不倫で一番略奪婚がしやすいのはどんな場合?

 ID-100131648

略奪婚がしやすい状態について

略奪婚というのは、エネルギーが必要にはなるが、決して不可能なことではない。略奪婚をする為の手順さえ自分で理解をしていれば、略奪婚をする事はできる。

奥さんから略奪するテクニックでも紹介されているが、不倫をはじめて半年以内という期間が、奥さんがどんな状態だろうと、不倫相手の彼がどんなタイプだろうと、実は最も略奪婚がしやすいという時期になる。

なぜなら男の人は、半年以内に、だいたい本気のスイッチが入るか?入らないか?というような気持が事が決まることが多く、不倫がはじまって半年以内という期間は、新しい恋愛に対して高揚感が大きいので、不倫男性も浮かれやすく本来は妻や子供に対する責任感に縛られているような人でも、離婚しようという気持ちが大きくなる時期で、略奪婚がしやすい。

しかし、、5年も不倫をしていたのにも関わらず、突然奥さんとの離婚を決意するほどに、男の人がアクセルがかかることもあるので、半年以内が比較的離婚がしやすい事が事実ではあるが、半年を過ぎていても略奪婚をする事は可能だ。

略奪婚しやすい不倫相手の奥さんのタイプ

パッとしない奥さんの方が略奪婚がしやすいようにみえるが、実は、奥さんが美人でかつ働いていて周りの男の人に普段からちやほやされているタイプの方が略奪婚がしやすい傾向がある。

その理由は、奥さんが普段から男の人に『美人だね』と周りの男の人に、ちやほやされていて、プライドが高くなっているので、旦那の浮気が許せなく、旦那の事を責め立てて旦那の方も疲弊してしまい離婚に発展しやすくなる。このタイプの場合、奥さんが旦那の浮気を知った時に一番離婚がしやすい。

同じくプライドが高い傾向だと、比較的裕福な家庭に育っているような奥さんというのも、浮気が発覚したり旦那があまり家に帰ってこないような状態だと離婚しやすい傾向がある。

奥さんが旦那の浮気を許せないタイプでかつ旦那にしがみついてなくても生きていけるタイプの方が略奪婚がしやすいが、自ら奥さんにバラすような行為というのは、自分にとって不利に働く事が多いので略奪婚を狙うなら、自分からは、奥さんに不倫をアピールするような事はしない方がよい。なぜなら、場合によっては、慰謝料が増額されてしまったり、自分の知らないところで勝手に妻にばらすようなことをすると不倫相手の男性から不信感を抱かれてしまって、信用されなくなってしまい略奪失敗の可能性があるからだ。

愛人が自ら妻に不倫をバラそうとしなくても、女の勘は男の人が思っているよりもずっとするどく、放っておいても不倫に気づくことが多いし、奥さんの方が旦那の浮気にむかついた腹いせで、不倫をしだし、結果的に離婚になるというケースもあるくらいだ。

専業主婦の場合は、離婚がしにくいとおもわれがちだが、実家が裕福な奥さんの場合は、養育費をもらってあっさり実家に帰って生活をするような事も多いし、実家の親も”我慢しなさい”ではなく、孫と娘と一緒に暮らせるならさっさと帰ってきてというような事をいう親もいるからだ。

このまま彼のことを好きでいていいの?

自分の運命の人が今好きな彼なのか それとも別の人と結ばれる運命なのか 知りたくないですか?

いま好きな人なのか?別の人なのかいつ出会うのか? 教えてもらえます

自分の人生を無駄にしたくない そんな人は是非試してみてください

不倫相手がこういうタイプだと略奪婚が難しい

男の人がとってもお金持ちで、奥さんが浮気ぐらいなんでもないと大きくかまえているような場合は、相手が美人だろうが略奪婚が難しい。つまり、不倫相手の奥さんが不倫を許せてしまうタイプだと、略奪婚が難しくなるのだ。

旦那はどうでもよく、とにかく子供と安全に暮らす為のお金だけをちゃんと入れてくれればあとはなんでもよいというように考えているような妻だったり、既に何度も色んな人との不倫が発覚していて、不倫が次に発覚したくらいで、いつもの事というように不倫に対して耐久性が高いような奥さんの場合は、離婚にはなりにくい。よっぽど我慢していたとしても本当に将来は旦那の介護をしたくないというような年齢になるところまで待たないと離婚というケースは難しい。

