男の人からみた頑張ってるのに、ちょっとウザい女子の特徴

ID-10055301

ウザ女子は、服装は身体のラインを強調するような洋服を着ていたり、ミニスカートや胸の大きくあいた服などを着ている率は高く、本当は男の人に好かれたいのだが、仕草がとにかくガサツで男っぽい

さらに、鞄の中が汚かったり、机の中がぐちゃぐちゃという確率が高い。

男が影でひそひそと、身体のラインを強調していることすらウザいといわれてしまっている・・・。

さらに、ウザ女子はとにかく男の人の駄目出しが好物!とにかく男の人に対して駄目出しをすることで、男の人に絡んでいこうとする。

キュン女子のように、何もしなくても男の人からちやほやしてもらえるとは、当然思っていなくて。自分から会話に入っていかないと、男の人に絡んでもらいづらいことをとっても理解していて、そこまでは正しいんだけれども、変なプライドと照れが邪魔してしまい、ついつい男の人にはりあって駄目出しをすることで、自分を上にもっていこうとしてしまうのが、失敗のもと

本当は、男の人にかまってもらいと思っているのに、うまくいかないのがウザ女子の特徴

そんな、ウザ女子を脱出して、キュン女子に移行するためには、まず一番はじめにやるべきことは、仕草を少しだけ丁寧にするように意識すること。

無意識にやっている行動を丁寧にこなして、ゆっくり目に行動をするようにする。まずはそこを心掛けるだけでも変わってくる。

次に、男の人とはりあうのをやめて、男の人をたてることに意識する。男の人はプライドの生き物と言うことも知っていて、褒めれば喜ぶと言うことも知っている人が、ウザ女子と思われる女の子もほとんど知っているのだ。

けれども、この程度の男にこびるような女じゃないとか、無理とか、思ってしまってそのような男の人よりも上にたとうとしてしまう。

結果それがダメ出しという行動にでてしまうので、ひとつの運動とか習慣づけの特訓だと思って、どんなゴミ男でも”たてる””ほめる”を習慣にしていると、ふつうの男の人がとっても素晴らしく思えて、素直に褒めることができるので、最初は無理してゴミレベルの男ですらあえて褒める練習をしてみる。

本当にいい女っていうのは、一歩後ろにひいて男の人をたてつつも上手く操縦ができる。そういうことができる女なんだと思う。

男にはりあって、うざがられているよりも、一歩ひいて男の人にキュンとされつつも男の人をうまく操縦できるような、ワンランク上の女を目指しましょ