あのイケメン俳優!キスシーン解禁なるか!?

集合

1月5日からアニメの第2期がはじまり、原作コミックも400万部を突破している「神様はじめました」がついに!3月に舞台化決定

「神様はじめました」は、父親が借金まみれの状態で蒸発してしまい住む家もなくなった奈々生が、地主神となり神社にすむようになり、神使である巴衛とともに色々な問題を解決していくというもの。

最初はツンとしている巴衛だが、奈々生のことをだれよりも気にしていてピンチの時は必ずやってきて必ず守ってくれるところが胸キュンポイント。最近恋の仕方を忘れてしまった・・・なんてお肌も心もカサカサ女子は一度コミックを読んでみればハマること間違いなし!

そんなツンデレの巴衛を演じるのが八神蓮。「僕はツンデレが似合う顔なんだな」と本人がコメントするくらい、漫画の原作にそっくりに耳もしっぽもついています。

原作では、神使の契約は、唇と唇のキスという設定だがは八神さん自身はキスシーンをやったことがなく、今回あるのか?ないのか?とのこと。

また、「地獄の堕天使」の異名をとる人気絶頂のビジュアル系アイドルだが、正体は烏天狗の鞍馬の役をやるのは南圭介さん。さらにかわいい無邪気なキャラの白蛇の瑞希の役には高崎翔太さんが原作そっくりの姿になっている

また今回はミュージカル形式でそれぞれの役の歌がオリジナルでつくられているというのも見どころの一つ。

3月の舞台が楽しみ

1月24日からチケットの発売が開始

公式HPをチェックしてね

http://www.kamisama-butai.com/