貧しい家庭にコンプレックスがあってそこから脱却する為に、何としてでも玉の輿というような根性が据わっている奥さんの場合は、妻という座を絶対に渡さないというような傾向がある。

奥さんが働いていれば離婚しやすい半面、キャリアウーマンすぎるやり手だと、探偵に払う費用も簡単にだせてしまう為、探偵をつけられて慰謝料を払わされてしまう可能性も大きくなるので、なんとなく彼が奥さんの話をした時は、奥さんのタイプというのを自分なりに把握しておくとよい。

奥さんが経営者というケースは探偵も弁護士もお手の物で、行動力は抜群なので末恐ろしい結果が待っている事になる・・・。専業主婦ではなく、安定した仕事があって美人でモテる。芸能人を想像してみても、旦那の浮気が原因で離婚となったケースは、奥さんがとても誇り高き人だったなんて事が多い。

略奪婚を防ぐ最後の砦

また旦那側が離婚をする気満々の状態に最後のストッパーとなるのは子供。旦那さんが奥さんに『離婚』を持ちだした時に、「子供を私立にいかせたいから」「子供が病気になった」などなど、子供を出されてしまうと、離婚する気満々だった不倫相手の気持ちは一気になえるので、当然子供がいない夫婦の方が略奪婚がしやすくなる。

エネルギーがいるといわれている略奪婚だけれども、どうしてもという人は作戦を練って慎重に物事を運ぶべきだ。戦略とテクニックが大事になってくる。独身のようにスムーズにいかないのが、妊娠してしまうこと。最悪中絶させられることもあるので、妊娠を使って略奪婚を狙う事はしない方が懸命。

略奪婚から幸せになる方法

妻に大きな非がある(家事をやらないなど)がない場合の略奪婚というのは、男性が比較的ロマンティストで恋を求めているような傾向が強い。

略奪婚はまた略奪されるなどという人がいるが、単純にそれは略奪婚をした男性が常に恋を求めてしまう傾向が強く、略奪婚をした後に当時は愛人として、妻から奪おうと必死になっていた愛人が、以前の妻と同じように、旦那に対して、文句はいうけれどもあまり褒めないというような生活を送ってしまうと、略奪をされる可能性というのはあがってしまうので、略奪をした状態をキープする事が大事なのだが、略奪婚をして安定してしまうと、女性というのは自分を磨く事を忘れてしまったり、略奪婚をしてまで愛した人なのに、毎日褒めたりという事をしなくなってしまう。

女性というのは、どうしても自分の子供と自分を守るという性を持っているため、自分たちを守る男性には、もっと能力の高い人間になってもらいたいという気持ちが強いので、親しい男性には、駄目出しばかりをしてしまうところがあります。

つまり、他人のモノだった愛人の立場の時は、不倫相手の彼に対して駄目出しをする事はないのに、自分のモノとなって、略奪婚をしてしまうと、もっと不倫相手の彼に能力の高い男になってもらっわなきゃと本能的に思ってしまって駄目出しばかりをしはじめてしまう。

また、略奪婚をして、生活となると手に入りそうで入りそうで入らなかった時ほどのトキメキがなくなってしまうし、不倫男性も、結婚して旦那となと、愛人と不倫男性の関係だった時ほど、甘くとろけるような行動をとることもなくなる。

これは不倫特有の甘さが原因になるのだが、不倫というのは男性が既婚という枠を飛び越えてでも、愛人に愛されようとするので、独身の男性生活になると、トキメキや甘い生活が急に色あせていくことも、略奪婚が略奪されやすい原因になる。

略奪婚が本当にしたいと思うなら

略奪婚が本当にどうしてもしたいと思う人は、周りからの嫌味などもあるので、何があっても貫きとおす覚悟と、自分の感情をコントロールを行ってとにかく彼が自分と一緒にいる事が幸せで癒されると感じるように行動できるか?というところが一番難しい。

どんなに辛かったり、自分が愛されていないと不安になったとしても不倫相手の彼の前では、不倫相手の彼が一緒にいたい女で居続けるという事が大事。

略奪婚の関連記事