の人にいれあげてお金を大量に渡すのは許さないという方もいらっしゃいます。同じようにドライなタイプだと、とりあえず戻ってくればいいから最大限相手に請求だけしておいてというようなタイプもいますね。

また旦那さんが、不倫相手と揉めたりトラブルになったから、奥さんに助けを求めて慰謝料を訴えてもらうなんていうこともありますよ。奥さんは全然怒っていないのに。こういう人は毎回そうしているんです。」

不倫がバレた場合の妻が言い渡す慰謝料の相場は?

「不倫相手の女性が言い渡される金額としては、標準が200万円で、その不倫が原因で離婚までしてしまうと300万円になります。そこから、旦那さん側から言い寄ってきたので半額の150万円にしてほしいなど、交渉して金額を下げていきます。

また、例えば奥さんがキャリアウーマンだったのにもかかわらず、その不倫が原因で精神的ショックにより働けなくなってしまったとなったりすると金額が上がる場合もあります。

次に弁護士費用ですが、最初に弁護士に依頼をするのに大体着手金が30万円。そこから奥さんと交渉をしてもらって減額した金額の10%とか20%が弁護士の費用になる事が多いです。

すまり、奥さんから300万円を言い渡されて、そこから弁護士が交渉に入って100万円にさげたら200万円の10%~20%を弁護士に支払う形になります。

弁護士を雇うメリットとしては、もし奥さんが怒り狂って、職場や自宅に来た時に、代理人をきちんとたてていれば、代理人のところに話がいくようになり、直接女性のところに来た場合は警察を呼ぶ事ができるようになります。代理人をたてていないと、奥さんが突然家にきたとしても、『請求権があるからきたんだ』といわれてしまったら文句を言う事ができません。

また奥さんからの内容証明が、突然勤め先にくるということもあります。なかなか自宅の住所まで割り出すことは出来なかったけれども、勤め先は分かったというような場合は裁判所から就業先送達というのが来てしまいます。怖いし、精神的なダメージも大きいですよね。それを代わりに弁護士に窓口になってやってもらうと、安心感は大分あると思いますよ。」

というのが三平先生のお話しでした。

編集部が考える不倫がばれた時に独身女性がやるべきこと

  • 弁護士をつける

不倫がばれた時というのは、直接呼び出されて話をされると精神的ダメージが大きい事が多く、その後電話で奥さんからの嫌がらせが起こるという事もあります。そうならないためには弁護士をつけて、窓口は必ず弁護士にというように弁護士にお任せするようにした方が、精神的苦痛からの解放は大きいです。会社に奥さんがやってきてしまうと、自分の収入源まで危なくなってしまいます。

大げさだと思うかもしれませんが、場合によっては不倫男性に相談して不倫男性に弁護士費用は出してもらって弁護士をつけてもらうというのもありだと思います。不倫男性の落ち度もあるので、聞いてみましょう。

  • 直接会う時の態度

直接呼び出されて会う時は、どんなにムカついても強気に出ない方が得策です。強気に出て奥さんの怒りに火をつけてしまうと、会社にいいふらされたりと、社会的に地位をひきずりおろさなくては気が済まないというように怒り狂ってしまう奥さんがいて、愛人の人の立場が危なくなってしまいます。

まずは奥さんの溜飲を下げる事を第一目標に、誠心誠意をもって接する事が自分にとってメリットがあるのです。また不倫男性も同席した場合、不倫男性が愛人の味方ばかりをすると、愛人は気分がよいですが、奥さんはまた怒り狂ってしまいます。奥さんは傷ついていて、本当は不倫男性に愛されたいのに愛されない自分を蓋する為に、怒りをつかっているケースが多いのです。不倫男性ともども、反省していて申し訳ないという気持ちを伝えるようにしましょう。

  • 慰謝料の金額はすぐに承諾しない

慰謝料に関して、不倫相手の彼が離婚しない場合は50万円~150万円が相場と言われています。それでも不倫をしていた年数やこちらの女性の所得によって慰謝料金額は変わってくるのですが、素人では当然そのような事が分かりません。

その為、中には600万円という明らかに大きな金額を不倫相手の妻から言われてそれでも、どうしていいか?分からずその金額で承諾してしまったという人もいます。通常は言われた金額から減額ができる事がほとんどなので、必ず弁護士を付けるようにした方が得になります。

編集部が考える不倫がばれた時に奥さんの違法行動

不倫がばれた時に、不倫相手の奥さんが暴走をして、結果的に愛人が逆に奥さんに慰謝料を請求するようなケースもある。

けれども下記の例は、ほとんどが逆に奥さんに慰謝料を請求できる事が多いので、奥さんに嫌がらせをされたり、怖い思いをしたら速やかに弁護士をつけるようにしましょう。

  • 不倫相手の男性の合い鍵で家に入られた

不倫相手の男性に、自分部屋の合い鍵を渡していた場合ですが、不倫相手の奥さんがその合い鍵を使って、愛人の家に勝手に入ったというケースがあります。さらには、家の中のものを勝手に盗ったという例もあります。これも慰謝料を請求する事ができることがあるので、すぐに弁護士に相談し、またなにかはっきりと奥さんが入ったという証拠が残っている時は大事な証拠になるので、きちんととっておくようにしましょう。

  • 奥さんが会社に不倫をばらした

不倫相手の奥さんが会社に不倫をばらしたなどというのは、基本的に慰謝料を認めるという判例がでていることが多いのです。理由は、基本的に不倫をしていたという事に関しては当事者同士の解決が基本で、第三者に知られたくないことを勝手にバラしたり、それにより収入に変動がことがあるので、このような場合もすみやかに弁護士に相談してみてください。

奥さんに不倫がばれた時に、不倫をしていたから何をされても仕方がないとか、自分が悪いと思ってしまう愛人の方が多いのですが、自分を責めるのではなく、きちんとおかしいことは弁護士や警察など、必要なところにきちんと相談をするようにしましょう。


三平聡史

mihira-120-8

 平成19年 みずほ中央グループ開設。不動産を含む相続・離婚や有名人・資産の多い方の男女問題を多く扱う理系出身の弁護士で,事案を科学的に分析し解決する。

みずほ中央法律事務所http://www.mc-law.jp/rikon/8351/

弁護士による離婚・男女トラブルの法律ガイド(http://www.mc-law.jp/rikon/8351/)